「いつまでキムタク? 俺はもう飽きた」加齢キムタクに実の父親が衝撃のダメ出し発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_150603.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


「拓哉は金太郎飴ですよ。何の役をやっても『キムタク』だよね」

『アイムホーム』(テレビ朝日系)で父親役という新境地に挑んだものの苦戦中の木村拓哉。そんな俳優・キムタクにこんな強烈なダメ出しをした人物がいる。

 木村秀夫氏66歳。そうキムタクの実父だ。キムパパは5月29日発売の「FRIDAY」(講談社)の直撃取材になぜか対応。少年時代の息子の反骨の様子やジャニーズデビューの経緯を語っていくのだが、特に“現在の役者”キムタクに対しては大きな危機感を抱いているらしい。こんな辛辣で容赦ない評価を下すのだ。

「だから私は稲垣吾郎クンや草彅剛クンのようにいろんな役ができたほうがいいと思います。今は昔みたいに石原裕次郎のような絶対的ヒーローがいて、みんなが満足する時代じゃない」
「今でも彼なりに自分は本物だと思っているだろうけど、私は彼に落ちるところまで落ちて欲しい。それでもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ。周りから『こういう役じゃないとマズい』と気を遣われるのではなく、ファンから『嫌なヤツ』と思われるような汚くてズルい役をやってほしい」

 ジャニーズタブーの前に、誰も決して言えないことをさらっと言ってのけるキムパパ。もちろん身内でしかできない芸当だが、キムパパの話はさらに核心に迫っていく。それが“加齢問題”だ。

 ここ数年、キムタクだけでなく、SMAPメンバーたちの加齢が密かに話題になっている。例えば昨年、総合司会を務めた『27時間テレビ』(フジテレビ系)で水泳大会に挑んだメンバーたちだが、その衰えを隠すためか水着は期待された肉体披露はなく短パンの上に上半身を半袖で隠すという残念な姿だった。現在ではライザップで肉体改造に成功した香取慎吾も当時のお腹はぶよぶよ。しかもその動きは全般的に鈍く、岡村隆史とビーチフラッグ対決をしたキムタクは、まさかの敗北を喫している。また肝心の総合司会でも、ほぼ睡眠も取れない状態からか、まさに“体力の限界”といった様子で、お肌の調子も最悪といった惨状だった。

 そんなSMAPの加齢問題だが、なかでもキムタクは最年長組の42歳。それに対しキムパパはこんな苦言を呈したのだ。

「42歳にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。
俺は飽きた(笑)。潰れたら潰れたでいいんだよ。まあ、彼の周りがそうさせないようにしているんだろうけどさ」
「キムタクに飽きた」

 あまりに的確なキムパパの指摘だが、そこにはもちろん親心がある。キムタクから脱皮できずあがく息子。同じような役しかやれない、いや、周囲の期待から許されない。周りがキムタクを辞めることさえ許さない。そんな姿を見たくないというのが本心なのだろう。

 過去、本サイトでもSMAPの加齢について何度か取り上げてきた。その際、“中年”SMAPとして生きる道があるはずなのに、それを本人達も周囲も許さない状況があると指摘してきた。

 SMAPは40代となった現在でも、あくまで加齢イメージを懸命に打ち消し“現役感”を全面に打ち出す演出しか許されない。

 こうした指摘、危惧が図らずも息子を思うキムパパと重なったということだが、しかし現役感にこだわるあまり、逆にその衰えを不様に聴衆に見せつけてしまった一件が最近でも起こってしまっている。

 それが今年3月30日に放映された『SMAP×SMAP スマスマ初のスター大運動会』(フジテレビ系)だった。この際SMAPメンバー5人での50メートル走が行われたが、キムタクはまさかの4位と惨敗に終わったのだ。しかもトップを走っていた中居正広がコケたためにかろうじて4位だったものの、そうでなければ最下位だった可能性さえあった。

 これはキムタクにとっても“許せない”ことだったらしく、明らかに憮然とした表情で、後日、4月3日の『木村拓哉WHAT'S UP SMAP』(東京FM)でも前日朝の4時半まで酒を飲んでいたからという苦しい言い訳さえしたほどだ。

 加齢という問題に加え、サーフィンをこよなく愛すスポーツマンイメージも崩れかねない事態だが、これも50メートル全力疾走などというアイドル的なイベントをやろうとした結果だろう。

 いや、体力的なことだけではない。これまでタブーとされてきたパパ役に挑んだということで注目を集めた『アイムホーム』も、肝心の家族は仮面をかぶっているという設定。演技もキムパパのいうように、いつものキムタク節そのままで、ほんとうの意味でのターニングポイントにはならなかった。

 もうキムタクはイタい“中年の元アイドル”になる前に、父親の言うように一度、落ちるところまで落ちたほうがいいのかもしれない。
(林グンマ)

最終更新:2015.06.03 12:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「いつまでキムタク? 俺はもう飽きた」加齢キムタクに実の父親が衝撃のダメ出し発言!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族木村拓哉林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
2 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
3 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
4 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
5 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
8 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
9 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
10 長渕剛のマスコミ批判に坂上忍が言い訳
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 安倍政権が財政審答申から「年金給付が想定より低くなる」削除
14 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
15 竹田恒泰『中学歴史 検定不合格教科書』は間違いと妄想だらけ
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
20 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄