田中マー君がももクロから“他界”? 乃木坂に推し変? その理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tanakamomokuro_01_141223.jpg
「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.111


 アイドルグループ・ももいろクローバーZのファンを「モノノフ」と呼ぶのはおなじみだが、日本一有名なモノノフといえばやはりマー君ことニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手だろう。

 楽天時代からももクロの楽曲を自身の登場曲に使い、ももクロのメンバーカラーで彩られた特注グラブで練習を行っていたこともあった。そして、ヤンキース移籍後は、マー君のために作られたももクロの楽曲「My Dear Fellow」を登場曲として使用。ももクロ公認の超VIP扱いのモノノフなのだ。

 そんなマー君だが、ここ最近、急激な“ももクロ離れ”がまことしやかに囁かれている。

 そのきっかけとなったのが、今年の10月のこと。マー君のツイッターのプロフィール欄にあった「モノノフ」という文字が消え、代わりに「アイドルが好きです」という言葉が書かれたのだ。

 そして、その頃からマー君のツイッターは、ももクロ以外のアイドルに関する投稿が増えていく。

 まず、10月6日。モーニング娘。'14のニューヨーク公演を妻・里田まいとともに鑑賞したマー君。「彼女達の単独でのLIVEは2012年以来でしたが、相変わらずのスキルの高さに圧倒されてしまいました!!!!」などと、ライブの感想を語っている。

 続いて10月8日。今度はNMB48の山本彩について、「山本彩ちゃんがTwitterを始めたみたいなので早速フォロー!」と、いかにもアイドルファンっぽいことをつぶやいた。

 そして、10月11日には「昨日は乃木坂46のアンダーライブに行ってきました。メンバーの方々とファンの方々が一体となっていて熱量が物凄かったです!!!! また行きたいなぁー(^-^)/」と、前日の乃木坂46のライブの感想を投稿しているのだ。

 マー君が楽天で24勝0敗という脅威の記録を打ち立てた2013年。その年の12月発売の「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.111では、「2013年の英雄」と銘打ち、ももクロとマー君が表紙を飾っている。そして、同誌に掲載されている「密着ドキュメント in 仙台 2013年の英雄」というテキストには「今号の表紙は二〇一三年を象徴する一枚であると同時に、二〇一四年からの希望の光でもある、と信じている」とある。

 たしかに、ももクロとマー君の6ショットは2013年の象徴だったかもしれないが、ももクロ以外のアイドルのことばかりつぶやいている現在のマー君の様子を見る限りでは、少なくとも「2014年の希望の光」とは言い難いような……。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン vol.111

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田中マー君がももクロから“他界”? 乃木坂に推し変? その理由は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ乃木坂46田中ヒロナ野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
4 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
9 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
14 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
15 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
16 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
17 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
18 川島なお美が近藤誠の診断を告発
19 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
9五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
15五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄