石原さとみが“M女宣言”男子も女子も虜にする“エロ”の秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 たとえば、ヒロイン布美子が恋する大学助教授・片瀬信太郎と軽井沢の別荘の、片瀬夫妻の寝室で初めて結ばれるシーン。

<耳元で、自分自身の喘ぎ声が聞こえた。自分がされていることを別のもう一人の自分が闇の中から覗き見ているような感じがした。>

<「二階へ行こう」信太郎が弾む吐息の中で言った。
 私は彼に肩を抱かれながら、室内に入り、よろけるようにして階段を上がった。どこに連れて行かれるのか、すぐにわかった。わかっていても、どうしようもなかった。夫婦の寝室。夫妻のベッド。私はそこに寝たいと思っていた。そこで信太郎と、そうなることを心のどこかで望んでいたのだ。
 
 部屋の窓は開いていた。夜風がレースのカーテンを揺らしていた。シーツには雛子の香りがしみついていた。

 私は取り乱しながらも信太郎を受け入れ、喘ぎ声をあげ、あげくに自分でもどうしようもなくなって、烈しくすすり泣いた。>

 好きな男の誘いに抗えず、妻のいぬ間にベッドで情事に耽る間男ならぬ、間女の高ぶりがひしひしと官能的に伝わる描写ではないだろうか。

 だが、布美子の情事はこれにとどまらない。信太郎の妻・雛子とのこんな場面もある。

<雛子が私の手をとって、やおら自分の乳房にあてがった。着ていたTシャツの下には何もつけておらず、私の掌には、彼女の豊かな乳房の湿った感触が拡がった。>

<気がつくと、私は彼女の乳房をおずおずと愛撫し始めていた。自分が他人の乳房を愛撫しているというのに、まるで自分の乳房を自分で愛撫しているかのような、いくらか罪の意識を伴った快感が走った。>

<私は彼女のTシャツを大きくたくし上げ、彼女の乳首を口の中にふくみ、舌の上で柔らかく転がし始めた。>

 夫とも妻とも、なされるがまま関係を結んでしまうのだ。しかも、この行為は夫・信太郎の目の前で繰り広げられており、行為にはまだ続きがある。

<信太郎が私と雛子に近づいて来て、私たちの身体を両腕の中にくるみこんだ。思いがけず強い力でそうされたため、私と雛子はあたかもシャム双生児のように、向かい合わせになったまま、胸と胸を押しつけ合う形になった。>

<三人の体臭が一つになった。幸福な一瞬だった。この堕落しきった幸福な一瞬が、永遠に続けばいい、と私は願った。>

 そう、夫妻と3Pまがいの行為にまで至るのである。

<来るところまで来てしまった、と思った。(中略)だが、嫌悪感はなかった。私の彼らに対する愛情は、つゆほども揺るがなかった。拒絶するのか、それともこのまま三人でベッドに入るのか……二つのうち一つを選ぶのは、神にしかできないことのように思えた。そして私は簡単に神になれた。>

 妻帯者とはじめての情事、その妻との倒錯した行為、そして“三人でベッドへ”とはじめて誘われたときも。一貫して布美子は、罪の意識を感じながらも抗わず求められるがまま、いとも簡単に快楽へ身を委ねてしまう。あまつさえ、罪の意識そのものに快楽を感じながら。
 
 いかがだろう。この本を熟読し、オススメ本として「M女のマインドが楽しめる(笑)」と軽やかにコメントする石原さとみ。彼女のM女宣言は、“従順な尽くす女アピール”代わりにM女を自称する女性タレントとは、一線を画すものといえるだろう。このガチのM女マインドこそが、石原の“清潔だけどエロ”にますます磨きをかけている秘訣なのかもしれない。
 
(岡崎留美子)

最終更新:2014.12.10 04:17

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

石原さとみが“M女宣言”男子も女子も虜にする“エロ”の秘密とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。M石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
2 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
3 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
4 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
10 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円
11 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
12 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
13 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
18 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
1吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
3安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
4橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
5コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
6吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
7文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
8政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄