「いつまでキムタク? 俺はもう飽きた」加齢キムタクに実の父親が衝撃のダメ出し発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_150603.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


「拓哉は金太郎飴ですよ。何の役をやっても『キムタク』だよね」

『アイムホーム』(テレビ朝日系)で父親役という新境地に挑んだものの苦戦中の木村拓哉。そんな俳優・キムタクにこんな強烈なダメ出しをした人物がいる。

 木村秀夫氏66歳。そうキムタクの実父だ。キムパパは5月29日発売の「FRIDAY」(講談社)の直撃取材になぜか対応。少年時代の息子の反骨の様子やジャニーズデビューの経緯を語っていくのだが、特に“現在の役者”キムタクに対しては大きな危機感を抱いているらしい。こんな辛辣で容赦ない評価を下すのだ。

「だから私は稲垣吾郎クンや草彅剛クンのようにいろんな役ができたほうがいいと思います。今は昔みたいに石原裕次郎のような絶対的ヒーローがいて、みんなが満足する時代じゃない」
「今でも彼なりに自分は本物だと思っているだろうけど、私は彼に落ちるところまで落ちて欲しい。それでもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ。周りから『こういう役じゃないとマズい』と気を遣われるのではなく、ファンから『嫌なヤツ』と思われるような汚くてズルい役をやってほしい」

 ジャニーズタブーの前に、誰も決して言えないことをさらっと言ってのけるキムパパ。もちろん身内でしかできない芸当だが、キムパパの話はさらに核心に迫っていく。それが“加齢問題”だ。

 ここ数年、キムタクだけでなく、SMAPメンバーたちの加齢が密かに話題になっている。例えば昨年、総合司会を務めた『27時間テレビ』(フジテレビ系)で水泳大会に挑んだメンバーたちだが、その衰えを隠すためか水着は期待された肉体披露はなく短パンの上に上半身を半袖で隠すという残念な姿だった。現在ではライザップで肉体改造に成功した香取慎吾も当時のお腹はぶよぶよ。しかもその動きは全般的に鈍く、岡村隆史とビーチフラッグ対決をしたキムタクは、まさかの敗北を喫している。また肝心の総合司会でも、ほぼ睡眠も取れない状態からか、まさに“体力の限界”といった様子で、お肌の調子も最悪といった惨状だった。

 そんなSMAPの加齢問題だが、なかでもキムタクは最年長組の42歳。それに対しキムパパはこんな苦言を呈したのだ。

「42歳にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。
俺は飽きた(笑)。潰れたら潰れたでいいんだよ。まあ、彼の周りがそうさせないようにしているんだろうけどさ」
「キムタクに飽きた」

 あまりに的確なキムパパの指摘だが、そこにはもちろん親心がある。キムタクから脱皮できずあがく息子。同じような役しかやれない、いや、周囲の期待から許されない。周りがキムタクを辞めることさえ許さない。そんな姿を見たくないというのが本心なのだろう。

 過去、本サイトでもSMAPの加齢について何度か取り上げてきた。その際、“中年”SMAPとして生きる道があるはずなのに、それを本人達も周囲も許さない状況があると指摘してきた。

 SMAPは40代となった現在でも、あくまで加齢イメージを懸命に打ち消し“現役感”を全面に打ち出す演出しか許されない。

 こうした指摘、危惧が図らずも息子を思うキムパパと重なったということだが、しかし現役感にこだわるあまり、逆にその衰えを不様に聴衆に見せつけてしまった一件が最近でも起こってしまっている。

 それが今年3月30日に放映された『SMAP×SMAP スマスマ初のスター大運動会』(フジテレビ系)だった。この際SMAPメンバー5人での50メートル走が行われたが、キムタクはまさかの4位と惨敗に終わったのだ。しかもトップを走っていた中居正広がコケたためにかろうじて4位だったものの、そうでなければ最下位だった可能性さえあった。

 これはキムタクにとっても“許せない”ことだったらしく、明らかに憮然とした表情で、後日、4月3日の『木村拓哉WHAT'S UP SMAP』(東京FM)でも前日朝の4時半まで酒を飲んでいたからという苦しい言い訳さえしたほどだ。

 加齢という問題に加え、サーフィンをこよなく愛すスポーツマンイメージも崩れかねない事態だが、これも50メートル全力疾走などというアイドル的なイベントをやろうとした結果だろう。

 いや、体力的なことだけではない。これまでタブーとされてきたパパ役に挑んだということで注目を集めた『アイムホーム』も、肝心の家族は仮面をかぶっているという設定。演技もキムパパのいうように、いつものキムタク節そのままで、ほんとうの意味でのターニングポイントにはならなかった。

 もうキムタクはイタい“中年の元アイドル”になる前に、父親の言うように一度、落ちるところまで落ちたほうがいいのかもしれない。
(林グンマ)

最終更新:2015.06.03 12:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「いつまでキムタク? 俺はもう飽きた」加齢キムタクに実の父親が衝撃のダメ出し発言!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族木村拓哉林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
2 安倍首相がTwitterでも台風被害を無視しラグビーW杯に大はしゃぎ!
3 英軍ラグビーチームの靖国訪問にイギリスで批判殺到、大問題に!
4 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍官邸“望月衣塑子記者排除”をめぐり共同通信が忖度記事修正
7 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
8 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
13 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
18 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
19 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄