アッキーが証言! ヤジ問題で謝らない安倍首相は家庭でも「ごめん」と謝ったことがない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abeakie_150224.jpg
左 衆議院議員安倍晋三公式サイト/右「安倍昭恵オフィシャルサイト」より


「日教組!」「日教組どうするの!」――先日19日の国会で、西川公也前農相の政治資金問題を追及していた民主党議員に対して、安倍晋三首相がヤジを飛ばした問題。大島理森委員長にたしなめられてもヤジりつづけるという安倍首相の幼児性が浮き彫りになったが、さらに翌日20日には「いわば日教組は補助金をもらっていて、そして、教育会館というものがあるが、その教育会館から献金をもらっている議員が民主党にはおられる」としたり顔で言明した。

 だが、この発言はまったくの事実無根で、昨日23日、安倍首相は「文科省で調べた結果、2012年度までの10年間の決算書を確認した限り、議員献金という記載はなかったということだった」「私の記憶違いにより、正確性を欠く発言を行ったことは遺憾で訂正申し上げる。申し訳ない」と、しぶしぶながら謝った。

 そもそも、政治資金問題から話を逸らそうという魂胆でヤジを飛ばすことは、一議員の行動としても恥ずべきもの。しかも首相がそれを行うなんてことは品格が疑われる事態だ。そして、さっさと謝ればいいものを、さらには嘘の情報まで堂々と述べ、追い詰められてようやく謝罪。しかも、ヤジを飛ばしたことについては、この期に及んでまだ一切謝っていない。……往生際の悪さや、都合がよくないと開き直る癖は昔から変わらないが、それも当然なのかもしれない。なにしろ安倍首相は、「あやまったことが一度もない」らしいのだ。

 昨年の産経新聞(1月5日付)に「新春対談 作家・曽野綾子さん×首相夫人・安倍昭恵さん」なる記事が掲載されている。安倍首相夫人の“アッキー”こと昭恵と、アパルトヘイト発言でいま渦中にある曽野の対談だが、そこで昭恵夫人は安倍首相の興味深いエピソードを暴露していたのだ。

 まず、この対談の冒頭で、昭恵夫人は安倍首相のある“振る舞い“に言及する。

〈──新年早々ではありますが、安倍晋三首相と昭恵さんの夫婦関係はどうなのか、聞きたいですね
安倍 そこからですか…(笑)。
曽野 当分、離婚しそうにはないでしょう(笑)。
安倍 でも、最近は「夫婦仲が悪いんじゃないか」と言われていて…。〉

 その直後、曽野に「けんかをしても晋三先生の方がさっさと謝られるのでは?」と水を向けられた昭恵夫人は、こう切り出す。

「そういえば、謝らない!「ごめんなさい」というのを聞いたことがないです」

 さらに、ケンカをおさめる方法は?と問われると、「なんとなくで。いつの間にかお互いが忘れてしまうという感じです」と語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ一流の人は謝るのがうまいのか 100%信頼される人間関係の法則

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

アッキーが証言! ヤジ問題で謝らない安倍首相は家庭でも「ごめん」と謝ったことがない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨安倍昭恵安倍晋三日教組の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 有働由美子が菅官房長官に「安倍首相のピンチヒッターですか」で大炎上
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄