三浦瑠麗がヘイト規制の討論で「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」 反論されると「ほとんど読んでないので」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
三浦瑠麗がヘイト規制の討論で「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」 反論されると「ほとんど読んでないので」の画像1
「リテラ」も禁ずるべきと発言した三浦氏(『AbemaPrime』より)


 安倍首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の疑惑でも、相変わらず「メタ目線で中立的な知識人」のフリをしつつ政権を擁護している三浦瑠麗氏。最近、何か賢しく論じようとして逆に無教養と御用っぷりを晒すのがパターン化してしており、Twitterでは「またか」との失笑すらされている。

〈桜を見る会が中止に。おそらく「国民感情」への配慮。時の権力者が催す宴には「なぜあいつが呼ばれた」になりがち。全ては国民感情次第ということなのでしょう。
 でも大手メディアからも沢山招待されて皆さん楽しんできたんですよ。今わかったことではない。総数や予算は今後検討課題になるでしょう。〉(三浦氏のツイート、11月14日)

 税金を使った私物化と公選法違反さえ指摘されている総理大臣の疑惑を、上から目線で「呼ばれていない人の嫉妬」に矮小化するあたり、この“自称・国際政治学者”の底の浅さがあらためてわかるというものだろう。ちなみに、自分は嬉々として「桜を見る会」に参加しているのだが。

 そんな三浦サンだが、ちょっと前、『AbemaPrime』(AbemaTV)で本サイト・リテラに言及したらしい。まあ、私たちも三浦氏の全出演番組をチェックするほど暇ではないので、そんなことは露ほども知らなかったのだが、以前から彼女の言説の問題点や中身スカスカっぷりについて、実例をあげて分析・検証してきたのにはちょっとした自負もある。

 おそらく、またぞろ得意の“三浦論法”でリテラをディスりでもしたんだろうなあ、と予想しつつ、片方で、これまで公開してきた論評記事へ生産的なレスポンスをしたのかも……そう、1ミリだけ期待しながらビデオを視聴してみた。

 それは、11月11日放送の『AbemaPrime』でのこと。「ネトウヨはどのような人!? 根底にある思想とは?」と題して、先日の首里城火災で「世界文化遺産を燃やした犯人は朝鮮半島人or在日朝鮮人」などというヘイトデマがSNSで広がったことを取り上げながら、ネトウヨことネット右翼を特集した。

 番組は、ネトウヨ的投稿を毎日大量にリツイートしている人にも取材。「在日特権」のデマを信じているこの匿名の人物は、嫌韓投稿の内容が事実かどうかを確かめることなくリツイートしているという。確認するのは「過激な見出し」のみで、リツイートを押すのにわずか50秒足らず。番組では「ヘッドライン読み」と紹介されていた。

 その後、スタジオには三浦氏のほか、「元ネトウヨ」文筆家の古谷経衡氏、「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏、ドワンゴ代表取締役社長の夏野剛氏、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が登場。差別言辞やヘイトデマを拡散するネトウヨの“実像”についての討論が始まった。

 その中盤あたりで、「ネトウヨは無視するべき」「とりあげなくていい」と主張する夏野氏に対し、元ネトウヨ雑誌編集長の古谷氏が、保守系雑誌や出版の世界でも嫌韓嫌中のヘイト言説が広がっていることをあげて反論。「差別は表現の自由ではない」との立場を明確にするのだが、一方の夏野氏は「陰謀論も山ほどあるわけで、まあ、右から左までいろんなものがいっぱいある」などと主張した。

 いや、ネトウヨによるヘイトスピーチが議題になっているのに、なぜ陰謀論だけに話を絞り、「右から左まで」と話をズラすのか、ちょっと理解できないが、ここで待ってましたとばかりに三浦サンが出てきて、「だから結局、本当に名誉毀損だったらバンバン訴えて高額の賠償金とればいい」と言いだす。すると、即座にひろゆきから“人種に対する名誉毀損は法律上難しい”とのツッコミが入るのだが、三浦サンはどういうわけか「それはね、別問題」と断言したうえで、こんな持論を展開するのだ。

「だけど、やっぱ優先度でいくと、まず個人の名誉毀損と、あるいは物理的脅迫とか感じるような状況に関してはそうなんだけど、ただ、その表現の自由の場合、たとえばおっしゃるような出版物ってときね、結局、『保守速報』禁じるんだったら『リテラ』も禁ずるべきですよね」

ヘイトから話をそらす夏野剛に同調し三浦瑠麗が「リテラと保守速報はほぼ同じ」

 ン? 「保守速報」って、あの有名ネトウヨまとめサイトのこと? ネトウヨの掃き溜めで、在日コリアンに対するヘイトデマをばらまき、裁判でも「差別」に認定され、損害賠償を命じられたあの保守速報のことか……って、えっ!? 「保守速報禁じるんだったらリテラも禁じるべきですよね」って三浦サン、コレ、どういうことよ。さすがに頭が混乱してしまうが、その後の流れはこんな感じだった。

古谷「いや、僕はそう思わないけど」
夏野「いや、普通に考えたらそうだよね」
三浦「私は、デマ度合いでは」
夏野「デマ度合いでは一緒だから」
三浦「デマ度合いは一緒なんで」
古谷「え、ちょっと待ってください。保守速報と? え?」
ひろゆき「個別のメディアの話はいいじゃない」
古谷「いや、ちょっと。保守速報とリテラ同じなんですか?」
三浦「まあほぼ同じですね」

 おい、まったく違うわ。っていうか、三浦も夏野も「普通に考えたら同じ」とか「デマ度合いでは一緒」とか、いったい何をもってそんなことを言っているのだろう。

 たしかに、本サイトも誤報を出してしまったことがないわけではないし、その姿勢や口調は新聞やテレビのような忖度メディアと違って、厳しく激しい一面はあるかもしれない。しかし、意図的にデマを拡散したことなんて一切ないし、誤報を犯した場合はきちんと謝罪をしている。立ち上げから5年経つが、名誉毀損での訴訟を起こされたことも一度もない。

 というか、その批判対象は政治家や官僚、大企業、メディアなどの権力、あるいは三浦サンや夏野サンみたいな権力の御用文化人として世論を誘導している人たち、そして差別を垂れ流しているネトウヨなどに限っている。

 ましてや韓国人や中国人、在日外国人を一括りにして差別を扇動するヘイトデマを発するなんて論外だ。リテラは、むしろ、韓国人や中国人、在日外国人を一括りにして差別を扇動するヘイトデマを発するデマ情報を厳しく批判し、ネトウヨや産経新聞などのヘイトデマ、フェイクを暴く記事をたくさん送り出してきた。

 それを、差別でPVを稼いでいる保守速報のようなまとめサイトと一緒にされるとは。断じて容認できない。本気で抗議したいくらいだ。

 だが、番組の討論を続けて見ていると、もはやそんな気も失せてしまった。「保守速報を禁じるのだったらリテラも禁じるべき」と主張する三浦氏に、古谷氏が「なんで?」と尋ねるのだが、それに対する三浦サンの返しが、あまりにも呆れるものだったからだ。

ひろゆきにまで「読んでないで同じだと言うのはちょっと言い過ぎ」と批判された三浦瑠麗

 古谷氏と三浦氏のやりとりをきちんと書き起こしておこう。

古谷「なんで?」
三浦「それは信頼性のあるソースではないオピニオン記事で、いろんなうがったもの垂れ流してるという意味では」
古谷「保守速報はまとめサイトで、リテラは一応、真偽はともかくオピニオンサイトじゃないんですか?」
三浦「いや、だから真偽だから。真偽で」(必死になって)
古谷「それはあなたが勝手に判断してるんですよね」
三浦「いや、これはねえ」
夏野「まあ、言ってることの本質はさあ、なんにしても、どっちもひどいですよ」
古谷「保守速報は賠償命令が出てて、リテラには賠償命令が出てないですよね。出てました?」
三浦「あのね、結局ね、10点なのか9点なのかみたいな話したときに、どのくらい私、保守速報とか、まあリテラとかっていうのはほとんど読まないので」
古谷「読んで批評してくださいよ」
ひろゆき「読んでない状態で同じだとか言うのはちょっと言い過ぎだと思う」
三浦「じゃあひろゆきも保守速報とリテラは」
ひろゆき「僕はリテラも保守速報も詳しくないから、どういうメディアであるっていうのをこういう場所で断言すべきではないと思ってます、自分が詳しくないから」

 ひろゆきが「なのでこの話してもしょうがないです。三浦さんのその発言は調べてないで言っちゃったってことで、次の話に行ったほうがいい」と話題を変えたのだが、それにしても三浦サン、マジで笑わせてくれるではないか。

 リテラを「ほとんど読んでない」のに保守速報と同じって、それこそ、中身をろくすっぽ確認せずヘッドラインだけ見てヘイトデマをリツイートするネトウヨそのもの。おそらく、ネット上で「リテラは左の保守速報!」なんて喚いているネトウヨのカキコミを鵜呑みにしちゃったらしい。そんなリテラシーで国際政治学者を自称する肝っ玉。恐れ入るとしか言いようがない。

 しかも、リテラのことを(読んでないのに)「信頼性のあるソースではないオピニオン記事で、いろんなうがったもの垂れ流してる」とは、コレ、まさに“ブーメラン”ってやつだろう。

「阪神大震災の瓦礫から北朝鮮の迫撃砲」のヘイトデマを拡散した三浦瑠麗

 まさか忘れたわけではあるまい。三浦氏といえば昨年2月、『ワイドナショー』(フジテレビ)で“北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでおり、とりわけ大阪が危険だ”という発言をして大炎上。これは明らかに「大阪は在日が多い」という前提で「在日朝鮮人=北朝鮮のスリーパーセル」と想起させ、在日差別を助長・扇動する発言。実際、この発言の数カ月後の大阪地震でネット上に流れたヘイトデマのなかにはそれ以前の震災には見られなかった「スリーパーセル」という言葉が散見されるなど、現実にさらなる差別を引き起こしている。その差別性だけでもヘイトを繰り返すネトウヨとなんら変わらない。しかも、この三浦発言、本サイトが明らかにしたように、無根拠のデマと呼ぶべきシロモノだった。

 簡単に振り返っておくと、この三浦氏の“スリーパーセル”発言には一般だけでなく研究者らからも大きな批判の声があがったのだが、三浦氏がその「反論」として出してきた主たる「ソース」は、Wikipediaでも「潜在的に信頼ができない」として引用を禁止、あるいは注意喚起されている「デイリー・メール」などの英タブロイド紙。その他に「根拠」としてあげたものも、公安が予算獲得目的にもちだしている古い話の焼き直しか、テロとは関係のない情報収集活動や非合法経済活動についての解説でしかなかった(過去記事https://lite-ra.com/2018/02/post-3799.html)。

 その後、再反論した三浦氏はさらに馬脚をあらわす。三浦氏は“阪神淡路大震災時に倒壊した瓦礫から北朝鮮のスリーパー・セルが所有していた追撃砲が発見されたことがあった”などと追加で言い出したが、これについても本サイトは、当時、震災の取材にあたった在阪ジャーナリストの「在日やアジア系外国人に関する差別デマはいくつか耳にしたが、迫撃砲発見となんて話はデマとしても一切聞いたことがない」といった実名証言などを紹介。三浦氏が根拠にしたと思われるのは、震災から12年も後の読売新聞の北朝鮮核問題報道に出てくるほんの数行の記述にすぎず、しかもそれ自体根拠もディテールもない伝聞でデマの可能性が極めて高いものだった(過去記事https://lite-ra.com/2018/02/post-3808.html)。

「信頼性のあるソースではないオピニオン」「いろんなうがったもの垂れ流して」いたのはまさに、自分のことではないか。

 いや、それだけではない。三浦センセイは2018年の「正論大賞」新人賞「正論新風賞」というやつを受賞しているのだが、その主催の産経新聞や系列の夕刊フジがどれだけ信頼性のないソースでヘイト記事や為にするフェイク情報を垂れ流してきたと思っているのか。リテラのことをあれこれ言うなら、その前に産経を批判して受賞を拒否すべきだろう。

 それを、あんなフェイク極右メディア主催の賞は喜んでもらっておきながら、「読んでない」はずのリテラを名指したのは、結局、安倍政権をフォローする「国際政治学者」としてもてはやし、守ってくれる保守論壇とは違って、本サイトが三浦サンの無教養やカンチガイっぷりを厳しく批判しているからなのではないか。

 いずれにしても、改めてハッキリしたことがある。それは、三浦瑠麗という人物が、実際のところ、記事の見出ししか読まず、ネットの風評を鵜呑みにして、ものごとをエラソーに語っているという呆れた事実だ。もはや、「ヘッドライン読み」でヘイトデマをリツイートしまくるネトウヨ同然。メディアもいい加減に知識人扱いするのをやめたほうがいいのではないか。

最終更新:2019.11.27 02:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

三浦瑠麗がヘイト規制の討論で「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」 反論されると「ほとんど読んでないので」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AbemaPrimeAbemaTVひろゆきネトウヨフェイクヘイト三浦瑠麗保守速報古谷経衡夏野剛編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 葵つかさが「松潤とは終わった」と
2 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
5 三浦瑠麗が「医者はワイドショー見てコロナ怖がりすぎ」と医療従事者を嘲笑!
6 つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
9 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
10 卒アル写真で未来はわかるのか
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
13 防衛省の情報操作計画はデマじゃない!入札企業に「目的は世論工作」と説明
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
16 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
17 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
18 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
19 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
20 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄