香取慎吾『スッキリ』生出演も…いまだ続く元SMAP・能年のテレビ排除 のん社長は「江戸時代の女衒の世界」と批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
katori_01_20190828.png
『スッキリ』に出演! (新しい地図公式サイトより)


 本日28日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に香取慎吾が出演することが決まり、大きな話題となっている。

 香取は草なぎ剛、稲垣吾郎とともに国際パラリンピック委員会の特別親善大使としてパラスポーツの普及に向けた活動を行っているが、『スッキリ』ではパラリンピックの注目選手や、パラスポーツ観戦の楽しみ方などを視聴者に伝える予定だという。

 周知の通り、SMAP解散・ジャニーズ事務所退所の後、新しい地図の3人はだんだんと地上波テレビから排除されていった。今年3月に稲垣のレギュラー番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)が終了して以降、『ブラタモリ』(NHK)での草なぎのナレーションを除いては、3人の活躍の機会はなくなっていた。

 27日、公正取引委員会は、「移籍、独立をあきらめさせる」「正当な報酬を支払わない」「出演先や移籍先に圧力をかけて芸能活動を妨害する」といった具体的なケースを例示したうえで、それらの行為が独禁法上問題になり得るとまとめた。報道によれば、同日に公取委はこれを自民党に示したという。

 公取委といえば、7月に元SMAPメンバー3人がテレビに出演できないよう局に対して圧力をかけていた可能性があるとしてジャニーズ事務所に対して注意をしていたと報じられたばかり。香取の『スッキリ』出演が認められた背景には、公取委の指摘が入ったことにより、テレビ局も態度を改めざるを得なくなったという側面があるのかもしれない。

 ただ、公取委が指摘する「独立・移籍した芸能人の活動を前の事務所が妨害する」といった事例の被害者は新しい地図の3人だけではない。

 その典型例と言えるのが、のん(能年玲奈)だろう。

 のんといえば、今月から放送が始まったユニクロの新製品「カーブパンツ」のテレビCMで見事な投球フォームを見せていることでも話題だ。ユニクロのみならず、のんはテレビCMに引っぱりだこで、LINE、クラウドファンディングサイトのCAMPFIRE、印刷・広告シェアリングプラットフォームのラクスルなど、のんの姿をテレビで見ない日はないぐらいである。

 ただ、それはあくまでも「テレビCM」での話。肝心の「テレビドラマ」で彼女の姿を見ることはまったくない。

 ご存知の通り、バーニングプロダクション系列の前所属事務所・レプロエンタテインメントから離れたことで不当な干し上げを受けている彼女は、現在でもなお地上波テレビのドラマや音楽番組に出演することができていない。

 それはいまもなお続いている。8月20日深夜放送『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂 ~Love&Peace~ 2019年5月4日 ~FINAL~』(フジテレビ系)では、なんとも不可解な編集があったのだ。

 この番組は、仲井戸麗市、Char、鮎川誠、竹中直人、清水ミチコ、宮藤官九郎、夏木マリ、宮本浩次、曽我部恵一といった豪華なメンツの出演した忌野清志郎の追悼イベントの様子をダイジェストにまとめたもの。木村拓哉がサプライズ出演したことでワイドショーにも取り上げられたイベントだが、このステージでのんは矢野顕子とセッションをしている。

 しかし、番組冒頭で流された出演者紹介のパートにおいてのんは、ギターをかき鳴らす首から下だけが映され、顔がいっさい映らないという不可解な演出が施されていた。これに対しファンを中心に怒りの声が噴出している(出演者が全員出演する「雨上がりの夜空に」の歌唱シーンではさすがにカットできなかったと見え、のんのソロパートも放送されている)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

香取慎吾『スッキリ』生出演も…いまだ続く元SMAP・能年のテレビ排除 のん社長は「江戸時代の女衒の世界」と批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPのんスッキリバーニング公正取引委員会新しい地図編集部能年玲奈香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
16 田崎とケントに自民党からカネが!
17 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 麻生太郎が愛人の店に2360万円
20 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄