AKB松井珠理奈も!? 芸能人の未成年飲酒・喫煙はなぜ叩かれるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsuijurina_01_150113.jpg
14年「総選挙」では4位となった松井珠理奈(SKE48公式サイトより)


 昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、SKE48のエースでありAKB48でも活躍する松井珠理奈(17歳)の“深夜バー入り浸り”問題。「文春」発売前は未成年飲酒問題に発展することが予想され、「解雇もありえる」「紅白も辞退か」とファンは騒然となったが、箱を開けてみれば『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)のあとにイケメンマネージャーとバーで飲食していたというもので、飲酒の決定的証拠はなかった。

 しかし、この報道で珠理奈のイメージは確実にダウン。「文春」によれば、珠理奈はバーテンに「つらいことあったら一人で飲んでる」と話していたともいい、以前「文春」で報じられた“運営が容易したコンシェルジュ付きのデザイナーズマンション住まい”や“1食2万円の高級ステーキ店で深夜0時半まで食事”“バンドマンとの交遊”などの疑惑も追い打ちをかけ、「17歳の遊び方じゃない」「これは問題児」「清純ヅラするな」と批判が飛び出している。さらには、東京都青少年条例で18歳未満は23時から4時の深夜外出を制限されているため、「これは都条例違反では?」と問題視する向きもある。

 とはいえ、珠理奈は秋元康が「絶対にスターになる」「10年に1人の逸材」とまで言いきった“超お気に入り”メンバー。だいたい珠理奈が入店したのは、秋元が店名を命名したというAKB関係者御用達の店だ。決定的な証拠がないため今回の報道を運営は無視すると思われるが、だが、これまで“未成年飲酒”“未成年喫煙”が発覚して窮地に立たされた芸能人は数限りない。

 たとえば、乃木坂46の大和里菜は、昨年10月に「文春」で飲酒疑惑とバーに出入りしていることが報じられ(当時19歳)、謝罪。12月15日に契約解除された。

 当然、AKBグループと同じように大所帯であるジャニーズ事務所でも、数々の飲酒・喫煙をめぐる騒動は起こってきた。最近では、昨年4月にデビューしたジャニーズWEST・藤井流星の、未成年時の飲酒・喫煙・女性への性的暴行疑惑を「文春」がスクープ。デビューと同時に降って湧いたスキャンダルだったためか、ジャニーズが下した審判はお咎めなしという結果となった。だが、古くは1999年、当時未成年だったジャニーズJr.の大坂俊介、浜田一男、穴沢真啓、尾身和樹の4名と女子大生たちのパーティ模様に加えて飲酒・喫煙写真が「FRIDAY」(講談社)に掲載された際は、全員が解雇された。

 また、森進一・昌子夫妻(現在は離婚)の息子で、現在「ONE OK ROCK」のボーカルとして活躍中の元NEWS・森内貴寛は、「BUBKA」(コアマガジン)に飲酒・喫煙・女性とのベッド写真という“役満”写真が掲載。その後、「学業に専念するため」という理由でジャニーズを退所したが、これが表向きの理由であることは明白だ。

 さらに、同じくNEWSからは、2005年に内博貴が飲酒後、泥酔し、警察に保護されるという事件が発生。このとき、フジテレビの菊間千乃アナウンサーをはじめとするフジテレビ関係者が同席していたことから大問題となった。この内が謹慎中の06年にはNEWSの草野博紀にも、「BUBKA」によってファンとの“不純交遊”と缶チューハイの“飲酒疑惑”が浮上。結局、草野は数年後に退所し、内のほうは現在もソロとしてジャニーズ事務所にとどまっている。ちなみに、11年にはHey! Say! JUMP・森本龍太郎の喫煙写真を「週刊女性」(主婦と生活社)が掲載。こちらは現在も謹慎扱いで、退所しているのかどうかさえわからないような状態だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AKB松井珠理奈も!? 芸能人の未成年飲酒・喫煙はなぜ叩かれるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48サニーうどんジャニーズ松井珠理奈橋本愛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
8 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄