「ヨードうがい薬」実験のずさんな実態が判明! 吉村知事は「言いたいことも言えなくなる」と抗弁し“ポイズン吉村”と失笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「ヨードうがい薬」実験のずさんな実態が判明! 吉村知事は「言いたいことも言えなくなる」と抗弁しポイズン吉村と失笑の画像1
吉村洋文公式HPより


 吉村洋文・大阪府知事のドヤ顔発表が大混乱を巻き起こしている。8月4日、松井一郎・大阪市長、大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターの松山晃文・次世代創薬創生センター長とともに会見を開き、イソジンなどのうがい薬をズラリと並べて「ポビドンヨードで新型コロナに打ち勝てる!」と発表したことは、既報のとおり。

 吉村知事の説明によれば、大阪府の宿泊療養施設で軽症患者41人に対し、1日4回、ポビドンヨードによるうがい薬でうがいを実施し毎日、唾液によるPCR検査をおこなったところ、4日目にはポビドンヨードを含むうがい薬を使わなかったグループの陽性率は40%だったのに対して、ポビドンヨードを含むうがい薬を使ったグループは陽性率が9.5%に低下。「コロナに効くのではないかという研究が出ました」「このポビドンヨードによるうがい薬をすることによってですね、このコロナに、ある意味、打ち勝てるんじゃないかというふうにすら思っています」と述べた。

 この驚愕の発表には、会見直後から、ネット上や多くの医師、専門家からツッコミの嵐が起きていた。さらには、日本医師会も「現時点ではうがい薬に対するエビデンスが不足」「国民生活の混乱を懸念」との見解を表明、WHOの直轄機関であるWHO神戸センターも〈うがい薬の使用で新型コロナウイルスの感染を予防できるという科学的根拠はありません〉との見解を公式ツイッターに投稿している。

 当然だろう。たとえば、ポビドンヨードを使ったうがい薬の殺菌作用によって口腔内のウイルスが一時的に減少し、単純に陽性率が減っただけという可能性なども考えられる。そもそも、今回発表された結果は被験者がわずか41人にすぎず、論文にすらなっておらず、なんの検証も経ていないものを、行政が「ウソのような本当の話」などと言って、まるで事実かのように発表するなど、あまりに危険なことだ。

 しかも、想像以上にこの研究がずさんだったことも明らかになっている。会見で吉村知事が掲げていた解説ボードには、「ポビドンヨード含嗽(うがい)有」「ポビドンヨード含嗽(うがい)無」を比較したとある。その結果、「ポビドンヨードを使ったうがい薬が効く」という結果が得られたなどというのだから、当然「ポビドンヨードを使ったうがい」と「使っていないうがい」との比較をしたのかと思っていたら、なんとそうではなかったのだ。

 会見にも同席していた大阪はびきの医療センターの松山次世代創薬創生センター長が5日放送の『ひるおび!』(TBS)で明かしたところによれば、「ポビドンヨード含嗽(うがい)無」という群は、うがいそのものをしておらず、「水道水でのうがい」などとの比較をしていないというのだ。

 これでは、なんの比較対照にもならないだろう。そもそもの41人というサンプルの少なさを置いておいたとしても、「ポビドンヨードの効果」を実証するには、ポビドンヨード以外はうがい法や頻度など同じ条件でうがいをしなければ、対照実験として成立しない。今回の実験では、効果があったのは「ポビドンヨード」でなく「うがい」という可能性も大いにある。

吉村知事は「感じたことをしゃべり、間違いだと言われたら言いたいことが言えなくなる」と小学生並みの反論

 吉村知事は、いまごろになって「水道水でのうがい」や「塩水でのうがい」との比較検証もこれから行いたいなどと話していたが(『ひるおび!』6日放送)、よくこれで「ポビドンヨードでコロナに打ち勝てる」などとドヤ顔で発表したものだ。

 しかも、吉村知事のやったことはたんにずさんな実験結果を口にしたというだけで済む話ではない。4日の会見直後には、大阪のみならず日本中のドラッグストアからうがい薬が消え、買い占めが起こり、高額転売する者まで現れている。ポビドンヨードが必要な人までが入手困難という事態も起きている。さらにポビドンヨードを使ったうがい薬は妊婦や甲状腺に異常のある人などには注意が必要だが、誤った用法で事故が起きる可能性も懸念される。

 そう、デタラメな発表が、消費の混乱と健康被害の危険性を生み出しているのだ。これはハッキリ言って、デマ扇動そのものだ。コロナ感染拡大初期に、「お湯でコロナ感染予防」というデマ情報がSNSで拡散され大きな問題になったが、買い占めや副作用の危険性なども考えれば、「ポビドンヨードがコロナに効く」発表のほうが悪質性が高い。

 ところが、当の吉村知事や松井知事は、自身の勇み足を反省するどころか、完全に開き直っている。

 吉村知事はなんと、翌5日の会見でこんな小学生みたいな反論を口にしたのだ。

「誤解されてはいけないことだが、うがいをすることで、体内に広がっているウイルスを抑えたり、予防できたりするわけではなく治療薬でもない。感染を防ぐ効果が認められたわけでもない」
「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。ぼくが感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、ぼく自身、言いたいことが言えなくなる」

松井市長は町山智浩の皮肉に、〈これが、メディアで影響力のある人のTwitterか?〉と反論 それはおまえらのことだ

 いやいや、あんた、会見で「うがい薬はコロナに効く」とはっきり言っていただろう。しかも「僕が感じたことを『間違いだ』と言われたら言いたいことが言えなくなる」って、自分が知事だってことをわかっているのか。

 あんたが民間人なら、感じたことをいくらでもしゃべればいい(それでもSNSなどで間違いを口にしたら、批判されるのが普通だが)。しかし、行政の責任者が「僕が感じたから」とエビデンスのないことをしゃべっても許されるのなら、それこそ学校で語られている社会常識や科学的事実がひっくり返って、社会は大混乱に陥ってしまう。ましてや、これは人の健康や生命に関わる話なのだ。間違いだと指摘されるのは当然ではないか。それを、「言いたいことが言えなくなる」とは……。

ネットでは、この珍発言に「言いたいことも言えない、こんな世の中じゃ〜」と歌った反町隆史か!というツッコミが相次ぎ、先日の「イソジン吉村」に続き、ネット上では「ポイズン吉村」と呼ばれている。

 松井市長も同様だ。映画評論家の町山智浩氏がツイッターで〈ワクチンができても維新信者はイソジンでがまんしてね〉とドヤ顔会見に突っ込んだのに対し、〈これが、メディアで影響力のある人のTwitterですかね?〉と噛みついたのだ。

「メディアで影響力のある人のTwitterですかね」というセリフはそっくりそのまま、吉村知事と松井市長にお返ししたい。

 自治体の首長という権限も影響力も絶大な公職にある者が、どれだけこれまでテキトーな発言やツイートをしてきたというのか。さらに、今回は午後のワイドショーに合わせ会見を開き、健康や人命に関わる問題でデマまがいの発表をしたのだ。どっちが問題なのか。誰が考えてもわかるだろう。

デマを煽った『ミヤネ屋』の罪 『ひるおび!』は吉村知事を生出演させ「希望が持てる」

 しかし、情けないのは国内メディアだ。ネットでは吉村知事の会見直後から発表に疑義が呈され、批判の声が圧倒的だったが、当日のワイドショーは会見を垂れ流し。「“コロナ”治療 効果が期待」とテロップで煽った『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)は論外としても、ほかの番組も「まだ実証はされていない」とエクスキューズをつけるのがせいぜいで、研究結果などと到底呼べない段階での杜撰な発表で、大混乱を引き起こしていることの責任を追及することはほとんどなかった。

 6日放送の『ひるおび!』は、すでにデタラメが明らかになっているのに、吉村知事をリモート生出演させ、「希望が持てる」「素晴らしい方向性」などと褒めそやしていた。

 ワイドショーだけではない。会見翌日5日の読売新聞「編集手帳」では、吉村知事を〈頼もしい〉と持ち上げた上で、問題のイソジン会見についても〈もちろん大規模な研究で効果を確かめる必要はあるが、時を争う現状の危機を踏まえての呼びかけだろう〉〈吉村亭の品書きに一つ、新メニューが加わった〉などと評価したのだ。

「トイレットペーパー品薄デマを拡散」などと言って一般人の投稿は晒しあげ、職場で処分されるまでに追い込んでおきながら、首長という責任重大な立場にある者の、デタラメ言動には「間違っている」と明確に指摘することもその混乱の責任を追及することもできないメディア……。

 こんなことは、民主主義先進国ではあり得ないことだ。たとえば、4月にアメリカのトランプ大統領がコロナの治療法として「消毒液注射」や「体内への太陽光照射」など医学的根拠ないことを発言した際には、メディアは一斉に事実ではないと明確に否定した上で、批判。つい先日も、Facebookがトランプ大統領の「子どもはコロナにほぼ免疫がある」という趣旨の投稿を、偽情報が含まれているとして削除するということがあった。

 日本のメディアは、普段から、為政者の一方的な発表や言い分を「事実」のように報じる悪癖があるが、命や健康に関わる問題で医師や専門家から明確な間違いを指摘されても、いつもの両論併記的な扱いをする。

 アメリカの国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、長年のHIV研究の経験からワクチンに過度な期待をするべきではないと早くから警鐘を鳴らしている。目の前の検査体制や医療体制を支援・整備することをせず、「ワクチン」や「治療薬」に飛びつくというのは、まさに維新らしい反知性主義のあらわれだ。

 会見直後の記事では、ようやく吉村知事の化けの皮も剥がれてきたとお伝えしたが、日本メディアはまだ騙されたままのようだ。維新と維新をもてはやすメディアを放置していたら、冗談でなくわたしたちの命が脅かされる事態になりかねない。

最終更新:2020.08.07 02:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「ヨードうがい薬」実験のずさんな実態が判明! 吉村知事は「言いたいことも言えなくなる」と抗弁し“ポイズン吉村”と失笑のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヨードうがい薬吉村洋文大阪新型コロナウイルス松井一郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
5 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
6 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 ローラへのバッシング報道の裏側
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 X JAPAN、TAIJIの死の謎
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
15 黒歴史!封印されたドラえもん
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
18 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄