高級寿司にローストビーフ…安倍首相が番記者と国民の税金を使って忘年会! 癒着マスコミは恥ずかしくないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shushoukantei_01_160109.jpg
国民の税金で番記者とどんちゃん騒ぎした安倍首相(首相官邸HPより)


 酒は飲み放題、高級寿司にローストビーフ──昨年末、官邸で安倍首相が総理番記者とこんな“忘年会”を行ったらしい。しかもコレ、資金が国民の血税だというのだから、開いた口がふさがらない。

 昨年12月25日の午後6時ごろから、首相官邸の地下2階に総理番記者が集い、安倍晋三首相や萩生田光一、世耕弘成ら側近議員と「懇談会」を行った。板前がトロやイクラなどの高級寿司を握り、シェフがふるまったローストビーフは「とろけるような」味わい、安倍首相の前に記者が列をなして、スマホで写メまで撮るほどの懇ろぶりだったという。

 言うまでなく、メディアの使命は“権力の監視”だ。にもかかわらず、安倍首相の一挙手一投足に注視しておかねばならない総理番記者までもが、これほどまでに官邸にとりこまれているとは……。呆れて物も言えないとはこのことである。

 そもそも、安倍政権は、新聞社や通信社、テレビキー局の幹部・論説委員などとの会食を、歴代内閣でも突出して頻繁に行ってきた。もちろん一人あたりの予算数万円という高級店で、である。

 たとえば、昨年の“忘年会シーズン”も、安倍首相は大メディアの幹部クラスと仲睦まじく「会食」をおこなっていた。たとえば、12月4日には東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」で“マスコミ接待会食”を開催。参加したのは、朝日新聞の曽我豪編集委員、毎日新聞の山田孝男特別編集委員、読売新聞の小田尚論説主幹、日本経済新聞の石川一郎専務といった大手新聞社の重鎮に、安保法制をめぐる報道で安倍首相をアシストしまくっていた時事通信の田崎史郎特別解説委員や、「スシロー」こと島田敏男・NHK解説副委員長と、本サイトでもおなじみのメンツ。また、日本テレビの粕谷賢之メディア戦略局長の名もあった。もっとも、彼らが安倍首相と会食をするのは初めてではなく、ネットや海外メディアでは激しい批判の声もあがっていた。にもかかわらず、性懲りもなく繰り返しているというのは完全に感覚が麻痺しているということだろう。

 もちろん、経営トップとの会食も欠かさない。第二次安倍政権発足後、わかっているだけでも、読売新聞の渡邉恒雄会長、産経新聞の清原武彦会長、熊坂隆光社長、日経新聞の喜多恒雄社長、毎日新聞の朝比奈豊社長、共同通信の石川聡社長(当時)、福山正喜社長、時事通信の西沢豊社長、フジテレビの日枝久会長、日本テレビの大久保好男社長、テレビ朝日の早河洋会長、吉田慎一社長、そして朝日新聞の木村伊量社長(当時)など、ほとんどの新聞社、通信社、テレビ局トップががっちりと組み込まれている。

 こうした安倍政権によるマスコミ幹部の“会食漬け”は、いまや誰もが知るところだが、第一線で安倍首相の動静を伝えている現場記者までも接待漬けだったとは。頭から手足までこのザマ。大マスコミはいったい誰のために報道しているのか、白い眼で見ざるを得ないだろう。

 そして、なんといっても驚くべきは、この“番記者忘年会”の費用が“官邸もち”だったという事実だ。実は、この忘年会を報道した「日刊ゲンダイ」が首相官邸に取材したところ、「懇談会にかかる経費は全て国費で賄っております」と答えている。ようするに、国民が汗水垂らして収めている税金で、タダ飯タダ酒のどんちゃん騒ぎをしていたのである。

 以前本サイトの記者が、安倍首相とマスコミ関係者の会食について首相官邸に取材した際には、「どなたがお支払いしているかはわかりかねます」の一点張りで、私費か公費か、あるいは機密費なのかという質問にも「そういったことはお答えする立場にありません」と門前払いであった。ところが、今回、官邸はゲンダイの取材に対して「全ての記者懇を国費でやっている」と認めているのだ。この調子だと、幹部クラスとの会食費の出どころも、非常に怪しいと言わざるをえない。

 いずれにせよ、われわれの血税が政権の“マスコミ対策”に費やされているという事実は、厳しく追及されるべきだろう。しかし、やはりというべきか、この「日刊ゲンダイ」の報道を後追いする新聞・テレビ報道は皆無。国民を裏切って飲む酒はどんな味がするのか、連中に問いただしてみたいものである。
(宮島みつや)

最終更新:2016.01.09 09:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

高級寿司にローストビーフ…安倍首相が番記者と国民の税金を使って忘年会! 癒着マスコミは恥ずかしくないのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ安倍晋三宮島みつやの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
2 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
3 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
10 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
11 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
12 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
13 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
18 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
19 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
20 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄