自民党コロナ対策本部がヤバイ! 青山繁晴、杉田水脈らネトウヨ議員だらけ、中国人入国拒否、殺菌スプレー、細菌兵器説を本気で主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
自民党コロナ対策本部がヤバイ! 青山繁晴、杉田水脈らネトウヨ議員だらけ、中国人入国拒否、殺菌スプレー、細菌兵器説を本気で主張の画像1
杉田水脈Twitterより


 安倍政権の無策やトンデモ対応が専門家からも指摘されている新型コロナウイルス。ところが、昨日18日の衆院予算員会でトップバッターに立った自民党の丹羽秀樹衆院議員はなんとこんなふうに、安倍首相の対応を礼賛し始めた。

「これまでも政府として水際対策や医療体制の強化、電話相談窓口の設置等をはじめとした対策をとられており、昨日も対策本部において総理から高齢者や基礎疾患のある方々の確実な必要の診療につながるよう、国民にわかりやすい受診の目安、ガイドラインの専門家会議で作成するよう指示されたと承知致しておりますが……」

 さらに、2番手として質問に立った同じく自民党の上野賢一郎衆院議員にいたっては「新型コロナウイルス対策につきましては、これまで政府をあげての取り組みをしていただいておりますことに、まず感謝を申し上げたいと思います」と政府に謝辞。「迅速な武漢へのチャーター機の派遣、空港等での水際対策の実施あるいはクルーズ船対応、など、錯綜する事態に現場職員の皆様大変ご苦労いただいているところでございます」などと、歯の浮くようなヨイショを口にした。

 いったい、この自民党議員たちは何を言っているのだろう。安倍政権が意味のない水際作戦に固執し、一向に検査・治療体制を整えようしなかった結果、国内感染は広がり、感染者への支援もいまだ、他国よりもはるかに遅れをとっている。そして、安倍首相自身もまた、対策本部の会合にわずか数分しか出ず、支持者やマスコミ、子飼い議員との会食に精を出すという、危機感のなさだ。

 それを「総理からのわかりやすい指示」「迅速」「政府あげての取り組み」と、感謝まで述べるとは、いくら与党の議員とはいえ、頭がどうかしているとしか思えない。

 いや、事実、自民党はどうかしているのだ。先日、杉田水脈衆議院議員がTwitterで自民党の「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」の会議中の写真をアップしていたが、そこに写っているのは、「ヒゲの隊長」こと佐藤正久、小野田紀美、青山繁晴(すべて参院議員)というネット右翼から絶大な支持を受ける“ネトウヨ議員”たち。当然、会合の写真をアップした杉田議員も「自民党コロナ対策本部」のメンバーだと思われるが、このメンツを目の当たりにして、SNSでは「いくらなんでも自民党ヤバすぎるだろ」との声が相次いでいるのである。

 実際、この「自民党コロナ対策本部」では、ネトウヨばりの無茶苦茶な暴論が飛び出ている。1月31日に開かれた初会合の模様を伝えた毎日新聞の記事によると、〈出席議員から「中国人の入国は拒否すべきだ」との趣旨の発言が出た。冷静な議論を促す声もあったが「パニック状態」(党幹部)で持論を展開する議員が後を絶たず、1時間予定の会議は2時間続いた〉という。さらに毎日新聞はこう伝えている。

〈「邦人の救出・帰国を除き、中国からの渡航は全面停止を」といった過激な見解や、「ウイルスを殺菌するスプレーを国が推奨すべきだ」との科学的根拠に乏しい主張も。
 終了後、出席者の一人は「聞いててあきれた」と吐露。党幹部も「こういう時に人の本質が見える。政治家って本当にあたふたする」と嘆き顔だった。〉(毎日新聞2月1日付)

 あきれるのも嘆きたくなるのも、国民のほうである。こんな連中が与党を牛耳っているなんて悪夢としか言いようがない(というか「ウイルスを殺菌するスプレー」ってなんなのか……)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

自民党コロナ対策本部がヤバイ! 青山繁晴、杉田水脈らネトウヨ議員だらけ、中国人入国拒否、殺菌スプレー、細菌兵器説を本気で主張のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐藤正久新型コロナウイルス杉田水脈武漢生物兵器編集部青山繁晴の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
2 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
3 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
4 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
7 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
8 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
10 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
11 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
12 横田滋さんの死で蓮池透さんが語った無念と危機感!
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
15 王将社長射殺事件と闇社会の関係
16 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
18 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
19 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
20 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
9安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄