百田尚樹守るの当然!『殉愛』問題で「WiLL」花田編集長が林真理子批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
will_01_141216.jpg
月刊誌「WiLL」(ワック)

「週刊新潮」「週刊文春」に続いて「FRIDAY」……本サイトが予告したとおり、週刊誌が一斉に百田尚樹氏の『殉愛』とさくら夫人の擁護キャンペーンを展開している。

 だが、どれも羊頭狗肉な代物でまともな反論にさえなっていない。そう考えると、「週刊文春」(12月11日号/文藝春秋)連載で林真理子氏が週刊誌のことを「ジャーナリズムなんて名乗らない方がいい」「誰が朝日新聞のことを叩けるのであろうか」と痛烈に批判した“まっとうさ”が際だつばかりだ。

 ところが、そんな林氏のコラムにいちゃもんを付ける出版人が登場した。元「週刊文春」の名物編集長で、今は百田センセイが頻繁に登場する極右雑誌「WiLL」(ワック)の編集長をつとめる花田紀凱氏だ。

「林真理子さんのコラムに異議あり」

12月10日、こんなタイトルの記事が「花田紀凱WiLL編集長のメディアあら探しメディアうらばなし」というブログにアップされた。

「林真理子さんには『週刊文春』編集長時代からお世話になってきたから、こんなことは書きたくないのだが、今回ばかりは書かずにはいられない」

 花田氏のブログ記事は林のコラムの書き出しを当てこするようなこんな記述で始まる、そして、「林さんは、実の娘が今回、出版差し止めの提訴をしたことを週刊誌もワイドショーもどこも取り上げないことがいたく御不満らしい」と皮肉たっぷりに紹介したうえでこう書くのだ。

「しかし、だ。林さんがこのコラムでも書いているように『週刊文春』では近く百田さんの連載が始まるし、『週刊新潮』は連載が終わって新潮社から本が出たばかりだ。『週刊現代』は発行元の講談社から大ベストセラー『海賊とよばれた男』を出している。」
「プラス、マイナスを総合的に判断した上で、書かないのは当然ではないか。わかりきった話だ」
 
 なんと、百田が生み出す利益を考えたら、批判を書かないのは当たり前だと言うのだ。そして「林さん、あなたはいつからそんなに偉くなったのか」と説教するのである。

 断っておくが、今回の問題は百田尚樹という作家による言論封殺事件であり、週刊誌ジャーナリズムの沽券にかかわる問題だ。ところが、元「週刊文春」編集長の花田サンの頭の中は商売優先。週刊誌が報道や言論の一翼を担っているという意識はほとんどないらしい。

 実際、花田編集長のこうした姿勢は自らの雑誌づくりでも垣間見えていた。そのひとつが編集長を務めている「WiLL」と原発の関係だ。

 先の福島原発事故が起きるまで、実は「WiLL」には毎号のように電力会社の広告が掲載されていた。また、「WiLL」の発行元である株式会社ワックの子会社ウィルアライアンスでは東京電力の広報物や展示製作を請け負っていた。

 原発事故のさなか、東京電力が勝俣恒久会長(当時)を団長とする「愛華訪中団」というマスコミ接待中国ツアーを行っていた事が発覚したが、このツアーには過去、花田編集長自身が参加していた。

 そして、こうした電力会社の利益供与に応えるように「WiLL」は露骨なまでの原発擁護の編集方針を打ち出していた。花田編集長自らが原発施設見学記を書くなど、原発がいかに安全かというPR記事を頻繁に掲載。逆に原発反対勢力を攻撃することもあった。

 福島原発事故が起きて、ほとんどのメディアが東電批判を展開するようになった後も、「WiLL」は申し訳程度に検証記事を1~2回掲載しただけ。本格的な東電批判は一切やろうとしなかった。

 花田氏にしてみたら、これも「プラス、マイナスを総合的に判断した上で」のことなのだろう。

 しかし、だからといって、こんなふうに開き直られたら、それこそ今、「WILL」が毎号のように大声でがなりたてている朝日新聞批判や侵略戦争・従軍慰安婦否定、嫌韓反中記事なども結局、花田氏にとっては「商売」でしかないのではないか、という疑念がわいてくる。

 いや、待てよ。もしかしたら、今回の百田擁護、林批判も、頻繁に自分の雑誌に寄稿してくれる飛ぶ鳥を落とす勢いのお友達・百田にくっついた方がずっと得、という商売上の判断なのか。

 いずれにしても、「WiLL」に載っている“憂国の主張”にはあまりまともにとりあわない方がよさそうだ。
(伊勢崎馨)


【リテラが追う!百田尚樹『殉愛』騒動シリーズはこちらから→(リンク)】

最終更新:2014.12.17 07:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

大原御幸 帯に生きた家族の物語

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

百田尚樹守るの当然!『殉愛』問題で「WiLL」花田編集長が林真理子批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨林真理子殉愛百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
2 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
3 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
4 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
7 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
8 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
10 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
11 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
12 横田滋さんの死で蓮池透さんが語った無念と危機感!
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
15 王将社長射殺事件と闇社会の関係
16 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
18 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
19 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
20 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
9 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
14 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15 安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
16 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄