伊勢谷友介が勝間和代がタイプと発言! でも実生活はDV…長澤も広末も狂う心の闇とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
iseyayuusuke_01_150620.jpg
モテ男の伊勢谷友介だが実は…(「Men's JOKER」ベストセラーズ/15年2月号)

 現在公開中の映画『新宿スワン』につづき、今月27日からは『天の茶助』が公開される伊勢谷友介。吉田松陰役として出演したNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』は不調ながら、伊勢谷が代表を務める社会活動団体・リバースプロジェクトで松陰の松下村塾を復活させるなど、俳優業以外でも精力的に活動しているようだ。

 一方、プライベートでは、古くは1999年に広末涼子とのバイク2人乗りデートが報じられたのを皮切りに、浜崎あゆみ、吉川ひなの、常盤貴子、木村佳乃などの女性たちと浮き名を流してきたが、長澤まさみとの破局以降、とんと噂も聞こえてこず。そんななか、現在発売中の「GINGER」(幻冬舎)7月号では理想の女性についてインタビューで回答。なんと、理想のタイプは勝間和代だと話している。

「僕がかなり理屈っぽいので(笑)、女性も同じように理屈っぽいぐらいの人のほうが好きですね。対等に物事を語り合える人がいい。『私、わかんな〜い』とか『これ可愛い〜♥』みたいな話しかできない人とは正直、苦手です(笑)。中身的には、勝間和代さんみたいな論理的に対抗できる女性が理想です!」

 たしかに、先日『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した際も、パン好きの若手女優・大野いとがクロワッサン型のイヤリングを付けていたのを、すかさず伊勢谷は「耳にクロワッサン付けて素敵って思う気持ち全くわからん」とダメ出し。大野が「前世はフランス人だったと思う」と言えば、「そうね、フランス人だね」と白けた調子で腐し、有吉の役目である毒舌を自ら引き受けはじめていた。それは伊勢谷のSっ気が露わになった瞬間でもあったが、大野のパン語りには論理が感じられなかったのかもしれない。

 しかし、じつは伊勢谷の恋愛・結婚観だって論理的には矛盾している。たとえば、前述のインタビューでは結婚願望について問われ、「本音としては、“結婚して子供を産むことが正しい”という今の世の中の風潮にちょっと疑問を感じていて」と回答。社会活動家らしく、生きていくのが大変な環境にある子どもと養子縁組する選択肢について言及し、「今ある価値観の幸せだけでいいのか、みんなと同じ幸せでいいのか、“考えること”はとても大事なことだと思うんです」と話している。

 もちろんここまではいいのだが、問題は、弱点を訊かれて「掃除や洗濯を面倒くさがることです(笑)」と言い、こうつづけていることだ。

「女性と対等に論じ合いたいと思う反面、そばで飯を作ってくれたり家事をしてくれることにものすごく愛情を感じてしまう、そんなもうひとりの自分がいます」

「今ある価値観の幸せだけでいいのか」「考えることが大事」と言いながら、かたや家事を愛情表現だと言って女に押し付ける。それこそ古い価値観じゃないの?と矛盾を感じるが、そもそも女に理知的であることを求め、さらには家事までしっかりやれなんて、理想のハードルが高すぎやしないだろうか。

 しかも、自分は論理的な人間であることをアピールする伊勢谷ではあるが、過去にはDV疑惑がもち上がったこともある。それは長澤まさみとの交際がスクープされた1カ月後、2013年4月に「週刊文春」(文藝春秋)が掲載した「長澤まさみの新恋人 伊勢谷友介はサディストだった!」という記事が発端だ。

 この記事では、伊勢谷の元恋人だという現役の芸能人女性・Aさんが日常的に伊勢谷からDVを受けていたとし、彼女の関係者や知人の証言によれば、Aさんは伊勢谷との結婚まで考えていたものの、断念したのは伊勢谷の暴力があったからだという。目が赤く腫れるまで顔をぶたれたり、顔はまずいと思ったのか足を蹴られるようになった話や、サバイバルゲームが趣味の伊勢谷が部屋の中でもエアガンでAさんを撃つこともあったなど、その内容はかなりショッキングなものだった。

 また、Aさんだけではなく、伊勢谷と1年近く交際したというモデルのBさんも伊勢谷からDV被害に遭っており、この事実を知ったBさんの親は激怒。最後は数百万円の慰謝料が支払われたというが、伊勢谷から逃れるために留学したBさんに、伊勢谷は復縁を迫るために海外まで追いかけてきたのだという。こうしたDV疑惑について記者にぶつけられた伊勢谷は、“半ばキレ気味に”「ああ、もう結構です!」と回答を拒否したと書かれている。

 もし、この報道が事実ならば、彼はなにか心の闇を抱えているようにも思えてくる。たとえば、伊勢谷と交際していた広末涼子にしても長澤まさみにしても、伊勢谷と別れた後、そろって奇行に走っている様子が報じられた。これはただの偶然なのか、それとも伊勢谷の闇が相手まで狂わせるのか……。ともかく、彼と付き合うのはたいへんなことであるようだ。
(大方 草)

最終更新:2018.07.22 10:01

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ドメスティック・バイオレンス 新版―男性加害者の暴力克服の試み (岩波ブックレット)

  • amazonの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

伊勢谷友介が勝間和代がタイプと発言! でも実生活はDV…長澤も広末も狂う心の闇とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢谷友介勝間和代大方 草広末涼子長澤まさみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
2 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
3 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
4 安倍がインスタで星野源とのコラボ動画アップもコメント欄に批判殺到
5 中居がすべらない話でJのタブーに!
6 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
7 安倍「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者、買収罪に相当
8 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
9 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
12 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
13 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
14 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
15 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
16 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
17 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
18 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
19 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
20 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
12 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
13 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄