グレタさん攻撃で炎上した登山家・野口健の過去は事実だった!「15歳のシェルパの娘と“児童婚”して離婚」「猫を空気銃で射殺」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

児童婚しておきながら2年で離婚、インタビューで「こっちは冗談のつもり」

 だが、さらに目を疑うのはここからだ。『落ちこぼれてエベレスト』によると、メラ・ピーク登頂を終えルクラに戻った野口氏はラムとの結婚式を挙げ、〈初めての夜〉を明かした。そして、野口氏はラムを連れてカトマンズへ行った。〈僕は彼女を日本に連れて帰るつもりだった〉が、〈僕と彼女だけでは会話が成立しない〉ので、従兄弟のデンディにも一緒に来てもらった。

 首都・カトマンズの環境に慣れないラム。野口氏が日本の実家に電話を入れると、母親と大喧嘩になったという。日本大使館で「ネパールでは15歳以下とは結婚できない」と告げられた野口氏は、ラムをカトマンズの親戚の家へ預けて帰国。〈彼女には学費も含め、毎月4万円の送金をすることにした〉という。そして、送金を続けながら野口氏は〈僕はラムと結婚したことを、後悔しはじめていた〉のだという。

 2年後、エベレスト敗退の後、野口氏はカトマンズのラムの親戚の家に連絡を入れ、親族会議の場で切り出した。

〈「実は、ラムと別れたいのです」
 親戚の人たちは、僕と結婚してからペンパー・ラムの人格が変わっていしまったことを知っていた。彼女は都会での生活に慣れ、もうルクラのシェルパ社会では生活できなくなってしまっていた。
 ラムの兄は言った。
「ラムはもうルクラの村には戻ってこれない。日本にも連れて行ってもらえない。ケンと別れて、彼女はこの先どこで暮らしたら良いのか」
 その通りだった。僕は彼女の人生を根本から変えてしまっていた。責任は大きかった。
「何とか考え直してもらえないだろうか」
 彼らの意見は一致していた。
 彼らの横で、ラムは一人泣いている。
 これは全部自分が招いた結果なのだ。〉
〈親族会議は3日間続いた。親族は僕とラムが別れることに反対だった。
 だが、僕の意思は固かった。
 最後は慰謝料をめぐっての金銭的な交渉となり、僕とラムの離れ離れの結婚生活は2年余りで終止符を打つことになった。〉

 一応、『落ちこぼれて〜』には野口氏なりの“自責の念”が書かれているように思うかもしれないが、2017年のある対談記事を読むと、そんな印象もガラリと変わる。編集者・島地勝彦のインタビューに答える野口のセリフは、あまりにも軽薄だ。

「エベレストに登る前、体を高地に慣れさせるために、シェルパの家に寝泊まりしていたことがあって。向こうの家では、朝早くに女性が水を汲みに行き、火をおこしてお茶を淹れるところから一日が始まります。部屋は一つでみんな雑魚寝ですから、その様子を寝ぼけながらボーッと見ていたんですね。
 その家では、朝の水汲みは、当時15歳くらいの女の子の仕事で、甲斐甲斐しく働く様子にグッときて、山の上で、お父さんに『あなたの娘にホレちゃったかも』といったら、『そうか、じゃ、下りたら持っていけ』と。高地で意識がふわふわしている状態で、こっちは冗談のつもりでしたが、それが大問題で。」
「ぼくも数ヵ月ごとにネパールに行ってました。でも、山奥の生活に比べるとカトマンズは大都会で、それなりの不労所得も入るものだから、会うたびにどんどんケバい女になっていくんですね。しかも、他に男ができたような雰囲気もあり、しばらくしてその関係は終わることになります。そんなわけで、今の結婚が1回目なのか、2回目なのか、説明するのがややこしいんです。」(「現代ビジネス」2017年8月13日)

 ネパールの貧困の寒村から、親に言い寄って、英語も喋れない15の娘を都会に連れ出し、自分は帰国。元の貧困生活に戻れなくさせておきながら、カネの力で別れた野口氏。「こっちは冗談のつもり」とか「会うたびにどんどんケバい女になっていく」とか、よくもそんなセリフが口をつくものだ。

 野口氏がやったことは明らかに経済格差を利用した性的搾取であり、「子どもの人権侵害」だ。しかも、さらなる問題は野口氏は自身の加害性についてまったく無自覚なことだ。「子どもの人権侵害」問題や「児童婚」という性的搾取を、自身が、後年、「自慢話」か「ネタ」のように堂々と開陳しているというのは、一体どういう神経をしているのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

グレタさん攻撃で炎上した登山家・野口健の過去は事実だった!「15歳のシェルパの娘と“児童婚”して離婚」「猫を空気銃で射殺」 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。グレタ・トゥンベリネトウヨ地球温暖化編集部落ちこぼれてエベレスト野口健の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
2 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
5 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
6 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
18 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
19 椎名林檎が「国民全員が組織委員会」
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄