NHK新会長に安倍人脈の前田晃伸みずほFG元会長が抜擢された裏! 官邸が前任の上田会長を「政権批判番組へのグリップ弱い」と首すげ替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

会長交代の前から始まっていたNHK締め付け復活、国谷裕子を追放うした板野裕爾が専務理事に復帰

 だが、前田新会長を発表したNHK経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)の会見では、上田会長について「評価が高かった」と言いながらも、退任にいたった原因についてこう語ったのだ。

「やはりガバナンスの問題とか、経費コストの見直しとか。問題があるんじゃないかという意見もあった」
「(ガバナンスの問題には)かんぽ問題も当然含まれる。私は大変な問題だったと思っている」

「大変な問題だった」って、大変な問題を起こしたのは石原委員長を筆頭とする経営委員会のほうなのだが、このようにすべての責任を上田会長に転嫁させ、官邸の意向を汲んだ新たな会長を選出することを成功させたのである。ちなみに石原氏は3期9年という異例の長期間にわたって経営委員を務めたが、10日に委員長を退任。これは任期満了にともなうもので、かんぽ問題は関係していないとされている。

 経営委員会の番組介入という深刻な問題は不問に付され、安倍官邸が気に食わぬ会長の首をすげ替え、安倍首相に近い人物を新会長に据える──。この露骨な人事を見ると、NHKが籾井体制時のような萎縮しきった報道に戻ってしまうのではないかと危惧を抱かざるを得ないだろう。

 実際、安倍官邸によるNHK監視体制の動きは強まっている。今年4月には板野裕爾・NHKエンタープライズ社長を専務理事に復帰させたが、板野氏は『クローズアップ現代』の国谷キャスターを降板させた張本人と言われる人物。2016年に刊行された『安倍政治と言論統制』(金曜日)では、板野氏の背後に官邸のある人物の存在があると指摘し、NHK幹部職員は〈板野のカウンターパートは杉田和博官房副長官〉〈ダイレクトに官邸からの指示が板野を通じて伝えられるようになっていった〉と証言をおこなっている。

 さらに前述したように、報道現場では社会部が奮闘する一方で、報道局上層部や政治部が横槍を入れてきた。森友問題では近畿財務局が森友学園側と国有地の購入価格の上限を聞き出していたというスクープに対し、政治部出身で安倍官邸とも強いパイプを持つとされる小池英夫報道局長が「将来はないと思え」と恫喝したことを元NHK記者の相澤冬樹氏が告発。加計問題でも文科省の内部文書をスクープできたというのに、肝心の「官邸の最高レベルが言っている」などの部分を黒塗りにしてストレートニュース内で消化するという“忖度”報道をおこなったが、これも小池報道局長の指示によるものだと言われている。その一方、何かにつけて政治部の岩田明子記者を報道番組に投入し、安倍首相の礼賛を解説として垂れ流しているのだ。

 そして、ここにきての安倍人脈の新会長選出──。「安倍4選」が取り沙汰されるなか、今後さらに官邸は直接的にNHKの報道に介入し、現場の萎縮はさらに進んでゆくことになるのは間違いないだろう。

最終更新:2019.12.13 07:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

NHK新会長に安倍人脈の前田晃伸みずほFG元会長が抜擢された裏! 官邸が前任の上田会長を「政権批判番組へのグリップ弱い」と首すげ替えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKかんぽ生命保険みずほ銀行上田良一前田晃伸安倍官邸安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
3 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
6 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
7 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
11 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
12 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
12NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
17吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄