『アナと雪の女王』は原作レイプなのか!? ディズニー原作改変の功罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 アンデルセンの“雪の女王”は「善でも悪でもなく人智を超えた神のような象徴的存在」「人間を退ける「厳冬」という季節そのもののイメージを形象化した存在」であるのに対し、『アナと雪の女王』で“雪の女王”たるエルサは「悩み苦しむ生身の人間」であり、「自然の猛威のごとき象徴性」はない。
 
 こうした改変について、叶は「映画からは人間と不条理な自然との対比、広大で無慈悲な世界の広さ、季節のうつろいといった詩情、様々な女性たちの連鎖や社会的成長といった詩情や寓意はほとんど感じられない」「心の問題で自然環境も政治問題もすべてクリアできてしまうわけで、確かに「シンプル」だ。」と手厳しい。

 実際、原作のもつ「詩情や寓意」は映画にするのは難しかったようで、ディズニーで『雪の女王』映画化の話は1939年頃からたびたび持ち上がっていたそうだが、なかなか実現に至らなかったのだという。しかし、それが長い試行錯誤を経て、単なる悪役として描かれることの多かった “雪の女王”というキャラクターを主人公とする新解釈にたどり着いたことで、『アナと雪の女王』が生まれ、そして大ヒットした。

 当初案では悪役だったという雪の女王エルサをアナという妹を持つ姉にし、その内面を描いたことで、共感を得た。このエルサの苦悩に心打たれ、作品に引き込まれたという人も多かったのではないか。

 神のような存在、畏怖すべき自然の象徴としてその内面が描かれることのなかった“雪の女王”を、生身の人間としてその内面の葛藤を描く。“厳冬”を人間を退ける絶対的な恐れの対象としてでなく、共生可能なものとして描く。これらの改変は、原作を単にシンプル化したわけでなく、その先を描いたといえないだろうか。

 たとえば、『アナ雪』には絶対的な“悪”は登場しない。エルサの魔力は封印すべき“悪”ではなく解放するべき個性であり、エルサの魔力による厳しい冬も忌むべき季節ではなくうつろう季節のひとつだ。また、ディズニーヒロインに幸せをもたらすはずの王子は悪役で、物語のクライマックスは冒険をともにした庶民男子との恋愛の成就でもなく、姉妹の和解だ。

 かつてのお約束だった“勧善懲悪”と“王子さまと結ばれてハッピーエンド”というディズニー映画を象徴する2つのポイントが、『アナと雪の女王』では完全にひっくり返されているのだ。これは、旧来の“ディズニー化”とはまったく異なるものといっていい。今後の“ディズニー化”のありようにも影響を及ぼす変化でもあるだろう。

 実は、今回はアンデルセンの『雪の女王』について「Story Inspired by(~に触発された物語)」という表記が使われ、日本語訳も「原作」ではなく「原案」となっている。ディズニー映画ではこれまでも改変の度合いによって「Based On(~に基づく)」「Adapted From(~の改作)」など使い分けられていたようだが、どんなに原作の設定を根本から変えていても日本では「原作」と訳されてきたという。この表記の違いを見ても、『アナと雪の女王』映画化には、相当な苦労があったことがわかるし、もはや「原作」とは呼べないと思えるほど、新たな作品に生まれ変わったという証拠ではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

『アナと雪の女王』の光と影

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『アナと雪の女王』は原作レイプなのか!? ディズニー原作改変の功罪のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ディズニー島原らん海外アニメの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
12 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
13 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
19 Twitter Japanはやっぱり右!「宇予くん」JCとパートナーに
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄