奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
toshi_140804.jpg
『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)

 元X JAPANのToshIが壮絶な洗脳体験を告白した著書『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)が話題を呼んでいる。

 ロックシーンの頂点に上り詰めたX JAPANが、突然のToshIの脱退によって崩壊してしまったことは周知の通りだが、その根源にあったのは、強烈な“洗脳”によるToshIの変貌だった。

 著書にはYOSHIKIをはじめとするメンバーとの確執や、解散までの経緯なども書かれているのだが、最大の注目は、やはりすべての元凶となった“洗脳”の手口だろう。自己啓発セミナー「ホームオブハート」のMASAYAに心酔していく過程の告白は、当事者ならではのリアリティに満ちている。
 
 そもそもの始まりは、舞台で共演した新人女優・守谷香との出会いだった。当時のToshIは、個人事務所の社長を務めていた長兄との喧嘩別れや、バンドの事務所社長に多額の金銭トラブルが発覚するなど問題続き。「多額のお金が手に入れば、周囲の人間、家族や友人でさえも変貌し、信じられない事態が起こる」「メンバーとの間にも、深い溝のようなものが自分の中にできていた」という状況で、そんなToshIの孤独感を癒す「心の拠り所」となったのが彼女だった。

 ほどなく交際を始めたToshIは、次第に影響を強く受け始めていく。精神世界やヒーリングミュージックを好んで聴くようになり、望まれるまま守谷と入籍し、X JAPANも脱退してしまう。特にバンドの脱退は「守屋との人生のスタートと引き換えに、それまでのX JAPAN=YOSHIKIとの人生を終りにするという選択をしたのだ。それは守谷のたっての望みであった」という。ToshIはこの頃の自分の精神状態をこう書いている。

「『僕のことを本気で考えてくれているんだ……信じられるのは彼女だけだ』と思うようになっていった。そして僕は次第に周囲の人間と距離を置くようになり、まるで守谷という洞穴にこもるかのような精神状態になっていった」

 この頃であれば、まだギリギリ後戻りができたのかもしれないが、バンドから離れ、周囲のスタッフからも孤立したToshIをとめることができる人間は、もういなかった。

 ここから本格的な洗脳がスタートする。入籍直後、旅行に誘われた屋久島のホテルでは、わけもわからぬうちに涙を流すような体験をさせられているが、これは明らかに洗脳への地ならしとなる手引き。そのうえで、すでに守谷が心酔していた教祖・MASAYAと引き合わされることになる。

 これはなにかおかしな宗教の集まりかもしれない──最初にMASAYAのステージを見たときはそう思ったはずが、守谷をはじめ、他の観客が全員、涙を流しながら感動に浸る様子を見るうちに、こう思い始めたという。

“感受性もない、涙も出ない、僕こそひどい人間なのかも”

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

洗脳 地獄の12年からの生還

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。地獄洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄