突如終了『テラスハウス』も?“やらせは当然”リアリティ番組の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに、TOKIOが司会をつとめ、1999〜2003年まで放送されていた高視聴率リアリティ番組『ガチンコ!』(TBS系)でも、やらせの実態が出演者によって内部告発されている。

 問題となったのは、番組内の企画「ファイトクラブ」。ボクシング元世界チャンピオンの竹原慎二がプロボクサーをめざす少年たちを指導、プロテストを受けるまでをドキュメントとして追いかけ、番組の目玉企画となっていた。しかし、これも出演者がやらせであることを「FRIDAY」(講談社)01年10月26日号で告白。たとえば、番組内で「1週間の合宿」と銘打ちながらも、実際は「本当は1泊2日」しか行われていないことなどを証言しているが、加えて“台本の存在”までをも暴露している。

「もちろん、この番組は普通に台本とかあって、台詞は一から十まで決まってますよ。(中略)だから、間違えたら何回でも撮り直してます」「自分たち、いっつもガラ悪そうにヤル気なさそうにしてなきゃいけないんですよ。(中略)もう、そういうの、やっててホントいやなんですよ」(証言より)

 すべての台詞が決められていた──。彼の証言が正しければ、一体、何が“ガチンコ!”なのかさっぱりわからないが、こうしたリアリティ番組のやらせ問題で最悪の結果を生んでしまったのが、『愛する二人別れる二人』(フジテレビ系、98〜99年放送)だろう。

 この『愛する〜』は、素人の夫婦が登場して不満をぶつけ罵り合い、結婚を継続するか離婚を決意するかを選択するという内容。ときには夫婦が感情を爆発させてつかみ合いの喧嘩になったり、愛人が登場するなど、中身が過激になるほど視聴率はうなぎ登り状態となっていた。だが一方で、週刊誌では出演者やスタッフであるリサーチャーらによるやらせ告白も噴出。ニセ夫婦の“仕込み”から、妊婦という設定の女性がじつは妊娠していなかったりなど、疑惑のオンパレードだった。そして、ついには番組にやらせ出演していた女性が自殺していたことが発覚。このことがスポーツ紙で取り沙汰されると、フジテレビは番組打ち切りを決定した。……しかし、こんな大きな事態を招いても、フジテレビ側が打ち切りの理由として認めたのは、自殺した彼女が出演したとき夫婦ではない男性を「夫役」としたことのみだった。

 本来、リアリティショーというのは、素人が台本のない状況でどんなふうに振る舞うかをドキュメントのように追いかける娯楽番組のこと。 “やらせ疑惑”が巻き起こっても、いずれの番組も「やらせではなく演出の範囲内」という一言で片づけようとするが、演出を強要し、ましてや台本が存在すれば、それを“ガチのドキュメント”“リアリティ番組”と謳うのは視聴者を欺く行為だ。

 ちなみに、前出の『ガチンコ!』の「ファイトクラブ」の内幕を暴露した出演者によれば、「一度FRIDAYに(ヤラセ疑惑が)出てからはスタッフも慎重になって、最近は俺らにも台本を渡さないし(中略)これ(台本の現物)が出たら、もう番組が終わる、って言ってましたよ」とぶっちゃけている。

 放送開始から約2年、ようやく人気に火がついた矢先の『テラスハウス』終了も、やはり週刊誌によるやらせ報道が大きく影響しているのだろうか。果たして、『テラハ』はリアルなのか、やらせなのか。そして、番組終了後に出演者による暴露は展開されるのか。まだまだ目が離せない。
(水井多賀子)

最終更新:2014.09.16 07:30

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

TERRACE HOUSE INSIDE

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

突如終了『テラスハウス』も?“やらせは当然”リアリティ番組の実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。リア充水井多賀子裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
8 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
13 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
14 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
18 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
20 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄