浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「薄汚い父娘」とは痛烈な罵倒だが、批判者は林だけでなく、エロスに対して理解があったはずの故・渡辺淳一もこんな選評を載せている。

「むろん、淳悟と花とのからみのシーンは熱く妖しいが、見方によっては、少女コミックに登場する近親相姦を思わせるところもある。以前からアメリカに多い父娘相姦に関わるレポートでは、少女たちはみなポストトラウマとして、深い罪悪感に苛まれているが、そうした内面志向はまったく見られない」

 たしかに、この作品、ストーリーだけを抜き出すと、かなりインモラルなものだ。26歳の遠縁の男が津波被害で家族を亡くした10歳の少女を引き取り、ほどなくその少女と次第に性的な関係におちいっていく。そして、男が実は、実の父親でもあることを少女は知るが、その関係をやめようとはしない。少女が高校生になった頃には、毎日のようにセックスをし、愛欲まみれの爛れた関係をどんどんエスカレートさせていく。しかも、関係を知って引き離そうとする親切な町の老人を殺し、さらには、逃げた東京に殺人の証拠をつかみ2人を訪ねてきた警官まで殺してしまう。そして、大人になった少女はやがて職場で出会った金持ちの青年と婚約するのだが、父親との関係も変わらず続いている。とにかく、明らかに少女姦や近親相姦をテーマにしており、しかもそれを否定的にではなく、むしろエロティックに描写しているのだ。

 映画も構成や結末は少し違うが、基本的には原作のテイストを忠実にいかしている。いや、映像化されているだけにもっと生々しいといっていいだろう。たとえば、中学生の二階堂ふみが浅野忠信の手を取り、人差し指を口にふくみ、チュパチュパとしゃぶり始める。自分の手も差し出し、浅野にも自分の指をくわえさせる。さらに、中学生の二階堂が浅野からのプレゼントのピアスを舌に乗せ、それを浅野の恋人に見せつけながら、こんなセリフをはく。「彼に殺されることができるか」「自分は殺されてもいい、何をされてもいい」。

 二階堂が高校生になってからのシーンはもっと激しい。浅野の腰に抱きついて「ほしい」とせがむ二階堂。制服の上から二階堂の乳房をまさぐる浅野。二階堂が制服のブラウスを脱いで、互いの体をなめまわす。浅野の股間をまさぐり、制服のスカートをはいたままパンティを脱ぐ二階堂。ちゃぶ台の横で、むさぼるようにセックスを始めるふたり……。近親相姦のメタファーなのか、血の雨が二人にふりそそぎ、血まみれでセックスを続けるシーンもある。
 
 そういう意味では、近親相姦の被害者からは違和感を表明されてもやむえない作品だし、原作に対して林真理子が「嫌悪感」「薄汚い」と攻撃したのもわからなくはない。

 だが、この作品について、そういった男が少女を支配しているというようなステロタイプな近親相姦批判があてはまらないのは、これが桜庭一樹という女性の作家が、女性の視点で描いた作品であることだ。小説の内容も、出発点では、養父による庇護という名の支配があるかもしれないが、しだいに男性のほうが少女に囚われ堕ちていく様が、生々しく描かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。二階堂ふみ林真理子浅野忠信詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
2 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
3 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
4 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
5 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 自民党がネトサポに他党叩きを指南
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 喜多嶋舞が大沢樹生に大反論!
15 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
16 宮台真司が沖縄県知事選を語る!
17 議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
18 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
19 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
20 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
17加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
18 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
19検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
20岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄