「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”だった! 国からそんな要請はなし 『翔んで埼玉』もびっくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

松井市長、吉村府知事の間違いを指摘できないメディアの弱腰ぶり

 吉村府知事は、昨日4つのライブハウスを訪れた人々によるクラスターを制圧したと胸を張っていたが、大阪では感染者との接触の有無にこだわって検査をしているためなのか、検査拒否も数多く報告されている。実際、日本医師会の調査では、医師が保健所にPCR検査を依頼して断られたケースがもっとも多かったのは大阪府だった。さらなる感染拡大が進んでいる危険性も考えられるというのに、市長と府知事がこんな初歩的な誤読をしたり、ツイッターバトルにうつつを抜かしたりって、相当やばくないか。

 メディアの責任も重大だろう。「大阪府と兵庫県の間の往来自粛」という非常に重大な施策を、市長や府知事の言うがままに、なんの検証もなく垂れ流している。昨晩から今日にかけて、この往来自粛要請をセンセーショナルに報じるメディアはいくつもあったが、尾辻議員が指摘したような疑問を呈するような報道はほとんどなく、誤読に基づいた誤った対策が放置されたままになっているのだ。

 実は昨日、松井市長、吉村府知事の会見に続いて、兵庫県の井戸敏三知事も会見を開いているが、井戸県知事は兵庫県民に対し「大阪府やそのほかの地域への不要不急の行き来」を控えるよう呼びかけている。吉村府知事に兵庫県をディスられたためか、対抗して「大阪府や」と付けてしまっているのでわかりにくくなっているが、ようするに吉村府知事が今日公開した文書にあったとおり、「兵庫県内外の不要不急の往来自粛」(不要不急の外出自粛)を呼びかけているのだ。

 しかも、大阪府の呼びかけが「20日からの3連休」に限っているのに対し、兵庫県では「3連休だけではなく、当面は次の専門家会議がある来週の火曜日まで」としている。どちらが、より厳しい対策か明らかだろう。ようするに大阪府は“やってる感アピール”のためだけに、「大阪・兵庫間の往来自粛」というセンセーショナルな対策に飛びついただけなのではないか(しかも誤読に基づいて)。

 ところが、多くのメディアは、吉村府知事と井戸県知事の会見を放送しながら、「大阪府と兵庫県の間の往来自粛」(大阪府)と「兵庫県とそれ以外の地域の往来自粛」(兵庫県)とまったく違う対策を打ち出しているにもかかわらず、それを指摘したり、なぜ違ってしまっているのかということを掘り下げることなく、「大阪と兵庫に温度差」などと矮小化。あるいは吉村府知事が兵庫県のほうが実効再生産数(1人の感染者が生み出した2次感染者数の平均値)が高いと語っている部分や、井戸県知事が「大阪だってお互いさま。あまり、人のことは言わないほうがいい。コロナウイルスは県境に従って活動するわけではない」「大阪はいつも大げさ」と不快感をあらわにした部分などをクローズアップして、バトルのように面白可笑しく取り上げるだけだった。

 まだまだコロナ感染の収束の見通しは立っていないが、こんな為政者とメディアで本当に大丈夫なのだろうか。

最終更新:2020.03.21 02:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”だった! 国からそんな要請はなし 『翔んで埼玉』もびっくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。兵庫厚生労働省吉村洋文大阪尾辻かな子新型コロナウイルス松井一郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
8 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
9 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
10 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
17 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
18 稲田朋美「子ども手当を軍事費に回せ」
19 総裁選で自民党のテレビジャックが始まった!『ひるおび!』は総裁選候補PR
20 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄