「正論」「チャンネル桜」でも売出し中の元外務省論客はユダヤ陰謀論者だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ukuraina_141205.jpg
『世界を操る支配者の正体』(講談社)

 天木直人氏、佐藤優氏、孫崎享氏……このところ、外務省は次々と個性的な論客を輩出している。外交の一線にいたことから育まれた彼ら独自の情報収集力と深い洞察力から表出されるそのオピニオンは、マスコミをはじめとする言論空間にさまざまな波紋を投げかけ続けている。

 その論客陣に仲間入りと目されているのが、元駐ウクライナ大使である馬渕睦夫氏だ。2008年に外務省を退官した馬渕氏は、2011年3月に防衛大学校教授を定年退職し、その後『国難の正体──日本が生き残るための「世界史」』(総和社)『日本の敵 グローバリズムの正体』(渡部昇一氏との共著、飛鳥新社)と次々出版。この10月には『世界を操る支配者の正体』(講談社)、『「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!』(ワック)を刊行している。クリミアをロシア軍が掌握しロシアに編入させたウクライナ危機もあって、馬渕元駐ウクライナ大使がウクライナを、そして世界をどう見るかに注目が集まり、売れているようだ。

『世界を操る支配者の正体』から、馬渕氏の主張を見てみよう。

「ウクライナ危機は単にウクライナ国内の政争ではありません。聖書のヨハネ黙示録の予言にある世界最終戦争、すなわちハルマゲドンになる可能性を秘めた、きわめて危険な事態なのです。平和な日本で育った私たちの想定には決してなかった世界の大動乱の危険があるのです」

 元大使によれば真相はこうだ。14年3月、ウクライナ領クリミアは住民投票を得てロシア連邦に編入されたが、その背景は「ヴィクトル・ヤヌコビッチ大統領(1950年~)が暴力デモで退陣を余儀なくされた事態に、クリミアのロシア系住民が急遽反応した」「ウクライナに暴力的政変によって親欧米派の政権ができたため、クリミアの地位、とりわけセバストポリ(引用者注・クリミアにあるロシアの軍港)の将来に対する不安がロシア系住民やロシア軍部に生じたとしても不思議ではありません。この暴力的な政変は要するにクーデターであり、このような非民主的な政権交代は1991年のウクライナ独立以来初めての経験であった」「歴史的に見てロシアが血の犠牲を払って死守したクリミア、ロシア人の人口がクリミア全体の6割を占める事実を勘案すれば、欧米が言うように国際法違反の住民投票であったと片付けることは正しくないと考えます」(同)

 つまり、暴力的な「反政府デモを主導したのはアメリカ」で親欧米派政権を樹立した。これに対抗する形でロシア側はクリミアを死守した──というのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「正論」「チャンネル桜」でも売出し中の元外務省論客はユダヤ陰謀論者だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小石川シンイチ陰謀論の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
2 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
3 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
4 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
8 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
9 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
12 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
13 菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
14 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
17 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
18 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
19 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
20 『名探偵コナン』の公安礼賛がヒドい
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
8NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
9萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
11菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
12DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
14マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄