奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
toshi_140804.jpg
『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)

 元X JAPANのToshIが壮絶な洗脳体験を告白した著書『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)が話題を呼んでいる。

 ロックシーンの頂点に上り詰めたX JAPANが、突然のToshIの脱退によって崩壊してしまったことは周知の通りだが、その根源にあったのは、強烈な“洗脳”によるToshIの変貌だった。

 著書にはYOSHIKIをはじめとするメンバーとの確執や、解散までの経緯なども書かれているのだが、最大の注目は、やはりすべての元凶となった“洗脳”の手口だろう。自己啓発セミナー「ホームオブハート」のMASAYAに心酔していく過程の告白は、当事者ならではのリアリティに満ちている。
 
 そもそもの始まりは、舞台で共演した新人女優・守谷香との出会いだった。当時のToshIは、個人事務所の社長を務めていた長兄との喧嘩別れや、バンドの事務所社長に多額の金銭トラブルが発覚するなど問題続き。「多額のお金が手に入れば、周囲の人間、家族や友人でさえも変貌し、信じられない事態が起こる」「メンバーとの間にも、深い溝のようなものが自分の中にできていた」という状況で、そんなToshIの孤独感を癒す「心の拠り所」となったのが彼女だった。

 ほどなく交際を始めたToshIは、次第に影響を強く受け始めていく。精神世界やヒーリングミュージックを好んで聴くようになり、望まれるまま守谷と入籍し、X JAPANも脱退してしまう。特にバンドの脱退は「守屋との人生のスタートと引き換えに、それまでのX JAPAN=YOSHIKIとの人生を終りにするという選択をしたのだ。それは守谷のたっての望みであった」という。ToshIはこの頃の自分の精神状態をこう書いている。

「『僕のことを本気で考えてくれているんだ……信じられるのは彼女だけだ』と思うようになっていった。そして僕は次第に周囲の人間と距離を置くようになり、まるで守谷という洞穴にこもるかのような精神状態になっていった」

 この頃であれば、まだギリギリ後戻りができたのかもしれないが、バンドから離れ、周囲のスタッフからも孤立したToshIをとめることができる人間は、もういなかった。

 ここから本格的な洗脳がスタートする。入籍直後、旅行に誘われた屋久島のホテルでは、わけもわからぬうちに涙を流すような体験をさせられているが、これは明らかに洗脳への地ならしとなる手引き。そのうえで、すでに守谷が心酔していた教祖・MASAYAと引き合わされることになる。

 これはなにかおかしな宗教の集まりかもしれない──最初にMASAYAのステージを見たときはそう思ったはずが、守谷をはじめ、他の観客が全員、涙を流しながら感動に浸る様子を見るうちに、こう思い始めたという。

“感受性もない、涙も出ない、僕こそひどい人間なのかも”

 ToshIはMASAYAにハマっていく過程で、何度もこうした反発や違和感を感じるのだが、そのたびに「原因は自分にある」として徐々に深みにハマっていく。そしてその傍らには常に「MASAYAの言うことは素晴らしいね」「MASAYAのように生きるべきだよ」「MASAYAのような癒しのアーティストになろうよ」と言い続ける、守谷の姿があったという。

 そこからはあっという間だ。参加したセミナーでは自分の悲惨な幼少時代の体験や、親兄弟への恨みを発表させられうえで、持たされたおもちゃのナイフで、マットを相手に親兄弟を殺す実習までさせられたという。

《「ウォ~!! この野郎! 死ね! 死ね! 死ね!」僕は狂ったように泣き叫び怒りを吐き出した。》

他にも「ほしいものダイヤード」「完了の実習」「想像瞑想」「インディアンゲーム」と題された様々な“実習”を体験。「フィードバック」という実習は、暗い部屋に長時間閉じ込められ、集団ヒステリーのような精神状態の中で、告白した自分の弱味をこれでもかというほど怒鳴られながらボコボコに殴られるというものだ。

いずれもオウム真理教事件以降、怪しげな自己啓発セミナーなどではお馴染みになった洗脳の手口だが、著書には、実際に経験した人間にしか分からない生々しい恐怖と高揚感が、これでもかというほど詳細に書かれている。

 有名になった「バケモノアゴ男」などの罵声を浴びせられながら暴力を受ける洗脳行為は日常化してゆき、実はあのhideの葬儀の直前にも、守谷やMASAYAからこんな仕打ちを受けていたという。

《「ヒデが死んだことでおまえも思い知っただろう。おまえもここを離れて一歩でも外に出たら、すぐに自我の強いエゴ人間たちに取り入られて、おまえの人生は地獄と化し、最後は自殺するんだよ!」
(違う自殺なんかじゃない……事故だったんだ)
「この野郎抵抗しやがって!」
 そこから暴力も始まる。
 守谷は、右頬を上にして身体をうつぶせに横たえている僕の背中に馬乗りになり、両手で背中を殴りつける。そこへヒステリックな女性幹部の叫び声が重なる。もう何をしゃべっているかわからないほど、矢継ぎ早に、数人が泣き叫びながら、集団で罵倒と暴力を繰り返す。》
《いつも履いているスリッパを脱ぐMASAYAの脚が見えた。
パチッ! パチッ!
僕の頭と頬はスリッパで何度も何度も強打され、ジンジンした痛みが脳天に響く。そこへMASAYAの怒声も加わった。(中略)「おまえもトレーニングをしなかったら同じ目にあうんだよ! 肝に銘じておけ!」》

 その後も、何度か離れるチャンスはあったものの、そのたびに拉致同然に連れ戻され、暴力によってMASAYAへの忠誠心と恐怖を植えつけられることになる。刷り込まれた恐怖と「お金はエネルギー交換」という詭弁によって、ToshIは全財産をホームオブハートにつぎ込んでいく。

 セミナーやトレーニングへの参加、MASAYA関連の商品の購入のたびに高額のお金を支払い、心配した事務所側がお金を止めると、今度は消費者金融や友人に借金をしてまでお金を作っていたというから凄まじい搾取である。後期には守谷が個人事務所の取締役となって実権を握り、MASAYAの指令の下、すべての収入を奪われてしまう。この本のあとがきにも一文を寄せているホームオブハートの被害に詳しい紀藤正樹弁護士によれば、ToshIは「少なく見積もっても10億円以上のお金を奪い取られた」という。

 皮肉にも、MASAYAが明らかにお金のためにX JAPANの再結成をするように指示をしたことが洗脳から覚めるきっかけとなったそうだが、洗脳から脱出しホームオブハートとの縁を切るためには妻・守谷との離婚調停、自己破産の宣言、マスコミにもすべてを公表したうえで弁護士を立てて争うという、更なる苦難を味わうことになる。

 ToshIは洗脳にとらわれ続けた12年間をこう振り返っている。

「人間としての意志も、考えも、自由も、すべてを奪われてしまう恐ろしい地獄のような日々」

 この本は、ロックスターの自伝であると同時に、洗脳の恐ろしさを詳細に綴った啓蒙書でもある。
(時田 優)

最終更新:2014.08.05 03:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

洗脳 地獄の12年からの生還

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。地獄洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
2 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
3 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
4 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
5 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
8 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
9 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
10 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
11 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
13 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
16 厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
19 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
20 愛川欽也が「安倍に殺される」と
1 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
11 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
12 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
13 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
17 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
19 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
20 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄