ジャニーズよりも萌える!? まさかのプロレスにハマる女子が増殖中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
moepuro_01_141007.jpg
プロレス女子が急増中!?……イヤァオ!!(『もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』パルコ)

 カープ女子という言葉が大きな話題になるなど、プロ野球ファンの女子が増えているとメディアをにぎわせた。しかし、最近はプロレスにハマる女子が急増しているようだ。『有吉ジャポン』(TBS系)や『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などのテレビ番組でも取り上げられ、ちょっとしたブームになりつつある。

 格闘技の中でもオヤジくさい印象のあるプロレスは、これまで女性から敬遠されてきた。そんなプロレスに、なぜ今女性たちが魅了されているのか。その理由を『もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』(文・清野茂樹、絵・能町みね子/パルコ)から探ってみよう。

 まずやはり多いのが、単純に選手の魅力にひかれたというケースだ。鍛え上げられた肉体が好きな人は、そのマッチョなルックスから好きになることが多い。最近、プロレスラーがバラエティ番組やミュージックビデオに出演したり、『妄撮男子』(講談社)、『筋肉男子』(主婦の友社)などの写真集で取り上げられるなど、プロレス以外でプロレスラーを目にする機会が増えている。プロレスにまったく興味がなかった女子もそれがきっかけになって、プロレスにハマるというパターンが多いらしい。

 加えて、最近ではTwitterなどSNSを利用している選手も多く、プライベートや好きなものなど、リングの上とは違う素の一面を見て、好きになったという人もいる。

 たとえば、首から重さ8kgもあるチェーンをぶらさげ、“キングコング”の異名を持つ真壁刀義は、その見た目とは裏腹に大の甘党でもあるため“スイーツ真壁”としても知られている。毎回「おうッ、お前らぁーッ」で書き始めるブログでは、大好きなスイーツを食べる様子を「コレが」「コウなって」「コウなるッ☆」と段階的に自撮りでアップするマメさが受けて、大人気だ。

 また実際に試合を観戦しに行くようになっても、試合そのもの以上に試合の合間や試合後に垣間見える選手のちょっとした素の部分がいいらしい。たとえば田口隆祐は、勝利すると自分のテーマ曲にのせてオリジナルの“タグダンス”という踊りを踊るのだが、自分で考えてパフォーマンスとしてやっているはずなのに、振り付けは小さめで表情も照れくさそうなのだとか。その姿見たさに会場まで足を運んでしまうという女子もいる。会場では、アイドルのライブと同じようにうちわやマフラータオルを持ち、販売されているオリジナルTシャツを着てお目当ての選手を応援することもできるので、女性がさほど抵抗なく入り込める点もいいのかもしれない。

 次に、プロレスの技をかけたり、かけられたりしている姿や表情に萌えるという女子も少なくない。腐女子的には、半裸の男性が絡み合っているだけでも萌えるのに、「鬼殺し」(矢野通)や「ホバーボードロック」(KUSHIDA)のように、技の過程で股間を顔面に押し付けるような技にはとくに妄想が膨らむらしい。

 また、飯伏幸太の「その場飛びシューティングスタープレス」のような技の、しなやかな身体の動きや宙に舞う肉体の美しさに目を奪われる女子も少なくない。こんな動きを間近で見られるスポーツはなかなかない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

もえプロ 女子のための“萌える”プロレスガイドブック

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ジャニーズよりも萌える!? まさかのプロレスにハマる女子が増殖中!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロレス島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
9 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
10 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ポイント還元でも307 億円…安倍政権の電通優遇はネット情報操作の見返りか
20 麻生太郎が愛人の店に2360万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄