YouTube、ゲーム、スタバ…あらゆるものに「依存症」をつくりだす仕掛けが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
izonsyou_150125.jpg
『依存症ビジネス 「廃人」製造社会の真実』(ダイヤモンド社)

 異物混入動画などを配信し、先日逮捕された19歳の少年。自分の動画が全国的に注目視されたことに何よりも興奮を覚え、日に日に増えていく再生回数を見届けては「俺は神以上の存在だ!」と叫びながら逃走を続けた。一度浴びた注目を維持し続けようとするためには手段を選ばず、「川崎のネカフェからです、捕まる前に10代で童貞喪失したいのでこれから堀之内にいってきます」などと異物混入以外にも頓珍漢な投稿を繰り返していた。

 一方、身柄が確保される前のワイドショーでは、心理学者が「社会との関係が希薄な人物では」と毎度のヌルい分析を続けていた。自分たちとは関係のない変わった人がこんなことをやっている、といういつもの筋書きで、視聴者に「(自分たちとは違う)アブナイ人が事件を起こしている」と実感してもらう手法が毎度のごとく繰り返されたし、逮捕された途端に「こんなおとなしい子が…」(産経新聞)と、犯人の意外な一面を見せるのも毎度の流れだった。

 注目を浴びることに快感を覚える少年、そして、視聴者の共感を浴びることに奮進するメディア、この2つはアプローチも目的も全く異なるけれど、デイミアン・トンプソン『依存症ビジネス 「廃人」製造社会の真実』(ダイヤモンド社)を読み、依存状態に陥らせるビジネスの実態を知ると、犯人もメディアもそのビジネスに絡めとられていたのではと疑いたくなる。注目を浴び続けたかった少年も、視聴率をとるためのテーゼを無節操に繰り返すメディアも、反復を重ねるうちに自分で自分の判断ができなくなる。とにかく、快感を数値(=再生回数・視聴率)で得ようとがむしゃらに突っ走るのだ。

 この本が指摘する依存症の例には、驚愕させられる。スマホを片時も手から離せない人が増えているが、スタンフォード大学が学生に向けて行なったアンケートではiPhoneを使用する44%がスマートフォン中毒に陥っているとの自覚を持っていると答え、さらに薄気味悪いことに、9%が「子どもやペットをあやすように、愛情を込めてiPhoneをそっと叩くことがある」という。iPhoneの電池の残量を気にする生活によって、iPhoneが「ある程度まで、1日の過ごし方を決めてしまう」「6時間以内にオフィスに戻りたがる」傾向が生まれているとする。

 買い物依存の快感は、もはや物欲というレベルではない。買い物依存の男性は、買い物の最たる興奮について「端末機がウィーンという音を立てるときだよ。本当にドキドキしてくる。正直言うと、その音を聞くと、勃起しそうになる」と語る。お店で服を見ている時に、レジから決済端末機の音が聞こえると、もうその服を買うことを心に決めている。カードで物を買いまくる興奮を、どうしたって抑えられなくなってしまったのだ。

 オンラインゲームの仕組みは「脳のハイジャック」。自分からゲームにハマるのではなく、依存性を知り尽くした作り手によって練り上げられた仕掛けに屈するようにゲームに没頭する。シリコンバレーに拠点を置くゲーム会社CEOの言葉が露骨だ。

「見えないところでシステムをいじって、ユーザーを惹きつけておくことができる。ぼくらは、負けが目立たないような環境、そして定期的にユーザーをやる気にさせるような環境をデザインする。そのあと、その環境に手を加えて、もっともユーザーを長くプレイさせる罰と励ましのコンビネーションを突き止めるんだ」

 フェイスブック、オンラインポルノ、危険ドラッグ、スターバックスのフラペチーノ……依存症を引っ張り上げるビジネスは、依存へと引きずりこむ方法を常に更新していく。シュールなのは、この依存症を脱するためのリバビリ施設や病院もまた、「依存症ビジネス」のひとつとして莫大な利益をあげ、中毒的ビジネスを展開しているということ。アメリカでは、アルコールや薬物などのリハビリ産業が約90億ドルの推定価値を叩き出しているが、その規模を更に大きくしようとするヘルスケア企業の各社は、「“リハビリ”という単語が検索エンジンに入力されたときに検索結果の上位に自社の名前が来るように、巨額を入札して競いあっている」という。依存症を打破させるための組織もまた、依存症にとらわれているのだ。

 19歳の少年は、自分の映像の再生回数に自分の興奮を司られていた。テレビ局に行けば、玄関付近には○○という番組が○○%の視聴率を取ったと騒ぎ立てているし、こういったWebサイトでもPV数やランキングが常に注視される。数値を稼ぐものに突き進む働きかけが止まらない中で、昨今、メンタリストを名乗る面々が人心掌握術を披露して人気を博している。私たちは、依存症の中にいることを諦めたかのようにも思える。

 この本を読むと、YouTubeもテレビもオンラインゲームもポルノもドラッグもフード業界も、同じ方法、つまり、依存体制を更新し続けて、人間の感性を蝕んでいることがわかる。どの媒体も「そんなあなたは異常ではないんですよ」と声をかけることを絶対に忘れない。19歳の少年に対する同情など微塵もないが、彼自身は「社会との関係が希薄な人物」でもないし、逆に「こんなおとなしい子が…」でもない。お決まりのパターンで事件が処理されていく一方で、欲望をかき立てられる装置はすくすくと育ち、或いは改良に改良を重ねて、ますます依存から抜け出せない装置に化けていく。著者が「史上最悪のビジネスモデル」と呼ぶ「依存症ビジネス」は、もはやそれぞれの中に忍び込んでいるのだ。
(武田砂鉄)

最終更新:2017.12.09 05:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

YouTube、ゲーム、スタバ…あらゆるものに「依存症」をつくりだす仕掛けがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。YouTubeスターバックス依存症欲望武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」招待の基準は安倍応援団とワイドショー!
2 即位祭典“エンドレス万歳”に「怖い」の声!「天皇陛下万歳」の戦前回帰
3 安倍の「桜を見る会」言い訳が酷い!「長年の慣行」「ホテルが」
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 「桜を見る会」で安倍首相があの小川榮太郎と開き直りトーク
6 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
7 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
8 安倍首相「桜を見る会前夜祭」会費5000円では無理!?久兵衛の寿司は…
9 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 エルサ=雅子皇后説まで飛び出した!『アナと雪の女王』論争振り返り
12 安倍首相「桜を見る会」中止で私物化問題の幕引き図るも新証拠続々
13 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
14 即位パレードで安倍首相が“天皇きどり”で窓を開けお手振り!
15 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
16 「大嘗祭」に秘密の儀式が!新天皇が寝座のある部屋に一晩こもり…
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄