長渕剛の命令で坂道ダッシュ、息子に指懸垂…冨永愛が“長渕教”信者に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nagamuchitominaga_21_141031.jpg
アツいタッグである(上/長渕剛公式サイト 下/冨永愛公式サイトより)


 昨日、モデルでタレントの冨永愛が初の自伝『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓したことを、本サイトで紹介した。貧しく複雑な家庭で育ち、周囲への“復讐”を果たすためモデルになり成功する。そしてレイプを想像させるような衝撃的記述も取り上げた。 

 壮絶で、意外な冨永の人生。だが、もうひとつ意外なのはこの冨永自伝本で表現されるひとつひとつの言葉使いの力強さ、そして荒々しさだ。

「みな殺しにしてやる。今からわたしは復讐の旅へ出る」
「チクショー。ぶっ殺してやる。チクショー。今に見ていろ」

 だがそれも当然なのかもしれない。というのも本書をプロデュースしたのはあの長渕剛だからだ。「My Seif」などの長渕の歌が大好きだったという冨永は、今年になって自ら弟子入りを志願、師弟関係を結んだという。

「3年前、女優の熊谷真実を介して出会ったらしいんですが、今年になって冨永が『新しい自分に生まれ変わりたい』と弟子志願。冨永を長渕は自分の故郷・鹿児島に連れて行ったようです。そこで長渕は自らの“格闘技”トレーニングを冨永に伝授し、食事の改良や、ハードな体力トレーニングなど徹底的に鍛えたようです(笑)」(音楽ライター) 

 自伝本もこの“子弟合宿”から構想され、10月22日には自伝本を舞台化した同タイトルの冨永の1人芝居公演があったが、このプロデュースも長渕が担当している。

「殺すぞ!」「クソ野郎!」「死ぬ気でやれ」

 インタビューなどでこう連呼する長渕が、プロデューサーとして鎮座しているのだから、冨永の自伝の荒々しさも納得なのだ。

 ネットサイト「WWD JAPAN・COM」に掲載された2人の対談では長渕“師匠”の熱き思いや猛烈ぶりが語られている。

 長渕「あの冨永愛をプロデュースするっていうんだから、責任感は半端なかったし。軽い気持ちでは引き受けられないと思いました(略)『冨永愛が生まれ変わりたいらしいから手伝ってやってくれないか』って(仲間に)持ち掛けたんです。そして仲間達とまず彼女を連れて行ったのは、鹿児島の山の坂道。傾斜がきつい100mほどの坂道を皆と一緒に10本ダッシュで走らせました。その経験は、自分の人生を変えるため、自分が生まれ変わるために多くの仲間が一緒に苦労してくれていることを感じさせてくれたと思う」

 冨永「それから足に3キロの重りをつけてみんなで山頂まで登りました。(略)自叙伝を書き上げた時、長渕さんに電話しました。秋の晴れた日曜日で、空が青くて綺麗で、『私、幸せです。』って。『この自叙伝が私のすべてだ』って思いました」

 その心酔ぶりは相当なもので、育児や教育論まで長渕に相談。現在は空手を始めた長男を長渕に直接指導してもらっているようだ。先日、冨永が坂本美雨のラジオに出演した際は、息子が空手の大会に負けて長渕が怒り、“指懸垂”をさせたというオシャレ系のラジオには似つかわしくないエピソードを披露し、坂本やリスナーたちを困惑させていた。

 長渕も同対談やスポーツ紙のインタビューの中でこう語っている。

「彼女と息子さんを見ていて、子が母を想う気持ち、母が子を想う気持ちが伝わってきて、亡くなった自分の母親を思い出したりしたね」
「愛ちゃんの怒り、憂いといった陰の部分が人間臭く、僕の琴線に触れたんです」

 都内でも2人がいっしょにいる姿がひんぱんに目撃されており、もちろん自伝本の宣伝でも長渕が寄り添う。さらに冨永は長渕のオフィスと業務提携を結んだことも発表している。

 こうしたエピソードを見ていると、頭をよぎるのが冨永は長渕の愛人ではないのかという疑惑だ。

「長渕は作品でのめり込むと、共演者にまでのめり込む熱き男ですからね。妻の志穂美悦子も共演がきっかけで結婚し、その後95年にはやはり共演者だった国生さゆりとの不倫スキャンダルが報じられた。冨永も『もしや、愛人か』なんて囁かれていたんです」(芸能記者)

 しかし、結論からいえば、そんな下世話な関係は2人の間にはないようだ。というのも、冨永は長渕の妻や家族ともしょっちゅう行動を共にしているからだ。以前本サイトで紹介した長渕の「『an-an』インタビュー改ざん事件」のインタビューの際も、悦子夫人や娘が同席する中、冨永もまたファッションアドバイザーとしてその場にいた。3人は長渕が黙々とトレーニングする傍らで、仲睦まじくそれを見守っている姿も目撃されている。

 むしろ、幼少時、親の愛情に恵まれなかった冨永が長渕に父性を求め、すっかり“長渕教”の信者になってしまったというのが、正解だろう。自伝の最後で冨永は長渕へ最大の謝辞を送っている。

「『お前、今のまんまじゃ、ダメだ!! きちんと自分を振り返り、考えなさい!』と、その人、長渕剛さんは強く言ってくださいました」
「音楽家であり、日本の若者のために、ずうっと真摯に歌をつくりつづけてきた長渕剛さんとそのご家族のみなさまには、どれだけ感謝しても、し足りません」
 
 公私ともにすっかり洗脳されてしまった様子の冨永。このままいくと、“おしゃれ”と“コワモテマッチョ”が融合する、今までにないタイプのタレントになるのだろうか。
(林グンマ)

最終更新:2015.01.19 04:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

長渕剛の命令で坂道ダッシュ、息子に指懸垂…冨永愛が“長渕教”信者に!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマ長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
2 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
5 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
6 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
18 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
19 椎名林檎が「国民全員が組織委員会」
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16 五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄