田中マー君がももクロから“他界”? 乃木坂に推し変? その理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに年末に向けて、マー君の“ももクロ離れ”は加速していく。11月26日には横浜アリーナで行われたモーニング娘。'14の道重さゆみ卒業コンサートを鑑賞。12月14日には有明コロシアムでの乃木坂46クリスマスライブを鑑賞。12月16日には「第4回 AKB48紅白対抗歌合戦」に審査員として出演。といったように、やはりももクロ以外のアイドルばかりを見ているのだ。

 10月以降、ももクロと絡んだのは12月3日に放送された『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)のみ。ここで、ももクロはマー君の目の前で登場曲「My Dear Fellow」を披露したのだが、それを見るマー君の姿が微妙だったとの声も聞こえてくる。あるアイドルファンはこう話す。

「ちょっと前のマー君なら、もっと満面の笑みでももクロを見ていたと思うんですが、今回はちょっと冷静な表情でした。こんなことを言ってはアレですが、推し変したファンが“元推し”を見るときの表情みたいでしたよ。ちょっと気まずそうな感じというか」

 たしかにここ最近のマー君の動向を見ると、ももクロから別のアイドルへと推し変したと思われても仕方ない状況だ。やはりももクロには飽きてしまったのか? 業界内ではこんな噂も出ているという。アイドル界隈に詳しい芸能記者が明かす。

「いまマー君が一番お熱を上げているのが乃木坂46なんですが、一説では乃木坂の運営サイドからマー君個人に対して強烈なプッシュがあったなんていう話もあるようです。たしかに、今年の頭くらいから秋元康さんは若手が育たないAKB本体よりも乃木坂の売り出しに必死になっていたんですよ。ここでマー君を引き込めれば、宣伝効果も大きいですから。乃木坂は紅白を逃してしまった分、年末はマー君でアピールっていうことなのかもしれないですね」

 しかし一方で、ももクロサイドに理由があるという説も。別の芸能ライターはこう話している。

「今年のももクロは、3月の国立競技場、7月の日産スタジアムと、2つの大きなライブを行いましたが、全国ツアーもなく、活動としては少々物足りないものでした。つまり、マー君がももクロを観に行くようなチャンスそのものがなかったんです。そもそもマー君は、アイドル全般が好きなDD(誰でも大好き)ですから、ももクロの動きがないならほかのアイドルに行くのは当たり前のこと。むしろ、推し変されたのはライブをしないももクロのせいといってもいいのでは?」

 2014年2月発売の「SPA!」(扶桑社)14年2月11・18合併号では、マー君とSKE48・乃木坂46の松井玲奈が対談をしているのだが、そこでこんなやりとりがあった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン vol.111

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田中マー君がももクロから“他界”? 乃木坂に推し変? その理由は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ乃木坂46田中ヒロナ野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
2 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
4 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
5 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
6 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
7 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
8 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
12 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
13 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
14 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
15 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
16 杉田水脈事務所が本サイトに抗議! フィフィさんは大はしゃぎしてない
17 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
18 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
19 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
1小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
6検品したアベノマスクにまだ「虫」が…作家で医師の海堂尊が画像公開
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
10「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
11 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
12東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
13吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
17『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
18久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
19渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄