今度は元東スポ記者がAV出演!一方でAV女優になりたいのになれない女性が急増中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
syupure_141219.jpg
「週刊プレイボーイ」(集英社)11月17日号

  先日、ニュースサイトで元東スポ記者がAVデビューしたことを報じられ、話題になっている。元パ・リーグの担当をしていた野球記者で、球界でも話題になるくらいの美人だったらしいが、2年ほどで退社。今年11月に老舗メーカーから鮮烈デビューを果たしたらしい。

 メディア的には日経元記者の鈴木涼美に続いて、という感じで話題にしたということのようだが、AVの垣根がますます低くなっていることは間違いないだろう。

 いや、それどころか、AVは一部で「憧れの職業」になっているらしい。数年前、女子高生の「憧れの職業」ランキングでキャバクラ嬢が堂々の1位に輝き、世間を驚かせたことがあったが、それ以上にびっくりする事象が、今、起こっているらしい。それは、「AV女優になりたいのになれない」と女性たちが嘆いているというのだ。

 その現実を浮き彫りにしているのが、「週刊プレイボーイ」(集英社)11月17日号に掲載された「AV女優になれなかった女たち」という座談会。この記事によれば、どうやら近年、AV女優志望者が増加しており、スカウトではなく自ら面接に出向く人まで登場。それでもAV女優になれなかった女性3名が、座談会を行っているのだ。

 この座談会に参加しているのは、Hカップの21歳女子大生・ゆきさんと、自称“貧乏育ちの元グラドル”という27歳のみなみさん、経験人数100人以上という23歳フリーター・えりさんの3人。彼女たちは、いったいどんな理由でAV女優を目指し、そしてなれなかったのだろうか?

「楽してお金欲しかったからです。自分の女としての武器はHカップの巨乳しかないってわかってたんで裸になることも全然抵抗ありませんでした。キャバの体験もしたんですけど、うまくしゃべれませんでしたし」
 
 そう答えているのは、ゆきさん。彼女の場合は、高校生のときに渋谷でスカウトされたことがきっかけだった。もちろん、そのときはAV女優になれないので、2年後、大学生になってから面接を受けに行くことに。ただ、彼女は「面接のとき初めて観たくらい」で、ちゃんとAVを観たことすらないというのだ。当然、面接ではどんなプレイまでできるのかと具体的な質問がされる。そこでも、「レズ」や「ごっくん」など、ほぼOKと答えたにも関わらず、何の契約もないまま落とされてしまったという。

 もともとグラビアアイドルとして活動していたみなみさんは、「グラビアでも、撮影会とかですごく面積の小さい水着を着せられて、動くと普通にポロリとかしちゃうし、もうこれなら脱いでAV出たほうが有名になれるだろって」と思い、AV女優を視野に入れることに。「あのグラドルがAVデビュー」的な扱いを期待し新たな道にかけるも、しかしマネージャーが持ってきたのは企画モノだった。そのことに納得できずAVの道へは進まなかったらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

職業としてのAV女優 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

今度は元東スポ記者がAV出演!一方でAV女優になりたいのになれない女性が急増中 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。島原らん性教育職業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 指原莉乃卒業でその処世術を考える
5 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
6 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
7 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
9 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
10 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
13 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
14 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
15 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
16 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
19 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
20 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
19“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄