デーブ監督ごり押しも納得?楽天・三木谷社長は昭和の体育会系経営者だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rakuten_01_141016.jpg
『楽天流』(講談社)

 もし野球界に「ブラック球団大賞」なるものがあったら、来年の大賞はほぼ「東北楽天ゴールデンイーグルス」で決まりだろう。

 理由はもちろん、新監督に“デーブ”こと大久保博元2軍監督が昇格することになったからだ。大久保氏といえば、選手時代の成績よりも粗野なキャラクターやトラブルでマスコミを騒がせてきた。西武ライオンズの1軍打撃コーチだった2008年11月には、暴行を受けたという女性から警視庁品川署に被害届が出されていたことが発覚(検察は略式起訴で罰金20万円)。10年には西武の2軍打撃コーチに復帰したが、若手選手への暴力事件を起こし、2度目の解任となった。

 事実上の球界追放かと思われたが、12年、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍打撃コーチとして復帰。しかし、今年14年2月の2軍キャンプでは大久保2軍監督から特守ノックを受けていた19歳の若手選手が倒れ、心臓マッサージを受けるという事件も起きている。

 それでも、大久保監督に反省の色はない。監督就任後の15日には「1軍でも守備が課題の選手なら、1000本ノックにトライしてもいい」と過酷なメニューを課す意向を示しているほどだ。

 根性論が支配する前近代的なトレーニングに、星野仙一前監督同様の鉄拳制裁も辞さない体育会系プロ野球チームの誕生となったわけだが、この人選には球団のオーナーの三木谷浩史の意向が大きく反映されているという。前述した大久保氏の経歴はファンの間でも問題になり、ネットでは「大久保新監督就任反対署名運動」が6000名以上集まったというが、それでも、三木谷氏は大久保新監督をゴリ押ししたのである。

 三木谷氏といえば、オンラインショッピングモール楽天市場を運営する楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長。ハーバード大学でMBAを学び、グローバルに企業買収を繰り返し、同社の流通総額は1兆7000億円を超えるまでに成長している。薬のインターネット販売規制に対し異論を唱えるなど規制緩和論者で、社内公用語英語化にもいち早く踏み切った先見性のある経営者ではなかったか。野球界に進出したのも、「僕ならこの業界の古い体質を改革できるかもしれないと思ったからだ」と新刊『楽天流』(講談社)で語っている。そんな経営者がなぜ、こんな旧態依然たる鉄拳制裁型の監督を選んだのか。

 しかし、よくよく考えてみれば、三木谷社長はもともとそういう体育会系的なものが大好きなのかもしれない。それは「既存の枠にとらわれずルールを書き換えてみるという発想を多くの人に持ってもらいたいと思い執筆した」という前述の『楽天流』を読んでも、そのにおいがぷんぷんただよってくる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

デーブ監督ごり押しも納得?楽天・三木谷社長は昭和の体育会系経営者だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。体罰小石川シンイチ野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
2 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
3 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
4 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
7 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
11 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
16 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
20 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
1自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
2吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
3自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
4安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
7コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
8吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
9政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
10岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄