選考委員の藁人形つくった! 芥川賞落選・小谷野敦の恨みツイートがすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 とはいえ小谷野がここまで怒りを露わにするのは、単に落選したからというだけではないようだ。

「正確を期すが、とれなかったのはまだいい。小野、というのと、あのバカな講評、最初に落とされたというのが納得がいかん。」

 そう、実は小谷野の作品、候補5作中一番最初に落選してしまったのだ。小谷野の「ヌエのいた家」は自身の父親の死を描いた私小説だが、選考委員で作家の小川洋子は会見で「「ヌエのいた家」については、嫌いなはずの父親が実はそう嫌いでもないんじゃないか、というような面が現れて面白いんじゃないかという意見も出たんですが、語り手の病んでいるところ・アンバランスなところへの意識が足りないということで、あまり票が入りませんでした。」と落選理由を説明した。

 この評価に小谷野は猛反論する。

「なんであんな父親を憎むのを反省せにゃいかんのだ、ボケナスども。」
「なんで「実は父親が好きだ」にならないといけないんだ?お前らは儒教徒か。」
「俺は「悲望」の時からずっと、自己批評がないとか言われ続けているんだが、読んでいて批評的に読めたらそれは批評があるんだってことすら分からないんだなあのボケナスどもは。」
「「この時の私は愚かであった」とか書いてないと意識してないとでも思うんだろうか。小学生並だよな。」

 たしかに「ヌエのいた家」における、父親への嫌悪や悪口の書きっぷり、主人公はバランスを欠いている。しかしその過剰さは、それゆえにある意味戯画化され笑いを誘うものとなっており、小谷野の言い分もわからなくはない。

「石原さんがいなくなって悪くなったな」という指摘も、あながち的外れではない。石原慎太郎がいなくなってからの芥川賞選考について、メッタ斬りの豊崎由美や大森望など、よくなったと評価する人も少なくないが、しかし、予定調和的というか「この人だろうな」という出版界の空気を読んだ結果に落ち着いてしまっている面もある。小谷野は、出版社側の売りたい意図を汲んで褒める書評や批評ばかりになってしまっていると近年の文芸状況を常々批判しているが、芥川賞も例外ではないだろう。(ただ、石原のいなかった前回、前々回の選考については小谷野も高く評価していたが……)

 しかし、さすがに言い過ぎたと思ったのか、あるいは昂揚してのことなのか、「龍胆寺雄みたいになってきたな。」というツイートも。

 龍胆寺雄とは、昭和初期のモダニズム文学の旗手として華々しく登場しながら、文壇の派閥性を非難する小説「M・子への遺書」を書き、文壇を追放された作家。「M・子への遺書」で龍胆寺は、奇しくも芥川賞の創設者である菊池寛や文藝春秋を実名で激しく攻撃している。

 ここは小谷野センセイも、構想中とツイートしていた「選考委員たちが乗った飛行機が無人島に不時着する」小説をぜひ完成させていただきたい。センセイの怖いもの知らずの毒舌と粘着質と教養をもってすれば、龍胆寺の「M・子への遺書」や筒井康隆の『大いなる助走』にも負けない刺激的な作品が生まれることはまちがいないだろう。ただし、おもしろければおもしろいほど、芥川賞は遠のくかもしれないが……。
(酒井まど)

最終更新:2017.12.09 05:08

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

選考委員の藁人形つくった! 芥川賞落選・小谷野敦の恨みツイートがすごいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小谷野敦小野正嗣文学芥川賞酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
3 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
7 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
8 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
13 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
16 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
17吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
18箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄