ジャニーズタブーは健在! ジュニアが風俗嬢に本番強要、性的暴行を告発されるも、マスコミは一切報じず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ジャニーズタブーは健在! ジュニアが風俗嬢に本番強要、性的暴行を告発されるも、マスコミは一切報じずの画像1
光文社「フラッシュ」3月7日号

 中居正広と美人振り付け師の熱愛が報じられ、大きな話題となっている。ここ数年独身キャラを演じていた中居が6年も同棲していたという意外性もあるが、それ以上に意外なのがスクープしたのがジャニーズ御用雑誌である「女性セブン」(小学館)で、いつもならジャニーズのスキャンダルは一切無視するスポーツ紙やテレビも後追い報道をしたことだ。昨年のSMAP騒動以降、ジャニーズタブーが崩れつつあるのではないか。そんな見方も流れている。

 しかし、残念ながら、依然としてジャニーズタブーは強固に存在する。ジャニーズタレントがとんでもない事件を引き起こしていたことが発覚しているのだが、この間芸能メディアは一切無視している。

 この事件を報じた「フラッシュ」(光文社)3月7日号によると、ジャニーズJr.で俳優・京本政樹の一人息子・京本大我が風俗嬢に暴行を働いたうえ、本番行為を強要したというのだ。記事によると、京本の行為はかなり卑劣なものだ。

 記事によると、京本が、新宿に拠点を置く性感マッサージから、女性を派遣されたのは昨年12月のことだった。この店は男性からのお触りは禁止で、女性が全身をマッサージして、そのあと手で“ヌク”というもの。しかし京本はマッサージの途中、女性に無理やりフェラチオをさせ、さらに本番行為を強要したというのだ。しかも「フラッシュ」には20代の被害女性自身が、その一部始終を赤裸々に告発している。

〈太もものあたりをマッサージしている際、彼が急にガバッと起き上がって……。いきなり頭を手で押さえつけられると、無理やり口で……。頭をガンガン乱暴に動かされ、とにかく苦しかった〉 
〈ワンピースを脱がされてパンツ一枚にされ……。「え? 何してるの?」と聞いても、無言で体を倒されました。そして無理やり……〉

 女性はその際、逆らったら暴力を振るわれるのでは、との恐怖を感じ、コンドームをつけることを懇願するのがやっとだったという。その後、女性は友人や家族にもそのことを相談できなかった。だが、1カ月ほどしてようやく決心し、店に事情を話した結果、京本はこの店に出入り禁止になったという。

 もしこれが本当なら、これは単に風俗店でのルール違反などというものではなく、レイプ行為の疑いさえある。しかも、女性本人がメディアの取材を受けての具体的な告発であり、実際、ジャニーズ事務所も「フラッシュ」の取材に対し、性交渉や強要は否定したが、出張マッサージ店に行ったことは認めている。しかし相変わらず、ワイドショーを始めとする芸能マスコミは、これを一切無視したままだ。

 昨年、やはり二世タレントの高畑裕太がレイプ容疑で逮捕された際、マスコミは連日のように大報道を繰り広げたが、それと比べれば今回の扱いはあまりに不公平だろう。高畑はその後不起訴になったが、しかし現在でも芸能界を追放されたままだ。

 こうしてジャニーズタレントの不祥事や暴力沙汰が発覚するたびに繰り返される、マスコミのジャニーズ事務所への“配慮”と隠蔽。

たとえば記憶に新しいのが昨年5月に発覚したHey! Say! JUMPの中島裕翔の痴漢事件だ。泥酔した中島が路上で女性会社員に抱きつき、上半身を触り、警察も駆けつける事態となったこの一件だが、しかしほとんどのマスコミはこれを無視。さらにその後も何のお咎めもなく、中島は予定通りフジテレビのドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』の主演をつとめた。また2014年、山下智久が器物損壊の疑いで書類送検された際も、マスコミは「捜査書類を“送付”」などと言葉をすり替え、事件を小さく見せようと必死だった。古くは元SMAPの木村拓哉、稲垣吾郎や草なぎ剛の警察沙汰など挙げていけばキリがないほどだ。

 さらに今回、注目すべきは相手が風俗嬢だったということだろう。昨年末、嵐の松本潤の“二股”スキャンダルが報じられたが、このときに浮上したのが歴代のジャニーズタレントがAV女優を“性処理”の道具として扱ってきた習慣と歴史だった。自殺したAV女優のAYAを櫻井翔以外の嵐のメンバー4 人が“共有”していたとされる件、V6の森田剛と美雪ありす、最近もHey! Say! JUMPの伊野尾慧とAV女優の明日花キララとの三股交際……。ジャニーズ事務所のタレントたちがAV女優に対し、一人の女性ではなく、単なる遊び相手、性処理係のごとくに扱っていたケースは枚挙にいとまがない。

 本サイトではその背景には、恋愛に関し厳しく律する事務所に対し、タレントたちがAV嬢を真剣な恋愛ではなく、手軽な性処理相手として扱っていることを指摘しているが、こうした意識はもちろん、後輩たちにも伝播し共有される。つまりジャニーズタレントたちの性産業に従事する女性への蔑視が、京本の風俗嬢を物扱いするような態度、ひいては今回の事件を引き起こしたのではないか。

 しかもジャニーズタレントたちの数多くのスキャンダルを、テレビやスポーツ紙は一切後追いすることなく、すべて葬り去られてしまった。こうしたメディアの弱腰や無批判な事なかれ主義こそが、「何をやっても大丈夫」とジャニーズタレントたちを増長させ、女性を「性の捌け口」、まるで物のように扱うという非道な行為を繰り返させているのではないか。

 ジャニーズの不祥事に目を背け続ける芸能マスコミは、ジャニーズタレントたちのこうした犯罪行為の共犯者であることを自覚すべきだろう。
(林グンマ)

最終更新:2017.11.21 03:43

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズタブーは健在! ジュニアが風俗嬢に本番強要、性的暴行を告発されるも、マスコミは一切報じずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズタブー林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
2 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
3 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
4 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
5 菅首相の激怒でNHK『NW9』有馬キャスターが降板か! 菅側近がNHK攻撃
6 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
9 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
10 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
13 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
14 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
17 『荒川強啓デイ・キャッチ!』終了の不可解、聴取率好調なのに
18 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
1 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
4 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
5 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
6 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
7 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
8 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
9 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
10 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
11 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
12 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
13 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
14 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
16 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄