安倍応援団が台風19号で「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」と失笑デマ! 安倍政権は治水予算を大幅減額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「民主党政権がスーパー堤防を廃止したから氾濫が起きた」のネトウヨ定番デマも

 この件については本サイトでも以前、とりあげたことがある(過去記事参照
https://lite-ra.com/2015/09/post-1473.html)。2015年9月の関東・東北豪雨で茨城県鬼怒川の堤防が決壊したことがあったが、このときもネトウヨたちは「民主党が事業仕分けでスーパー堤防を却下したからだ」なる主張をSNSで拡散していた。今回もまったく同じ流れだ。

 たしかに、民主党政権が2010年の事業仕分けでスーパー堤防を「廃止」と判定したことは事実だが、そもそもの話、スーパー堤防は完成までに400年以上の長大な年月と10兆円を超える莫大な金額がかかる試算された超巨大事業だ。仮に民主党が仕分けをおこなっていなくても、2019年現在までにスーパー堤防が機能していた可能性はゼロと言っていい。

 さらに、ネトウヨたちはあたかも「安倍政権は民主党政権がおざなりにした治水対策を徹底している」というふうに嘯くが、これもデータを見れば事実でないことはすぐにわかる。

 たしかに、民主党政権時代に治水関係の予算は減少した。だが、それは民主党政権になる前の自民党政権時代もそうだったのだ。約30年間のスパンで見ると、国交相の河川関係事業費のうち「治水事業等」にかかる年度予算は、1998年の32.5億円をピークに右肩下がりを続け、第一次安倍政権の2007年には15.3億円と半分以下にまで落ち込んでいる。

 そして、民主党政権から再び自民党政権に変わったことで治水予算が大きく増えたかというと、そうではない。実際、民主党政権下の最終年2012年に11.2億だったものが第二次安倍政権の2013年では8.9億円と前年比減。その後も、第二次安倍政権下では8億から9億程度で推移しており、これは民主党政権だった2010〜11年とたいして変わらないのである。

 もっとも、やみくもに金だけをかければよいというわけではないが、安倍首相の災害対策の意識低さを目の当たりにしてもなお、「民主党から安倍政権になってよかった!」と快哉を叫ぶ連中は、はっきり言って“頭の中がお花畑”だ。

 本サイトで連続追及しているように、先の台風15号の際、緊急閣僚会議も開かず、総理指示も出さず、国民から批判を浴びたにもかかわらず、今回の台風19号でも「やってる感」のポーズをとるだけ。実際には、台風が列島を直撃して甚大な被害が出ていた12日には私邸で“のんびり休養”状態で、なおも被害が拡大し救助を待っている人も大勢いた13日夜には“ラグビー日本代表おめでとう”のツイートをして大顰蹙を買った。

 しかも、人命救助の分岐点である発災後72時間以内に安倍首相が発したこのツイートは〈台風で大きな被害を受けた被災者の皆さんにとっても元気と勇気を与えてくれる被災者の皆さんにとっても元気と勇気を与えてくれる〉などと、台風被害をすっかり収まった過去のこと扱いするもの。現実には、多くの地域で孤立状態で救助を待っていたり避難生活を強いられていたり、自宅の浸水や停電にみまわれている人々が多くいるにもかかわらず、だ。国の予算をかけた治水事業も検証せねばならないのはもちろんだが、なにより、この国の行政の長である安倍首相の“意識の低さ”こそ、致命的と言わざるを得ない。

 ネトウヨや安倍応援団はいま、安倍首相のおざなりな災害対策や意識の低さを無視して、デマでもはや10年も前の民主党政権を攻撃することで悦に入っているが、それがいかに愚かなことか自覚すべきだろう。今回の台風19号のような大規模災害は、またいつやってくるかわからない。本当に、安倍首相にこの国の災害対策を任せていていいのか。批判的に徹底検証しなければ、今回と同じ、いや、もっと甚大な被害を招く可能性は極めて高いのだ。

最終更新:2019.10.16 11:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍応援団が台風19号で「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」と失笑デマ! 安倍政権は治水予算を大幅減額のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。デマネトウヨ八ッ場ダム台風安倍政権安倍晋三民主党政権編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
2 竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
3 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
4 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
5 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
6 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
10 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
11 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
12 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
13 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
14 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
16 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 ANAホテルが安倍首相の答弁を「申し上げた事実ない」と全面否定
19 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
20 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
1竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
2東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
3菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
4吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
5コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
6検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
7菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
8安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
9 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
10安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13医療崩壊一歩手前でもGoToに固執する菅首相の異常!
14『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
16小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄