C.R.A.C野間易通インタビュー(前編)

反ヘイト集団“しばき隊”は正義なのか? 首謀者・野間易通に直撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■レイシストをしばき隊、結成までの葛藤

 11年の3.11以降、野間は反原発運動に身を投じていた。12年6月29日には、首相官邸の前に夥しい数の人々が集まり、原発反対の声をあげる瞬間を目の当たりにした。その数は10万人とも20万人とも言われている。この“金曜官邸前抗議”と呼ばれる反原発運動が始まったのは12年3月末。当初は300人くらいの集まりだったという。その後、夏へ向かって動員数はどんどん増えていくのだが、野間は著書『金曜官邸前抗議 デモの声が政治を変える』(河出書房新社)に、こう書いている。

《私自身も、原発に対して怒っている人がこんなに多かったのかと驚いた。そして、ときに楽しげにも見える街頭デモではなく、官邸前のような殺風景なところでじっと立ちつくしながらひたすら怒りの声を上げるほうが、多くの人にとって参加のハードルが低かったというのも意外だった。いや、盲点だったと言ってもいいのかもしれない》

 このとき発見した“怒り”というキーワードが、後の本格的な反ヘイト活動に活かされることとなる。

 2013年1月、野間は「レイシストをしばき隊」を結成した。だが、これは現在のように沿道から抗議の声を浴びせるというスタイルではなかった。在特会らはデモ終了後、“お散歩”と称して、新大久保の韓流ショップなどの店員や客に嫌がらせを繰り返していた。野間はそれをくい止めるため、仲間を商店街に配置した。いわく「暗がりに潜」んで行う「ステルス的」な活動。結果は大成功だった。在特会を一歩も商店街のなかに入れなかったのだと、野間は言う。

「しばき隊をやりますと宣言して、そこで何かがかわりましたね、やっぱり。僕自身もね、ずっと逡巡していた。火に油をそそぐんじゃないか、しばき隊のようなミリタントな活動によって、在日の人たちにとばっちりがいくかもしれない。いろんな迷いがあった。しばき隊を募集したとき、『迷惑だからやめてくれ』って言った在日の人も当然いたし。いつものように排外デモ側に『反日極左と戦う』みたいな動画を撮る材料を与えるのも嫌だった。しばき隊が最初ステルスだったのは、デモを刺激すると余計に混乱が起きると恐れていたからなんです。それらをふりきってカウンターをやる根性というか勇気というのは、当初はなかなか持てなかったんですよね」

 カウンターの規模が大きくなり、排外デモ側の人数を上回ったのは13年3月のことだ。沿道でプラカードを掲げる“プラカ隊”など、しばき隊に呼応した活動に人数が集まってきた。50、100、200と増えていく反レイシズムのプラカードを見て、野間は大いに感動したという。そして、カウンター活動はさらなる隆盛を見せていく。

「3月31日かな、人数が爆発的に増えた。そのとき初めて、カウンターが柏木公園の周りでレイシストたちを取り囲み、『帰れ!』ってシュプレヒコールを浴びせる展開になり、僕もびっくりしました。しばき隊、プラカ隊他、全部あわせて600人ぐらいいたと思う。4年前には、そんなこと絶対無理だと思っていたのに、実現したわけです」

 しばしば誤解されがちだが、新大久保でカウンター活動を行う人々のすべてが、しばき隊というわけではない。現場にいるしばき隊のメンバーはせいぜい数十人くらいで、あとはネット上の告知を見るなどして自然に集結した人々である。筆者が現場を取材しているときに出会った高校生らは、野間の名前もしばき隊の名前も知らなかった。ただ、韓流アイドルが好きで、差別的なデモは「許せない」と思い新大久保に駆けつけたのだという。まだ、あどけなさの残る少年たちであった。

「これだけの人が来たのは、ひとつは怒っている人が多かったということ。そして、その怒りの感情をストレートに表現するのが“アリ”なんだ、というスタイルになっていたのが大きい。もうその時点でしばき隊もプラカ隊も関係ない。モヒカンのパンクスとか見たことあるでしょ? ネットでしばき隊とか言われてるけど、違うから。でもやってることは同じなので、外部から区別つかないのはしょうがないけどね(笑)」

 カウンター活動は効果を発揮し、排外デモは中止になったりコースの変更を余儀なくされたりした。だが、一旦燃え広がった“怒り”の勢いは、しばしば排外デモ隊との物理的な衝突をも招くようになった。13年6月16日には、排外デモ側から4名、しばき隊から3名の逮捕者を出した。今や、その活動方針に疑念を抱く声は少なくない。実際に、彼らの活動に対して否定的な報道もなされている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

金曜官邸前抗議 デモの声が政治を変える

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

反ヘイト集団“しばき隊”は正義なのか? 首謀者・野間易通に直撃!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューネトウヨ吉岡命嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 消費増税で景気が東日本大震災直後に次ぐマイナスに!
2 菅官房長官「政府支援で高級ホテル50カ所に新設」に非難殺到
3 『THE MANZAI』ウーマン村本がこだわった「透明人間」たちの思い
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍政権が「桜を見る会」ごまかしで「反社の定義は困難」の閣議決定
6 安倍が国会閉会会見で「桜を見る会」に自分から触れず! 会見は出来レース
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
9 「朝生」で田原総一朗よりさきに「下村文科相」名前を出した出演者
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
13 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
14 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
15 田崎史郎のいない素晴らしい世界
16 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
17 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
18 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄