安倍首相が伊藤詩織さんへのセカンドレイプ繰り返す「Hanada」に堂々登場! あの山口敬之と山口擁護の小川榮太郎と表紙で“共演”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍首相、山口敬之、小川榮太郎とならんで「桜を見る会」批判を攻撃

 たとえば、問題の「前夜祭」をめぐるホテルニューオータニへの少なすぎる支払いについて、インタビュアーが「それ(参加者800人)よりも少ない人数分の料理を用意するのが常識で、料金もその分安くできる。こんなことは野党の連中だって知っていること」と言えば、安倍首相が「現に他の多くの議員の方々も、私の設定した金額以下で会を行なっておられたとも聞いています」と息を合わせる。さらに、「(野党が)夕食会の次はジャパンライフの問題や昭恵夫人に対するバッシングを始めたり、まさにモリカケ問題と同じ構図」と振られれば、「あまりにも事実と異なる批判があることも事実」「インターネット上などでは『おかしいのではないか』と反論をしていただいていることも承知しています」と語る、といった調子だ。

 こうした“安倍政権全面擁護”と“批判の打ち消し”を代弁してくれることこそ、安倍首相が「Hanada」という“極右雑誌”を重用している理由だが、その最たるものが、表紙で安倍首相と“共演”している山口敬之氏と小川榮太郎氏だ。

 山口氏は「『桜を見る会』騒動 売国野党と朝日に中国共産党の影」なる記事で野党を「巨大ブーメラン」だと攻撃するが、中身は羊頭狗肉もいいところ。小川氏は「『桜を見る会』狂騒曲」なる章題で安倍首相を徹底擁護し、〈野党のみならず、特定のメディアが積極的に、無理な「仕掛け」と「煽り」に大きく加担している〉〈我々は嗤ってみているうちに、実はある「無血革命」のプロセスに、すでに乗せられてしまっているのではあるまいか──〉と、お得意の“左翼マスコミ陰謀論”を展開している。

 『約束の日 安倍晋三試論』や『総理』(ともに幻冬舎)など“安倍ヨイショ”を食い扶持にしている二人は、もはや現政権と“運命共同体”の関係にある。ある種、安倍首相が山口氏や小川氏と「Hanada」で肩を並べていることは、日本の現職総理がいかに“極右のお仲間”だけを大事にしているかの証明と言えるだろう。

 しかし、繰り返すが、性的被害を訴えられた民事裁判で全面敗訴した山口氏も、その山口氏を全面擁護する小川氏も、現在進行形で伊藤さんへのバッシングを繰り出している人物だ。そして、安倍首相が嬉々として独占インタビューに応じた「Hanada」は、こうした性暴力サバイバーへの「セカンドレイプ」を増幅させているメディアである。

 19日、伊藤さんは日本外国特派員協会での記者会見で、「Hanada」やヘイト漫画家のはすみとしこ氏を「セカンドレイプ」の例にあげた「フランス10」の記者から、「高裁で勝訴した場合、そういうセカンドレイプ的な表現をしてきた人たちを訴える可能性はあるか」と質問され、今後、法的措置をとる考えを示した。

「民事で一度ピリオドが打てましたら、次にはこういった方々からの攻撃についての法的措置を考えています。というのはやはり、そういった措置を行わなければ、同じことがどんどん続いてしまう。一番心苦しく思うのは、私に対するそういったコメントを見て、他のサバイバーの方も『やっぱり自分が話したら同じように攻撃されるんじゃないか』と(思うこと)。性暴力サバイバーたちに向かうネガティブな声をウェブに残してしまうこと自体が、本当にいろんな人を沈黙させてしまう理由になると思うので、法的措置をとりたいと考えております」

 これを受けて花田編集長は21日、自身のネット番組『週刊誌欠席裁判』で「『月刊Hanada』はまあ、なんていうかずっと小川さんの論文でですね、伊藤詩織批判を続けてきたわけですけど、まあ敗訴になって」と述べたが、謝罪は一言もなかった。逆に、この期に及んでぶちまけたのは「非常に偏向したというか」「極めて異例の判決っていうか、おかしいなあって私は思いますね」という裁判所への不満。伊藤さんの会見についても「まあ腹立たしい会見でしたね」と言ってのけ、こう嘲笑した。

「外人記者のなかでですね、『フランス10』の記者だかなんだかが、ようするに、うちの雑誌のことをですね、なんだっけ、なんつったんだっけ、『月刊Hanada』はセカンドレイプだと、こう言うんですね。通訳の人はさすがに“セカンドレイプ”っていうのは訳さなかったですね、“ノートリアスマガジン”みたいなことを言ってました。ようするに“悪名高き”って。『月刊Hanada』は“悪名高き雑誌”になっちゃってですね、へっへっへ(笑)。そういう人たちが、かなり外人記者クラブの会見には来てるわけですよねえ」

「セカンドレイプ」との批判に反省の色を一切みせない“極右雑誌”と、その独占インタビューに嬉々として登場し、あまつさえ山口氏と“共演”した総理大臣。国際社会から見れば、「セカンドレイプの一味」と受け取られても仕方ないだろう。安倍首相には、山口氏の逮捕取りやめの件も含め、このことをしっかり説明する義務がある。

最終更新:2019.12.26 12:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が伊藤詩織さんへのセカンドレイプ繰り返す「Hanada」に堂々登場! あの山口敬之と山口擁護の小川榮太郎と表紙で“共演”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊藤詩織安倍晋三小川榮太郎山口敬之月刊Hanada極右編集部花田紀凱の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
6 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
19 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
20 佐川不起訴の裏に法務省の官邸代理人
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
9検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
10検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
13検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
14内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
15河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
18加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
19 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
20検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄