ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした父の怒りに何度もあった阿川氏は成長するにつれ、「父をできるかぎり刺激しないように生きていたい」と思うようになる(もちろん、それでもふとしたきっかけで怒られてしまう)。言い方は悪いが、夫のDVに怯える妻のようだ。

 そんな恐ろしいはずの父を、阿川氏は嫌うことはない。反発を覚えたり怯えたりしながらも、距離はとらない。友だちに泣きついたり、自分の身の上を嘆いたりはするが、「こんなに怒鳴られているのだから、きっと私は強くなっているはず」と殊勝な面を見せる。

 阿川氏と父との交流は、現在も続いている。老いた父に、大人になった娘。父の性格は変わらないが、娘は父をうまく怒らせないコミュニケーションの取り方を心得ている。優しく語りかけ「ようやく『怖い存在』への余裕ある対処法を少しだけ身につけた気が」すると結んでいる。

 思春期には大なり小なりぶつかりつつも、最終的には父のことを大事にして、コミュニケーションを絶やさない娘。父親とほぼ縁が切れている私からすると、ちょっと近すぎると思うほどだ。2人の関係は客観的に見て「ケンカするほど仲がいい」親子になっているし、見る人が見れば一周まわった「ファザコン」にも映る。

 思春期を期に、コミュニケーションが断絶する父娘は多いという。そうした「父親」世代にとって、阿川氏は「理想の娘」だ。「今は自分のことをわかってくれなくても、(阿川氏のように)いつかはわかってくれる」と希望が持てるかもしれない。

 振り返ってみると、阿川氏の「叱られ」エピソードは、ほとんどが父親くらいの年齢の男性から受けたものだ。「良い娘」阿川佐和子は、父を上回るくらいの上司の怒鳴り声に耐え、毎日泣きながらも食らいつき、反省し成長する。阿川氏の「叱られる力」は、「叱る側の父親世代に愛される力」なのだろう。

 やはり本著は、「叱り世代」「父親世代」である中高年を、ポルノ小説ばりにとことん気持ちよくしてくれるものだ。「叱る側のこういうところが悪い」「若者はこんな考えを持っているのか」といった不安や動揺を誘う要素はなく、飲み会で交わされるような若者に対するぼやきや、「昔はよかった」という思いも共有できる。

 本著は、「叱られる力」とは題されているが、実は「叱られる世代」に向けては書かれていない。文春新書の読者層を考えればごく当たり前のマーケティングで、だからこそ大ベストセラーになるのかもしれない。
(青柳美帆子)

最終更新:2018.10.18 05:37

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族青柳美帆子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
5 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
15 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
19 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄