『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yarisugi_01_140728.jpg
『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説4』(竹書房)

 謎の秘密組織が、世界の政治・経済を裏で操っている! そんな「陰謀論」の代表選手といえば、フリーメーソンになるだろう。その勢力は世界中に広がっているとされ、もちろん日本も例外ではない。

 たとえば、六本木ヒルズやミッドタウンを所有し、最近、虎ノ門ヒルズをつくって話題になっている森ビルには、かなり前からメーソン説がささやかれているし、スターバックスや三菱、さらには東京スカイツリーにも、「ピラミッドと目」という彼らのマークとの類似性が語られている。

 そんなフリーメーソン陰謀説を最近の若者にしらしめたのは、芸人のセキルバーグこと関暁夫だ。先日も『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2014夏』(テレビ東京)でフリーメーソンを取り上げ、「人類を洗脳支配しようとしている闇の勢力が存在するのです」と吠えていた。

 都市伝説で有名になった関だが、すっかり陰謀論者へと活動をシフトしてしまったようだ。ベストセラー『関暁夫の都市伝説』(竹書房)でもシリーズが進むにつれ、次々とフリーメーソンの陰謀を暴きだそうとしている。関の言うとおり、世界は彼らの手の上で転がされているのだろうか?

 そもそもフリーメーソン陰謀説は歴史が古く、フランス革命までもが彼らの仕業でないかとされていた。日本でも20世紀初頭からユダヤ陰謀説とセットになって囁かれていた噂である。戦後、この説が大きく知られるようになったのは、1980年代からのオカルト・陰謀論ブームからだろう。

 早い時期のメーソン本としては、赤間剛『フリーメーソンの秘密―世界最大の結社の真実』(1983年・三一書房)がある。メーソン日本支部へのインタビュー取材を行い、メーソンとは何かを紹介するといった穏当な内容で、陰謀の暴露を期待すると肩透かしを食らうかもしれない。

 しかしその後、一連のメーソン本を刊行するごとに、赤間はフリーメーソンへの危機感を募らせていく。『フリーメーソン 世界支配の戦略―「米ソ合意」のあとに来るもの』(88年・徳間書店)でも、最終章でいきなり「ヨハネの黙示録」について述べ、世界終末を予想するという暗い結末を提示している。

 これは当時の空気の反映でもあった。陰謀論と終末論の組み合わせは、80年代日本オカルトのトレンドだったのだ。それが最悪の形で発現してしまったのが、オウム真理教である。麻原彰晃らはフリーメーソンを代表とする“闇の世界政府”なる仮想敵を設定し、それに対抗しなければという妄想を育んでいった。結果として、一連の殺人やテロが起きたのは周知の通りだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トンデモ陰謀大全最新版

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トンデモ捏造陰謀論の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
2 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
3 台東区ホームレス排除で跋扈する差別にウーマン村本が反論
4 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
5 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
6 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
7 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
8 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
12 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
18 安倍首相の「消費税増税」国会答弁で開き直り「法人税減税」を自慢
19 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
20 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄