石原真理がASKAとキムタクの意外な接点を暴露! 清原も通っていたあの有名な医師に2人とも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asuka_01_141021.jpg
ASKAセルフカヴァーアルバム『12』(ユニバーサル・シグマ)

〈Askaさん、10年間、、いえせめて3年間は準備に掛けて欲しかったです。そして盗聴被害内容も明らかにした方が良いです。警察さん、話も聞いてあげて!〉(原文ママ)

“お騒がせ女優”として知られる石原真理(旧芸名・石原真理子)が覚せい剤取締法違反で逮捕されたASKAについてこんなブログをアップ。ちょっとした話題になっている。

 その内容は〈ASKAさんは私のブログを見ていられたのだと思いました。私により勇気を得て告発されたのですね〉などといった意味不明な記述も多く、ネットでは、もっぱら「石原さんこそおかしい」などとネタとして消費されているのだが、しかし、その石原のブログのなかにちょっと気になる記述があった。それはこういうものだ。

〈阿片や大麻、蔓延させてきた裏社会の沫殺を願います。──ところであのクリニックのH元医師なる人物(ブログでは実名)はどうされました? 玉置は行っていましたよ。Smapの木村君もね。── 一応事実まで。〉

 石原がなぜ、唐突にH医師の名前を出したかというと、ASKAの最初の覚醒剤逮捕のときに元主治医として話題になった人物だからだろう。ASKAは逮捕前、覚醒剤使用を否定して「アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方されていた」と釈明していたが、これを処方したのがH医師だった。H医師自身も情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ)に出演し「アンナカを処方したのはわたしなんです。やっぱり、作曲は長くなるし、アンナカは目を覚まさせるからね」と語っていた。

 しかも、H医師が関わっていた薬物事件の関係者はASKAだけではなかった。 H医師は“ニンニク注射”の開発者であり、そのニンニク注射を通じて数多くの芸能・スポーツ業界人の御用達医師として知られていたが、「女性セブン」(小学館)2014年7月3日号にはこう記されている。

〈そして注目すべきは、前述したASK容疑者だけでなく、酒井法子(43才)、押尾学(36才)など覚せい剤や違法薬物で逮捕された人物、さらに番長・清原和博(46才)のように薬物使用疑惑が報じられた者までも、H医師(記事では実名・以下同)を頼っていたということだ。〉

しかし、今回、石原はその薬物事件の際にクローズアップされた医師のもとへ自分の元恋人である玉置浩二、さらに〈Smapの木村君〉も通っていたと書いたのだ。

 しかも、これは石原の妄想などではない。かつて、H医師自身が「女性自身」(光文社)02年5月21日号でこう語っている。

「木村くんは、5年前から、疲れた時や、風邪気味の時などに、連絡をもらって、深夜でもロケ地やスタジオに出向いては、にんにく注射をしています。木村くんに打っているのは、巨人の清原和博選手と同じにんにく100個分のもの。木村くんは仕事に対し真摯で、妥協を許さない人だから、体調管理にはとても厳しいですね」

 もちろん、だからといって木村が薬物を使用している、などということはないだろう。

 前出の「女性セブン」の記事によれば、H医師の芸能人の顧客は他にも〈戸田恵子(56才)、岸谷五朗(49才)、津川雅彦(74才)、伊原剛志(50才)といった役者たち、さらに、中村勘三郎(享年57)や市川猿之助(38才)ら歌舞伎界、そしてコロッケ(54才)、ダウンダウン・浜田雅功(51才)など〉多数いたし、薬物で逮捕された人物たちがH医師のもとに通っていたのも、むしろ、シャブを止めるためだったのではないか、とも言われている。「週刊文春」(文藝春秋)14年6月26日号には関係者のこんなコメントも掲載されていた。

「H氏は金を持っているVIPに対してはどんなリクエストにも気軽に応えてくれる便利さがあった。ASKAさんの“シャブ抜き”も手伝ったのではないかと噂されています」

 しかし、芸能人もマスコミもみんながジャニーズ事務所に怯え、凍りついているなか、平気でこういう危ない話題でキムタクの名前を出せてしまうというのは、さすが石原というしかない。芸能マスコミにもこの十分の一でも勇気を発揮してもらいたいのだが。
(林グンマ)

最終更新:2016.12.02 08:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

石原真理がASKAとキムタクの意外な接点を暴露! 清原も通っていたあの有名な医師に2人とも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
2 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
3 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
4 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
5 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
7 吉村洋文知事は5月に30本のテレビに出演していた
8 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
10 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
11 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
12 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
19 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
20 大島に出産放映焚き付けたのは出川?
1 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
14 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄