2020安倍前首相の嘘とトンデモ発言総まくり(前編)

安倍前首相は「桜前夜祭」と「コロナ」でどんな“嘘”をついたのか 史上最悪の嘘つき総理ぶり全開、絶句するしかないトンデモ発言を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍前首相は「桜前夜祭」と「コロナ」でどんな嘘をついたのか 史上最悪の嘘つき総理ぶり全開、絶句するしかないトンデモ発言を振り返るの画像1
首相官邸HPより


 今年、連続在職日数が歴代最長記録を打ち立てた途端、辞職の意向を示した安倍晋三・前首相。だが、7年8カ月という長期政権に幕を下ろしても、いまだに全容解明にいたっていない疑惑、不正、問題が山積み。実際、辞任後には「桜を見る会」前夜祭問題で、ついこの前まで総理を務めた人物が東京地検特捜部に事情聴取を受けるという異例の展開となった。
 一方、当の本人はたったの約2時間、衆参議院運営委員会に出席しただけで「説明責任は果たした」と豪語。「年越しで国民はみんな忘れる」とでも考えているようだ。
 しかし、「前夜祭」問題のみならず、さんざん国民に平気で嘘をつきつづけた男を見逃すわけにはいかない。
 そこで、今年も本サイトでは、安倍前首相が2020年についた嘘に暴言、ありえない言い訳、ネジの外れたバカ発言、ヤジにいたるまで収集し、そのなかから厳選した12本を前後編にわたってご紹介する。
 最後の最後までバカ全開、嘘まみれ、そして無責任を貫いた“歴代最高のサイテー総理”の発言を振り返り、「忘れない年またぎ」にしていただきたい。

「私はですね、幅広く募っているという認識だった。募集してるという認識ではなかった」
1月28日 衆院予算委員会

 現在は東京地検の捜査により「前夜祭」にスポットがあたっているが、そもそも問題の発端は、安倍前首相の地元後援会がツアーを組み、「桜を見る会」に地元関係者を大量に呼び寄せていたという“公金を使った買収”疑惑にある。この日の国会でも日本共産党の宮本徹衆院議員が、安倍事務所が「桜を見る会」参加の案内状で、支援者の家族や知人、友人の招待も呼びかけ、申し込み用紙を〈コピーしてご利用ください〉とまで記載していた問題を取り上げ、“安倍事務所がこうやって幅広く募集していることをいつから知っていたのか”と追及。しかし、安倍前首相は「幅広く募ったが、募集はしていない」と言い出したのである。
 この、屁理屈でさえなく、言葉そのものをぶっ壊してゆくスタイルは、安倍政権を“継承”した菅義偉政権にも引き継がれ、最近も二階俊博幹事長が「飯を食うために集まっただけで会食ではない」だの、加藤勝信官房長官が「虚偽答弁の固定した定義は国会のなかにはない」だのと言い出す始末。安倍前首相による負のレガシーは、あまりにも大きいと言わざるを得ないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍前首相は「桜前夜祭」と「コロナ」でどんな“嘘”をついたのか 史上最悪の嘘つき総理ぶり全開、絶句するしかないトンデモ発言を振り返るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アベノマスクコロナ安倍晋三桜を見る会森裕子編集部菅義偉虚偽答弁辻元清美黒岩宇洋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
2 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
3 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
6 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
9 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
12 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13 貧乏人攻撃の田端信太郎とZOZOTOWN
14 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
15 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄