年末特別企画 リテラの2014年振り返り

メディアタブー大賞発表!2014年、マスコミは何を恐れ、何を隠蔽したのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

★2位★ 「文春」までが…作家タブーここに極まる!百田尚樹『殉愛』騒動

 出版社が作家の批判やスキャンダルに触れることができないというのはわかっていたが、改めてそのタブーの強固さを思い知らされたのが、百田尚樹のノンフィクション『殉愛』をめぐる騒動だった。ネット民の検証に端を発し百田のウソの記述が次々に明らかとなったが、やしきたかじんという関西大物芸人に絡んだ一大スキャンダルにもかかわらず、いつもは喜んで飛びつく週刊誌メディア、テレビのワイドショーはこれを完全に無視。最近になってようやく「週刊朝日」「サンデー毎日」「女性自身」などが疑惑の追及をはじめたが、逆に「週刊文春」「週刊新潮」「FRIDAY」「FLASH」「WiLL」といったメディアは百田およびたかじんの妻・さくら夫人の擁護にまわった。擁護派は、百田の版権を抱える出版社、もしくは関係の深い編集者がいるメディアばかりだ。
 たしかにこれまでも作家タブーにより、数々のスキャンダルが闇に葬られてきた。しかし、ここまで強固なタブー化は前代未聞。とくに「文春」の弱腰には驚かされた。
 たしかに、「文春」は15年1月1・8日号から、百田の小説連載が始まった。だが、一方で、同誌はたかじんの訃報後からさくら夫人批判する論調で記事にしており、『殉愛』では百田から「(文春の記事は)捏造」とまで書かれている。本来ならプライドを賭けて「捏造はどっちだ」と反証するべきところだろう。ところが「文春」は沈黙。挙げ句、百田の疑惑への言い訳手記を掲載するという行動に出た。
 じつは「文春」はもっと前の段階で、百田の軍門に下っていたようだ。「宝島」2015年2月号によると、今年8月に「文春」はたかじんの娘の手記を掲載する予定でいたという。が、事実確認のために取材班がさくら夫人を直撃したところ、その後、取材班は編集部から取材のストップがかかってしまう。さくら夫人が百田に依頼し、百田が「文春」に直接電話をかけ、記事を潰したというのだ(百田は否定)。
 あの文春が「捏造」と罵られ、「WiLL」に掲載されたさくら夫人の手記で“文春を訴える”とまで言われても、ヨイショしかできない……作家タブー恐るべし、である。


★3位★ 天皇であろうと護憲発言はNG! 安倍政権が封殺する憲法問題

 7月の集団的自衛権行使容認の閣議決定、そして総選挙の自民党圧勝を経て、いよいよ憲法改正に向けて本格的に動き出した安倍首相。それに追随するようにテレビでは護憲派の意見を紹介することさえがタブー化している。その姿勢は、よりにもよって公共放送局であるNHKに顕著だ。
 たとえば、今月12月に亡くなった菅原文太の訃報で、 NHKは夫人が発表したコメントの〈日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げること〉というくだりを丸々編集でカット。さらには同じく今月3日に『ゆうどき』に生出演した俳優・宝田明が「戦争を起こしてはいけないというメッセージを発信し続けたい」「無辜の民が無残に殺されることがあってはいけない。間違った選択をしないよう、国民は選挙を通じて、そうでない方向の人を選ぶ(べき)」とごく当然の発言をしたあとも、NHKの山本哲也アナウンサーは大慌てで「各自それぞれが思うことがあるでしょう。いろいろな考え方もありますから」と宝田の意思を遮るようにまとめた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

メディアタブー大賞発表!2014年、マスコミは何を恐れ、何を隠蔽したのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー振り返り編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄