安倍自民党が選挙運動禁止の投票当日、読売に広告! 安倍応援団本の中吊り、大量のSNS広告などエグすぎるPR戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

産経新聞元政治部長のヨイショ本広告が選挙期間中に大量露出

 7月初頭、小川本と同じ版元・飛鳥新社から『安倍「一強」の秘密』が出版された。著者の石橋文登氏は“安倍首相に最も近い記者”のひとりと言われた元産経新聞政治部長。その内容は安倍氏を賞賛する永田町ルポで、表紙は当然のように安倍首相の顔写真である。同書は参院選を狙いすましたとしか思えないタイミングで世に放たれ、案の定、選挙期間中に新聞広告や電車の中吊りとして大量に露出していた。

 たとえば東京新聞7月17日付紙面に掲載された広告には、〈安倍政権最強の理由は何か〉〈永田町を変えた“運命の出会い”“大きな転換”“裏切りと罵倒”を見続けてきた敏腕記者の全記録!〉などの文言がおどる。まさに、前回の総選挙での小川本と同じ手法がとられたのだ。この広告は地方紙にも掲載されたと見られ、他にも、安倍応援団のひとりである高橋洋一氏の新刊『安倍政権「徹底査定」』(悟空出版)の広告や、「月刊Hanada」8月号(安倍首相と櫻井よしこ氏の対談、菅義偉官房長官の独占インタビューが掲載)の広告などが、この選挙期間中に新聞や電車の中吊りへ大量出稿されていた。

 もっとも、選挙期間中に安倍首相を礼賛する本を出版することも、大々的に広告を打つことも違法ではないが、しかし、これだけ同じようなケースが続くと、“出版の名をかたった別働隊による選挙運動”ではないかとの疑念がわくのは当然だろう。おそらく『安倍「一強」の秘密』も、例によって自民党や安倍氏の政治団体あたりが大量に購入するのでないか。

 いずれにしても、確かなことがある。投票日当日の「政治運動」PR広告にしてもそうだが、安倍自民党は他の党の何倍も広告戦略に長けているという事実だ。

 この選挙期間中、テレビをはじめ、Yahoo!のトップページやYouTubeの広告で、嫌になるほど自民党のコマーシャルをみかけた人は多いだろう。もちろん、こうした量・質ともに大々的な広告戦略は、巨大な資金を有し、かつ広告代理店的な手腕のノウハウが蓄積されている自民党だからできることだ。

 さらに問題なのは、同じことが憲法改正を問う国民投票でもかならず行われると容易に予想できることだろう。

 憲法改正が発議されれば国民投票運動が60〜180日間にわたっておこなわれるが、現行の「国民投票法」では、新聞広告に規制はなく、テレビ・ラジオCMも投票日の15日前まで「憲法改正案に対し賛成又は反対の投票をし又はしないように勧誘する」CMを無制限に放送することが可能になっている。しかも、投票日前2週間のあいだも「賛否を勧誘」しないCMならば投票日まで放送できる。つまり、有名人が登場して「私は憲法改正に賛成です」などという意見広告は放送可能だ。

 つまり、現行法のままでは約179億円(2019年度)というダントツの政党交付金を受け取っている自民党をはじめ、国会で多数を占める改憲派が潤沢な広告資金を抱えているため、CMを使った広報戦略では圧倒的に有利だ。そしてもし安倍首相が悲願とする改憲発議、国民投票が行われることになれば、当然、今回の参院選挙戦をはるかに超える広告の嵐が吹き荒れるだろう。

 今回の選挙の結果、改憲勢力が「衆参両院で3分の2を確保」すれば、改憲発議はすぐ目の前だ。そのとき、資金で明確に劣る護憲派は何ができるのか。「次の戦い」は、すでに始まっているということを、わたしたちは肝に銘じる必要がある。

最終更新:2019.07.21 03:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍自民党が選挙運動禁止の投票当日、読売に広告! 安倍応援団本の中吊り、大量のSNS広告などエグすぎるPR戦略のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。参院選安倍晋三憲法改正産経新聞自民党読売新聞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
14 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄