鶴瓶も「赤旗」で護憲を主張! 芸能人・文化人の間で共産党が人気な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsurube_01_141211.jpg
笑福亭鶴瓶公式サイト「つるべ.net」より


 自民党の300議席超えという結果が濃厚になってきた衆院選。民主党をはじめとする野党はますます存在感をなくしていきそうだが、そんな中でひとり気をはき、大幅に議席を増やすことが予想されているのが日本共産党だ。

 民主党の体たらくや第二自民のような野党しかいない中で、安倍政権の集団的自衛権や原発再稼働、格差拡大政策に批判的な有権者の受け皿になっているということだろう。

 実際、昨年の都議会選でも共産党は倍以上の17人を当選させ、第3党に踊り出ているが、今回の衆院選でも倍増に近い結果にあるのではないかといわれている。

 そんなイケイケの日本共産党だが、一般の有権者だけでなく、芸能人や文化人の間でも評価の声が高まっているらしい。機関紙「しんぶん赤旗」を見ても、共産党員やシンパではない芸能人たちも登場して、憲法や原発、そして秘密保護法などについてかなり踏み込んだ発言をするケースが目立ってきた。

 最近も笑福亭鶴瓶が「しんぶん赤旗 日曜版」(11月30日)の「ひと」欄に登場し、憲法9条について触れ話題になった。

 インアビューでは、鶴瓶の師匠・六代目松鶴が85年に共産党の参院議員だった沓脱タケ子と対談したことに関し鶴瓶はこんなことを語っている。

「師匠はどちらかというと共産党に考えが近く、自民党には歯向かってたね」
「僕らの世代が戦争に行くことはないでしょうけど、僕の孫の世代が戦争へ行かされるなんて道理に合わない。日本は絶対憲法9条をなくしちゃいかんと思います」

 これまで一切政治的な発言をしたことのない鶴瓶が「赤旗」に出てこんな発言をするとはびっくりだが、こうしたタレントは鶴瓶だけではない。11月2日の同じく日曜版には女優の市原悦子が登場し、反戦の思いを語っている。

「戦争では、優しい父親が鬼と化す。何日も行軍して屍(しかばね)の道ができる。『生きて虜囚の辱(はずかしめ)を受けず』と心に植え付けられ、捕虜になることも許されない。(中略)戦争が始まれば、反対と口にできなくなる。だからこそ、『そうなる前に』と思うのです」
「安倍内閣が、集団的自衛権行使を容認しました。私は『国民の命と財産を守る』という主張に、すごく引っかかります。『じゃあ今までそんな政治をしてくれたの?』とまず尋ねたい。水俣病患者を救済していない、原発事故の後始末はまだ、基地問題も沖縄の人の気持ちをくんでいない。そんな人たちが美しいことを言っても信じられない。戦争につながる集団的自衛権の行使には賛成できません。憲法を守りたいのです」

 また9月28日には憲法全条文を暗唱することでも注目を浴び、『憲法主義』(憲法学者・南野森共著/PHP研究所)を出版したAKB48の内山奈月が登場している。内山はこの本を上梓するにあたり、憲法は人権を守り、国家権力を規制しているものだと考えるようになったという。

「南野先生は、憲法の解釈改憲についてのメリットとデメリットを私に教えてくださいました。(中略)国民一人ひとりがこの変更について、どのようなものかをきちんと考えて意見を持つことが大切なのではないかと思いました。内閣がしていることを国民が知らないということが、一番問題なのではないかと思います」

 さらに、ベテラン俳優の西田敏行も13年12月22日の同紙に登場し、戦争反対、そして原発について訴えている。

「僕も世の中はなんでこう戦火が絶えることがないのか、といつも思っているし、母は僕が子どもの頃から折に触れて、『人間が絶対しちゃいけないことの一つは戦争だ』と口癖のように言っていました。8月6日は広島に原爆が落とされた日なんだよとか。戦争というものは勝者も敗者も何も得るものはないんだという彼女の言葉は強く響いてますね」
「使用済み核燃料をどこに保管するのか、国の方からは何も見えてこない。本当にお手上げ状態です。(中略)それでも原発維持の方向なのか。われわれのリーダーたちは、われわれをどこに連れて行こうとしてるんですかと問いたいです」

 他にも映画監督の宮崎駿、作家の瀬戸内寂聴、室井佑月、高村薫、俳優の須賀健太、女優の渡辺えり、歌手の加藤登紀子、漫画家のちばてつや、やくみつるなどが次々と「赤旗」紙上で戦争や集団的自衛権反対を表明している。

 もともと「赤旗 日曜版」は文化欄が充実していて、タレントや作家がインタビューに応じることはめずらしくなかったが、具体的な政策などに関係する発言をするのは「色がつく」と敬遠されがちだった。

 実際、藤原紀香は昨年11月、4週に渡って「赤旗」に登場し、物議をかもしている。

「ニュースを知らないことは一番危険だし、知らない間に国の大切なことが決まるなんてことにならないように、ひとりひとりがその事を知り、判断し、意見を出していく。そんな世の中になればいい」

 藤原は「赤旗」でこんな発言をしたのだが、その少し前にブログで特定秘密保護法を批判していたことから、保守メディアを中心に藤原は共産党シンパだ、国会議員に転身では、などと報じられ、ブログで「赤旗では秘密保護法について語っているのではない」と釈明せざるをえない事態に追い込まれたのだ。

 にもかかわらず、こんなに多くの芸能人や作家が「赤旗」に登場し、政治的な発言に踏み込むようになったのはなぜなのか。繰り返すが彼ら彼女たちのほとんどは、共産主義者でも共産党支持者でもない。

 こうした背景にはおそらく、比較的リベラルな志向をもっている芸能人や作家の中で、安倍政権の政策に対する危機感が高まっていることがあるだろう。憲法改正や集団的自衛権行使などによる戦争への道になんとか警鐘をならしたい、そして最悪の原発事故を経てもいまだこれを推進しようという安倍政権の政策に対し、反対の意志を表明したい、そういう有名人が増えているのだ。ところが、メディアの側はそれこそ「偏向」といわれるのをおそれ、著名人に政治的な意見を表明する場を与えようとはしない。そこで、彼らが「赤旗」にその場所を求めるようになったということのようだ。

 もちろん、保守勢力が叫ぶように、共産党にも問題がないわけではない。党内の独善的体質は改善されたとはいえないし、かつて対立していた中国共産党と関係を修復して以降、中国に対する批判をほとんどしなくなったという問題もある。

 しかし、今の状況に危機感を持つ人々にとって、この政党しか選択肢がない、というのはまぎれもない現実なのだ。今はとにかく、タカ派保守陣営の言論支配、批判にめげることなく声を上げる芸能人・著名人が増えていることを素直に評価したい。
(野尻民夫)

最終更新:2014.12.11 05:42

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

鶴瓶も「赤旗」で護憲を主張! 芸能人・文化人の間で共産党が人気な理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。共産党選挙野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
2 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
3 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
4 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
9 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
10 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
11 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
12 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
13 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
14 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
16 安倍首相にマッチョ批判
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
4 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
12 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
13 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
18 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄