フジ・平井文夫解説委員が「特措法改正」問題でもデタラメ政権擁護! “フジのスシロー”と安倍首相夫妻の関係を物語る「2枚の写真」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
フジ・平井文夫解説委員が「特措法改正」問題でもデタラメ政権擁護! フジのスシローと安倍首相夫妻の関係を物語る「2枚の写真」の画像1
安倍昭恵氏Facebookより


 このところ「国会を開かない」安倍首相を必死で擁護している安倍応援団の田崎史郎氏。先日は、『ひるおび!』(TBS)でまったくデタラメな「国会を開いても意味がない」論を開陳して、元自治省官僚の片山善博元鳥取県知事から一刀両断されたが、昨日の同番組でも信じられない醜態を晒した。

 昨日は、「即刻、国会を開くべき」「コロナ特措法を改正して、休業要請に法的拘束力を持たせ、きちんと休業補償をつけるべき」と訴えている東京医師会の尾崎治夫会長が出演したのだが、田崎氏は「日本医師会の同意を得て発言しているのか」「政府でなく東京都に言うべき」などと、政府批判を封じる言いがかりとしか思えないような反論を連発。尾崎氏を呆れさせたのだ。

 だが、この田崎氏に負けていない御仁がいる。最近、アクロバティックな政権擁護で“フジのスシロー”として売り出し中のフジテレビ・平井文夫解説委員だ。31日の『バイキング』(フジテレビ)ではやはり尾崎会長の「即刻、国会を開くべき」「コロナ特措法を改正して、休業要請に法的拘束力を持たせ、きちんと休業補償をつけるべき」という主張が議題に上がったのだが、平井氏はこんなトンデモな擁護論を展開したのだ。

「実は5カ月前、3月の頭に安倍政権が特措法を最初に改正しました。そのときに尾崎さんが言っている、法的拘束力のある休業要請を安倍政権は盛り込もうとしたんですが、野党は反対し公明党も反対し自民党内からも反対が出てメディアもほぼ反対、つまり私権の制限は憲法違反であると反対したんで、やめちゃったんです」
「だから、この尾崎さんも、そのときに言えば良かったんです。5カ月前の時に、入れてくださいと言えばよかった」
「安倍政権もいまだに入れたいと思っているんですけど、立憲民主も国民も朝日新聞も権利の制限に賛成しますとは言わないんです。だから法律を出すのはいいんだけど出してみたら総論賛成、各論反対みたいなことになって、いつまでもまとまらないんです。結局、最終的に国会開いてみたら野党から文句ばかり言われたあげく、骨抜きの法律ができるのが嫌だから出さないんで、いま、言った人たちが賛成と言えばたぶん、安倍さんは国会開くと思います」

 なんと、安倍政権はもともと法的拘束力のある休業要請を盛り込もうとしたが、野党やメディアの反対で盛り込めなかったというのだ。

 言っておくが、これ、真っ赤な嘘だ。コロナ特措法というのは、安倍首相が民主党政権下でつくられた新型インフルエンザ特措法をそのまま適用したくないという極めて自分勝手な理由から、急ごしらえで改正したもの。国会の事前承認については多少議論があったが、法案作成や審議の間に政府や安倍首相が「法的拘束力のある自粛要請」を検討した形跡は全くない。

 しかも、安倍政権はいまも法的拘束力をもたせる特措法改正に慎重な姿勢を崩していない。3日、菅義偉官房長官は、自民党の新型コロナ対策本部で休業要請を強制的にやるべきという意見が出たことについて聞かれ、「私権の制約を伴うもので、休業要請の補償の在り方といった問題も必ず出てくる」と、否定的な見解を示した(時事通信8月3日)。全国紙の官邸担当記者もこう断言する。

「菅官房長官の発言は政権の姿勢そのものですよ。強制的な休業要請をすると、必然的に休業補償をせざるをえなくなる。しかし、安倍政権はとにかく休業補償をしたくない。だから、法改正に後ろ向きなんです。最近、世論の圧力に押されて、菅官房長官が『コロナ収束後に休業補償を特措法に盛り込むことも考えている』などと発言していましたが、あれも『収束後に』とごまかしているだけ。少なくとも、ここまで、政権内部や官邸が『法的拘束力をともなった休業要請と休業補償』を本気で検討したなんてことは絶対にない」

 平井解説委員は、安倍首相はいまも法的拘束力をもった休業要請を盛り込みたがっており、野党やメディアが賛成すればすぐにでも、国会を開くなどと言っているが、新聞報道すら読まずに口からでまかせをいいっているだけではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

フジ・平井文夫解説委員が「特措法改正」問題でもデタラメ政権擁護! “フジのスシロー”と安倍首相夫妻の関係を物語る「2枚の写真」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキング安倍昭恵平井文夫政権擁護田崎史郎編集部長州女の会の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
2 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
3 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
4 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
5 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
10 「演歌は日本の伝統」じゃない!
11 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
15 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
19 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
20 組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
11南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
12五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
13五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
14五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄