さんざん北朝鮮危機を煽り続けた安倍首相が「平昌五輪があるから大丈夫」発言! 北危機を政治利用する安倍こそ危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
さんざん北朝鮮危機を煽り続けた安倍首相が「平昌五輪があるから大丈夫」発言! 北危機を政治利用する安倍こそ危険の画像1
首相官邸HPより


 2017年も残すところあと数日となった師走。日本漢字能力検定協会の公募で決まる「今年の漢字」が「北」に決定したことは記憶に新しい。他方、23日付の毎日新聞と産経新聞に掲載されたこの短い記事を読んだ人は、どのくらいいただろう。

〈安倍晋三首相は22日、都内の会合であいさつし、今後の北朝鮮情勢に関連し「基本的には(来年2月に)平昌冬季五輪があるから、大丈夫だ。緊張状態はあるが、韓国に行く分には(安全面で)何の問題もない」との認識を示した〉 (産経新聞より)

 ようするに、安倍首相は、北朝鮮情勢について、来年に韓国で平昌五輪が開催されるから「渡航は何の問題もない」、つまり当分の間は北朝鮮の攻撃はない、と明言したのである。

 いや、ちょっと待ってほしい。なぜ、平昌五輪が開催されるからといっていきなり北朝鮮危機が問題なくなるのか。平壌五輪じゃなくて、平昌五輪だよ? 北朝鮮は五輪に参加するかどうかもいまだ不明なのに? いったいこの人は何を言っているのだろうか。

 だいたい安倍政権は、北朝鮮のミサイル発射が繰り返された今年、「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙はこれまでにない深刻かつ重大な脅威」などと、まるで明日にでも戦争が始まるかのごとく“北朝鮮危機”を煽りに煽ってきた。先の解散総選挙も、政治的空白を方々から指摘されながら、“大義ない解散”を「国難突破」などと言い張って強行したではないか。

 それが、選挙が終わって国会が閉幕したとたん「問題ない」ときた。ようするに“北朝鮮危機”なるものは、安倍首相の都合でどうとでもなるらしい。まったく、唖然とするほかないだろう。

 一応言っておくが、これは国際情勢の変化とか、水面下での交渉が奏功しているとか、そういう話では決してない。

北朝鮮危機を煽る一方、花見、お友だちと会食、フィットネスに美術館と遊び三昧だった安倍首相

 事実、今年の2月から繰り返された北朝鮮によるミサイル発射実験のたびに、安倍政権は世論を煽動しながら、「すべての選択肢がテーブルの上にある」として軍事行動も辞さない構えを見せるトランプ米大統領に一貫して追随。国際社会が戦争回避と対話の重要性を訴える一方、安倍首相だけは「トランプ大統領の姿勢を高く評価」「強い決意でいままでとは違う強いレベルの圧力をかけなければならない」などと叫び続けてきた。

 同時に、政府は「弾道ミサイルが、日本に落下する可能性がある場合──」なるテレビCMを流したり、全国瞬時警報システム「Jアラート」を発動させたりと、メディアも巻き込んだ“北朝鮮協奏曲”の指揮棒を振っていた。本サイトは、これらは森友・加計学園問題で支持率が急下落した政権の浮揚が目的だと早くから言い続けてきたが、そのとおりに安倍政権は支持率を回復し、野党のゴタゴタに乗じた解散で、圧倒的な勝利をおさめるに至った。

 ところがどうだ。今回の「渡航は問題ない」発言だけでなく、振り返ってもみれば、これまでも安倍首相は“北朝鮮危機”を煽動している張本人でありながら、実際にはその傍らで、芸能人と仲良く交流を深めたり、趣味を楽しんだりと、悠々とした生活を送っていたのである。

 たとえば4月、国会で「北朝鮮はサリンを(ミサイルの)弾頭に付けて着弾させる能力を保有している可能性がある」とドヤ顔で宣言した翌週の15日、この日は故・金日成主席生誕105年記念日の軍事パレードが行われた日だったが、一方の安倍首相は、芸能人や著名人をかき集めて行う毎年恒例の「桜を見る会」を開催。出席者のももいろクローバーZのメンバーらと一緒に「ゼーット!」ポーズを披露したかと思えば、その後は成蹊小学校時代の同級生らと食事を楽しみ、さらに夕方からは昭恵夫人とともに恵比寿に場所を移し、人気の一軒家ビストロで増岡聡一郎・鉄鋼ビルディング専務や服部秀生・セイコーインスツル執行役員ら“お友だち”と舌鼓をうった。

 その翌日の16日の午前6時台、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射した。発射自体は失敗に終わったが、安倍首相は公邸に出向くでも会見を開くでもなく、午後まで私邸でのんびりと過ごし、13時に私邸を出たと思えば、出かけた先は六本木の高級ホテルのフィットネスクラブだった。そこで安倍首相は夕方16時までたっぷり汗をかいて、その後は六本木ヒルズ内で開催中だった「大エルミタージュ美術館展」で絵画鑑賞を楽しんだ……。

北朝鮮危機を煽る安倍首相の手法は、戦前ファシズムの再現だ!

 結局のところ、今年一年、安倍首相が煽り立ててきた“北朝鮮危機”というのは、政権浮揚のための“ミサイルの政治利用”でしかなかったのは明らかだろう。もちろん、国際社会を無視する北朝鮮の行為は強く批判されねばならない。だが御都合主義的に、あるときは「これまでにない深刻かつ重大な脅威」などと喧伝し、あるときは「問題ない」などとしれっと言ってのけるのは、まさに自分のことだけを考えている証左、国民軽視にほかならない。

 しかも最悪なのは、安倍首相がトランプと一緒になって、やはり、自分たちの都合で北朝鮮へ戦争を仕掛ける可能性まであることだ。実際、トランプは4月にシリアへの電撃的なミサイル攻撃を行ったが、これは低迷する支持率浮揚のための行動だったと専門家からも指摘された。

 周知のとおり、トランプ政権は歴史的低支持率を記録しており、今後、シリア攻撃のケースと同じく、トランプが目先の数字回復を願って北朝鮮への先制攻撃に出る可能性はゼロではない。そのとき、安倍首相に「NO」と言うつもりがないのは、先の国会で質問されたときに事実上の無回答だったことが示している。

 冒頭で触れた「今年の漢字」に「北」が選ばれたという一件は、それだけ安倍政権による“北朝鮮危機”の宣伝戦略が奏功したことの裏返しでもある。

 昭和史研究の第一人者である作家・保坂正康氏は、戦中ファシズム体制の完成期といわれた1940年と今年2017年の類似性を比較検証する論考を「サンデー毎日」(毎日新聞社)11月5日号に寄せている。そのなかで、安倍首相が北朝鮮の脅威をあおる“手法”について、保坂氏はこう喝破する。

「実はファシズム第一期は、外敵を必要以上につくりあげ、国民をあおり、そしてナショナリズムの高揚から始まっていく。昭和初年代の満州事変以後、二・二六事件のころまでのファシズムはまさにそうだった。安倍首相は間違いなく第一期の手法を採り、北朝鮮の脅威を口にし、ナショナリズムをあおっている。それに対抗する勢力はそれが読めずにコマのようにただ回っているだけなのである」

 あえて言うが、本当に恐ろしいのは、北朝鮮のミサイルではなく、それを自分の都合で政治利用し、世論を操作している、安倍晋三という名の宰相ではないのか。この一年を冷静に振り返りながら、よくよく考えてもらいたい。

最終更新:2017.12.28 10:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

さんざん北朝鮮危機を煽り続けた安倍首相が「平昌五輪があるから大丈夫」発言! 北危機を政治利用する安倍こそ危険のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
3 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
4 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
8 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
9 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 神社宮司が日本会議や神社本庁を批判
12 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
13 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
17 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
19 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
20 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
1 GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
10 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
11 「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
12 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
13 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17 小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
18 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
19 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
20 槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄