嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanryu_01_140925.jpg
ムック『ザ・韓流スキャンダル! 』(宝島社)シリーズの第三弾には、恐るべき韓国芸能界のダークサイドが……

 一時はあれだけ盛り上がっていた日本のK-POP人気だが、ここ数年、嫌韓のムーブメントで一気に下火になった感がある。一部では、このままK-POPが消滅するのでは?という声も上がっているほどだ。ところが、実際は少し事情が違うようだ。抗議を恐れたテレビがK-POPアーティストの起用を控えているだけで、その人気はほとんど衰えておらず、むしろ違う形でブームが起きつつあるらしい。

 その兆候と言えるのが、超大型新人グループの相次ぐ登場だ。今年4月、日本本格デビュー前ながら日本に初上陸し、埼玉スーパーアリーナに10万人を動員した「EXO」の存在は記憶に新しい。韓国で2012年にデビューして以来、爆発的な人気を誇ってきた11人組だ。件の埼玉スーパーアリーナの公演には、動員数の約4倍、実に40万人の応募者が殺到したという。その潜在力はすでに日本、韓国を含めたアーティストの中でトップクラスと言って間違いない。

 また、「BIGBANG」の弟分として、今年9月に日本デビューを果たした「WINNER」の勢いも破竹だ。10日に発売された日本デビューアルバム『2014S/S-Japan Collection-』は、日本オリコンアルバムチャート、ウィークリーチャートともに上位に食い込んだ。今月11日からは「WINNER 1st JAPAN TOUR2014」で日本主要都市を飛び回っており、新人とはとても思えない異例のスピードで、日韓両国ファンの人気獲得に成功している。

 こうした大型新人グループの受け入れられ方を見ていると、日本で根強い人気を誇る「東方神起」が活動開始した2005年頃に比べて、新人グループがスターダムにのし上がるまでのスパンが格段に短縮されていることがわかる。明らかにファンの裾野が広がっているということだろう。

 ところが、供給元である韓国では、そのK-POPをめぐってさまざまな問題が発生しているようだ。 そのひとつが、芸能界志望の若者を食い物にするプロダクションの性犯罪だ。韓国ではここ数年、彼らトップアイドルのような一瀉千里の成功を求めて芸能人を志望する若者が急増。K-POPだけでも、デビューする新人が年間数百組と言われているが、そこにつけこむ悪質なプロダクションが後を絶たないのだ。

 最近、『ザ・韓流スキャンダル!』(宝島社)というMOOKが出版された。韓国芸能界のゴシップ、不祥事、事件がまとめられた一冊だが、この中でも、プロダクションの信じられないような犯罪行為がいくつも紹介されている。

 たとえば、2012年4月に起きたオープンワールド・エンターテインメント集団暴行事件。オープンワールド・エンターテインメントはかつて「大国男児」、「X-5」といった男性アイドルグループやコ・ジュウォンらが所属した中堅芸能プロダクション。社長のチャン・ソグはKARAの分裂騒動が起きたときに“黒幕”と噂された人物でもある。そのチャン・ソグが所属タレントやデビュー前の女性練習生計11名に性的暴行を加えていたとして逮捕された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ザ・韓流スキャンダル! 東方神起激動の10周年号 (TJMOOK)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。嫌韓西 民夫韓流の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
4 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
7 山本太郎を評価せよ!
8 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
9 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
10 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
13 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 安倍首相にマッチョ批判
16 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8『報ステ』がまた政権批判アナ排除
9安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
10安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
11高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
12安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
18 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
19百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20 沖縄県民投票の原動力となった元山仁士郎氏を直撃

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄