村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 村山は以前、再婚直後のインタビューで夫、そして自らの性についてこう語っている。

「性は、私のなかでとても大きなものでした(略)私はまだ極めていない、知らずに死ねるか」
「私、たぶん、殺されても死なないくらい生命力が強いと思います。それくらい性欲が強いのです(笑)。」(「婦人公論」09年2月22日号)

 その上でそして2番目の夫との“性”に関しても同インタビューでこう語っていた。

「身体だけでなく気持ちまで達してしまうセックスを経験してしまうと、それに勝るものはないというのが実感です。満たされてますよ。でも、もっと上があるかもしれないし、フフフ」

 しかし2度の結婚生活も、村山が当初思い描いていた理想とは違っていた。そしてセックスレス──。日常生活の中、夫は村山を「女にしておいて」くれなかったのだ。

 しかし作家としての村山に、今後の心配はないだろう。最初の離婚で新境地である「ダブル・ファンタジー」を発表し、母親が認知症になり、母親からの呪縛が解けたことで初めてその実像を「放蕩記」に描く。

 村山は自らが抱える性やドグマ、体験を肥やしに、実生活に近い作品を赤裸々に描き上げる数少ない作家だ。抑圧から解放された時、その真価をどう発揮するのか。

「東京での仕事が増えて不在がちになった私に対して、(夫は)何らかの疑いはもっていたと思います」

 新たな相手を予感させる意味深なことを語った村山。2度の離婚を経験した今後の新境地に期待したい。
(林グンマ)

最終更新:2016.08.05 06:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学林グンマ離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 N国・立花のジェノサイド扇動発言を生んだ安倍政権の差別体質
4 吉村知事が寝屋川市長のオミクロン株迅速対応を「僕の判断」と手柄横取り
5 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
6 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
7 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
8 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
9 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
10 吉永小百合が「9条は変えさせない」
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 糸井重里、山下達郎、太田光…「責めるな」圧力の有名人の罪
13 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
14 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
15 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
16 キンコメ高橋が制服に走った理由
17 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
18 X JAPAN、TAIJIの死の謎
19 菊池桃子が安倍政権にダメ出し!
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
1自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄