“色ボケ”北野武が数億円の別邸を愛人に贈与!? 大物芸能人は晩年、なぜ“プロ彼女”にハマるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takeshi_1_140713.jpg
オフィス北野ホームページより


 ついに、そうなってしまったか。かねてから17歳年下の愛人との関係が報じられてきた北野武だが、今度は愛人のために資産価値3億円といわれる別邸を譲る準備に入ったらしい。

 現在、たけしは本妻・幹子さんとの家庭ではなく愛人であるチカさん(仮名、52)と世田谷区高級住宅街にあるたけしの別邸「等々力ベース」で同棲生活を送っているが、「FLASH」(光文社)8月16・23日号が「追跡! 北野武 最後の女」と題して報じたところによれば、この「等々力ベース」をたけしが個人的に買い取るという不可解な不動産取引を行ったという。

 これには少々説明が必要だろう。そもそもたけしに17歳年下の愛人の存在が発覚したのは今から2年ほど前、「週刊文春」(文藝春秋)2014年7月17日号が「カミさんに全財産渡してもいいから別れて、彼女と一緒になりたい」とたけしが猛烈に入れ込むチカさんの存在をスクープしたことだった。さらにその1年後、今度は「女性自身」(光文社)15年11月17日号で、チカさんがたけしから与えられていた超高級マンションを引き払い、「等々力ベース」で同棲生活を始めているとの報道がなされている。

「等々力ベース」は160坪の土地に2階建ての建物だが、これまで土地の所有はたけしと妻・幹子さんの夫婦共有、建物は個人事務所「北野アソシエーション」(代表・幹子夫人)名義だった。ところがその権利関係に異変が起こったという。

「昨年9月に(「等々力ベース」の)土地、建物ともにたけしが個人で買い取った。現在等々力ベースはたけし個人の名義になっている」(芸能関係者のコメント、「FLASH」より)

 北野家の所有物件のほとんどは個人事務所か夫妻の共有名義だが、その中で「等々力ベース」だけをたけしは個人的に買い直し、たけしだけの名義にしたのだ。その理由について「FLASH」にはこんなコメントが掲載されている。

「ここだけを個人名義にしたのは、ゆくゆくはチカさんに等々力ベースを遺したいと思っているのではないか」(芸能関係者のコメント)
「たけしさんの名義になれば、将来この土地・建物をチカさんに贈与・売却するのも自由ですし、遺言でチカさんに遺すこともできる。彼女に財産を譲ろうとしていることは大いにありえます」(弁護士のコメント)

 確かに、当初からたけしのチカさんへの執着は尋常ではなかった。妻に全財産を渡してでも離婚したいと周囲に語っただけでなく、その後も『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABC朝日放送)では、愛人を連れてナインティナインの岡村隆史と食事に行ったという話や、「『私に命を懸けてもいい』ってテレビで言えってうるさいんだよ」などというのろけ話を公然と語ったほどだ。そして遂に愛人に遺すための不動産売買まで──。

 いったいなぜ、たけしは60歳を超えてこれほどまでに愛人に入れ込んでしまったのか。

 たけしといえば、これまでにも数多くの愛人を作り、多くの女性と浮き名を流してきた“浮気常習犯”ともいうべき存在だ。しかし、その軌跡をたどると、どんな相手と恋愛関係になっても、本妻と別れるという話にはならなかった。むしろ、愛人と呼ばれる女性たちに、かなり身勝手でひどい扱いをしてきた。

 その筆頭が「フライデー襲撃事件」の発端となった愛人・Rさんだろう。今から30年前の1986年、当時20歳の女子大生だったRさんがたけしの別邸に足しげく通う写真が「フライデー」(講談社)9月5日号に掲載された。その取材のやり方に激怒したたけしは、10人の軍団を従え「フライデー」編集部に殴り込みをかけ、駆けつけた警察に逮捕される。この事件はマスコミの取材のあり方を問う社会的な問題に発展したが、たけしはRさんと別れることはなく、90年頃にはRさんとの間に子どもをもうけて一時は夫婦同然に親子3人で暮らしていた。

 だが、たけしは本妻と別れるどころか、Rさんとの間の娘を認知さえしなかった。そして、その後も次々と新たな愛人を作っていった。94年には細川ふみえのマンションに通っているところを写真に撮られ、2002年には自分の映画に出演させていた女優の大家由祐子との不倫同棲を「フライデー」02年3月22日号に報じられた。しかも、マスコミに発覚したのはほんの一部で、それ以外にも星の数ほど愛人が存在したといわれている。

 ただ、たけしはその間も本妻の幹子夫人だけでなく、Rさんとの関係も続けていた。たけしは細川ふみえとの交際が報じられた直後にバイク事故を起こしているが、リハビリでオーストラリアに向かった時もRさんの姿があったし、大家由祐子との同棲が報じられた際も、本妻とRさんに出張土産を渡していた姿がキャッチされている(本人ではなく同乗の運転手が、だが)。

 こうした妻と愛人の関係についてたけしは自著『愛でもくらえ』(祥伝社)でこう語っている。

「愛人とかみさんと、その序列を考えてみたりする。序列というか、オレは順番っていうんだけど。(中略)どう考えたって、オレのおねえちゃんのほうが女としてはいいんだから。若いし、いい子だし。だけど違うんだよな、かみさんとは。かみさんを捨てるわけにもいかない。それが順番だとおもっているから」

 隠し子を産んだRさんと結婚しなかったのも、その娘を認知しなかったのも、こうしたたけしなりのルール(?)があったからだが、この“順番を守る”という意識は正式な妻だけでなく、愛人に対しても同じだった。だから新しい愛人ができても、昔の愛人との関係は切らずに、ずっと面倒を見続けてきた。

 ところが、チカさんに出会って、たけしはその序列、関係を変えてしまう。「全財産を渡してでも(チカさんと一緒になる)」と言い出し、長年の愛人Rさんとの関係も絶ってしまった。

 チカさんの存在が発覚した当時、本サイトの取材に応じたあるたけしの知人は「財産についても、実は奥さんに全額なんていう話ではなく、絵画の権利などについては愛人のRさんに譲ると言い出している」と語っていた。絵画から「等々力ベース」という不動産に変わったものの、この計画は実行されつつあるということだろう。

 ここ数年、やしきたかじんの『殉愛』騒動や、高倉健の養女問題、死の直前に入籍した宇津井健の遺産問題など、何人もの著名人、多くの人々から慕われる大物芸能人が晩年になって出会った女性の存在がもとで、その死後、大きなトラブルに発展する事態が続いている。

 繰り返すが、彼らのほとんどは、これまで多くの女性と浮き名を流してきた恋愛のマイスターたちだ。それが晩年になって周囲が困惑するほどひとりの女性にハマってしまう。これはいったいなぜなのか。

 それはおそらく、彼らが老いてもなおプライドを捨てられないからだろう。肉体や知力の衰えは容赦なく進行しているのに、外では大物然とし、弱い姿を見せられないでいる往年のスターたち。そこに、自分を甘やかし、叱ってくれる母親のような女性が現れる。若い頃には見向きもしなかったような女なのに、この女の前では弱い自分をさらけだせると男は思い込み、どんどんハマっていく。

 しかし、女はもちろん本物の母親ではないし、もっと冷静だ。彼女たちは擬似的な母=息子関係のなかで、男を支配し、実利も独占状態となり始める。その結果、死後に葬儀や遺産をめぐり兄弟や親との争いが起きる。

 そして、たけしもまた、このパターンにどんどんハマっているように見える。もっとも、そうなったとしても、これは最後まで女をひとりの人間としてみることなく扱ってきた身勝手で自分本位な男たちの自業自得。せいぜい晩節を汚していただきたい。
(林グンマ)

最終更新:2016.08.09 02:02

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“色ボケ”北野武が数億円の別邸を愛人に贈与!? 大物芸能人は晩年、なぜ“プロ彼女”にハマるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし愛人林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
2 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
3 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
4 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
5 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
6 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
7 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
8 菅義偉“史上最悪”の総裁選出馬会見! 望月衣塑子には質問妨害
9 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
10 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
12 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
13 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
14 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
17 「日本学術会議」菅首相が会見を開かずグループインタビューで批判封じ
18 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
19 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
20 鶴保庸介に重大「政治とカネ」疑惑!
1 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
4 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
6 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
8 日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
9 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
10 菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11 菅首相と河野太郎行革相が学術会議を「行革対象」にして違法人事介入を正当化
12 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
13 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄