憲法前文の“てにをは”を攻撃した石原慎太郎の“てにをは”がヒドい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ishiharawar_01_140808.jpg
石原慎太郎公式サイト「宣戦布告」より


「日本国憲法は日本語として明らかに間違っている!」

 相次ぐ閣僚のスキャンダルで荒れる国会だが、30日の衆院予算委員会で次世代の党の最高顧問である石原慎太郎がこんな理屈で安倍晋三首相に“改憲”を迫った。

 石原が問題にしたのは、前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」というくだり。石原によれば、この「信義に」は文法的に間違いで、「信義を」が正しいのだという。「助詞の『に』の使い方が明らかに間違いだ。おかしな日本語は日本に厄介な問題をもたらす9条につながっている」という論理を展開。「間違った助詞の一字だけでも変えたい。それがアリの一穴となり、自主憲法の制定につながる」と言い出した。96条の先行改正ならぬ、一文字先行改正ということらしい。

 これに対し安倍首相は「文学者である石原先生らしい指摘」「中学時代に丸暗記させられたが、すっと入らなかったことを思い出した」などと同調。「一字であっても変えるには憲法改正が伴う。『に』の一字だが、どうか『忍』の一字で…」と冗談まじりに答え、あたかも憲法改正のハードルが高すぎると言わんばかりの言い草で議員たちの笑いをとっていた。

 しかし、あの石原慎太郎が日本語の間違いを指摘とは、「お前が言うな!」と失笑した文壇関係者も少なくなかっただろう。というのも、文壇では石原の文章は悪文として有名で、それこそ「“てにをは”の使い方がおかしい」「日本語がヘン」といわれているからだ。

 たとえば、弟・石原裕次郎の思い出について書き下ろした『弟』(幻冬舎/1996年)。100万部を超える大ベストセラーとなった『弟』だが、書評などでも数カ所にわたって日本語の間違いを指摘されているのだ。

 いくつか例をあげてみよう。 

〈弟という男がいったいその芯の芯に何を備えていたのかを知れずにいたといえる〉
「知れずに」は、「知らずに」か「知ることができずに」ではないだろうか。「人知れず」とでも混同してしまったのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

憲法前文の“てにをは”を攻撃した石原慎太郎の“てにをは”がヒドい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法石原慎太郎酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4 安倍内閣「日本会議」の目的は徴兵制
5 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
6 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
10 れいわ・大石あきこがNHK『日曜討論』で吉村批判、足立議員も一蹴
11 安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
14 菊池桃子の抱く社会への憤り
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
16 黒歴史!封印されたドラえもん
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
19 確執の長嶋茂雄・一茂親子が完全決裂
20 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
1安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
2維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
3岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
4自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄