石原さとみが“M女宣言”男子も女子も虜にする“エロ”の秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ishiharasatomi_140727.jpg
「ar」7月号(主婦と生活社)

 ぽってりとしたタラコ唇、黒目がちの甘い瞳、マシュマロのような肌……清純派なのに匂い立つようなエロスを持ち合わせた存在の女優・石原さとみ。デビュー当時はあか抜けない印象があったが、佐藤健、小栗旬、イケメン写真家、玉木宏……様々な熱愛騒動が持ち上がるたびに美しさに磨きをかけ、今やすっかり人気女優の仲間入り。男子人気はもちろんだが、女子からの支持率も高い。

 そんなノリに乗っている彼女が、なんと「ドM宣言」をしたというから驚きだ。衝撃発言が飛び出したのは、ファッション誌「ar」2014年7月号(主婦と生活社)でのこと。この号は挑戦的な瞳でカメラを見つめる石原さとみが表紙を務め、さらにカラー8Pで彼女のエロかわグラビアとインタビューも掲載されている。グラビアの内容は、石原が「可愛いフェロモン」をテーマに、「無造作オンナ」「LOVEだけオンナ」「無防備オンナ」「お手入れオンナ」「ツンデレオンナ」「Mオンナ」「ワクワクオンナ」という“7人のSEXYな女のコ”に変身というもの。さらにインタビューでは「石原の思うSEXY」について語っているのだが、ここで件の「ドM宣言」が飛び出しているのである。

 その日の撮影で演じた7人のSEXYな女のコのうち、どれが実際の石原に近いかと問われた石原は、こう答える。

「私に近いのは、M女かな?」

「もし恋人がいたら、必ず相手を立てたいな。友達にも、彼の悪いところは言わない。二人きりの時は、二人の居心地がいい関係性でいればいいと思うけど、〈外では亭主関白。中ではかかあ天下〉が理想の恋愛のカタチです。相手が求めることを察したいし、全力で答えたいとこは、Mっぽいかも」

 さらに石原は、「M女のマインドを楽しめます(笑)」と小池真理子の小説『恋』(新潮社)を紹介している。

 石原が“M女バイブル”としてオススメする、『恋』とはいったいどんな小説なのか。

 あらすじは「1970年代初頭学生運動が盛り上がる日本、平凡な女子大生がある夫婦と奇妙な性愛関係を持つ。倒錯した三角関係の果てに、女子大生はとうとう殺人事件を起こしてしまう」というスキャンダラスなもの。実はこの『恋』は、2013年12月に石原さとみ主演でドラマ化されている。石原は、殺人犯になってしまう女子大生・矢野布美子を熱演し、女優としての評価を上げた。

 読んでみると、なるほど、石原のM女気質を刺激するに十分な、きわどい描写が満載の小説だ。

 たとえば、ヒロイン布美子が恋する大学助教授・片瀬信太郎と軽井沢の別荘の、片瀬夫妻の寝室で初めて結ばれるシーン。

<耳元で、自分自身の喘ぎ声が聞こえた。自分がされていることを別のもう一人の自分が闇の中から覗き見ているような感じがした。>

<「二階へ行こう」信太郎が弾む吐息の中で言った。
 私は彼に肩を抱かれながら、室内に入り、よろけるようにして階段を上がった。どこに連れて行かれるのか、すぐにわかった。わかっていても、どうしようもなかった。夫婦の寝室。夫妻のベッド。私はそこに寝たいと思っていた。そこで信太郎と、そうなることを心のどこかで望んでいたのだ。
 
 部屋の窓は開いていた。夜風がレースのカーテンを揺らしていた。シーツには雛子の香りがしみついていた。

 私は取り乱しながらも信太郎を受け入れ、喘ぎ声をあげ、あげくに自分でもどうしようもなくなって、烈しくすすり泣いた。>

 好きな男の誘いに抗えず、妻のいぬ間にベッドで情事に耽る間男ならぬ、間女の高ぶりがひしひしと官能的に伝わる描写ではないだろうか。

 だが、布美子の情事はこれにとどまらない。信太郎の妻・雛子とのこんな場面もある。

<雛子が私の手をとって、やおら自分の乳房にあてがった。着ていたTシャツの下には何もつけておらず、私の掌には、彼女の豊かな乳房の湿った感触が拡がった。>

<気がつくと、私は彼女の乳房をおずおずと愛撫し始めていた。自分が他人の乳房を愛撫しているというのに、まるで自分の乳房を自分で愛撫しているかのような、いくらか罪の意識を伴った快感が走った。>

<私は彼女のTシャツを大きくたくし上げ、彼女の乳首を口の中にふくみ、舌の上で柔らかく転がし始めた。>

 夫とも妻とも、なされるがまま関係を結んでしまうのだ。しかも、この行為は夫・信太郎の目の前で繰り広げられており、行為にはまだ続きがある。

<信太郎が私と雛子に近づいて来て、私たちの身体を両腕の中にくるみこんだ。思いがけず強い力でそうされたため、私と雛子はあたかもシャム双生児のように、向かい合わせになったまま、胸と胸を押しつけ合う形になった。>

<三人の体臭が一つになった。幸福な一瞬だった。この堕落しきった幸福な一瞬が、永遠に続けばいい、と私は願った。>

 そう、夫妻と3Pまがいの行為にまで至るのである。

<来るところまで来てしまった、と思った。(中略)だが、嫌悪感はなかった。私の彼らに対する愛情は、つゆほども揺るがなかった。拒絶するのか、それともこのまま三人でベッドに入るのか……二つのうち一つを選ぶのは、神にしかできないことのように思えた。そして私は簡単に神になれた。>

 妻帯者とはじめての情事、その妻との倒錯した行為、そして“三人でベッドへ”とはじめて誘われたときも。一貫して布美子は、罪の意識を感じながらも抗わず求められるがまま、いとも簡単に快楽へ身を委ねてしまう。あまつさえ、罪の意識そのものに快楽を感じながら。
 
 いかがだろう。この本を熟読し、オススメ本として「M女のマインドが楽しめる(笑)」と軽やかにコメントする石原さとみ。彼女のM女宣言は、“従順な尽くす女アピール”代わりにM女を自称する女性タレントとは、一線を画すものといえるだろう。このガチのM女マインドこそが、石原の“清潔だけどエロ”にますます磨きをかけている秘訣なのかもしれない。
 
(岡崎留美子)

最終更新:2014.12.10 04:17

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

石原さとみが“M女宣言”男子も女子も虜にする“エロ”の秘密とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。M石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
5 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄