安倍自民党が選挙運動禁止の投票当日、読売に広告! 安倍応援団本の中吊り、大量のSNS広告などエグすぎるPR戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍自民党が選挙運動禁止の投票当日、読売に広告! 安倍応援団本の中吊り、大量のSNS広告などエグすぎるPR戦略の画像1
読売新聞に載った安倍自民党の広告


 やっぱり、と言うしかない。きょうは参議院選挙の投票日だが、今朝の読売新聞朝刊のテレビ欄の下に、自民党がこんな広告を打っているのだ。

〈安定した政治で、日本の明日を切り拓く。〉

 広告には、安倍首相の顔写真とともに「政治は国民のもの 自民党」の文字。さらに、この選挙で安倍首相が繰り返してきた「悪夢のような民主党政権」なるネガキャンを露骨に展開している。

〈政権交代前、決められない政治で、経済は低迷し、外交の存在感も失われていました。

あの混迷の時代に、逆戻りさせるわけにはいかない。
私たち自民党は、皆様とともに、新しい令和の時代を切り拓いていきます。〉

 明らかに“今日は自民党に投票してくださいね”と言っているようにしか見えない広告だが、公職選挙法は「投票日の選挙運動」を禁じている。一方、これが「通常の政党の活動を宣伝する政治運動」とみなされれば許されるのだが、その境界は極めて曖昧だ。

 実は、自民党が今朝の読売朝刊のように、国政選挙の投票日に新聞広告を打ってきたのはこれが初めてではない。2016年の参院選のときも、投票日当日の全国紙朝刊に安倍首相の顔をデカデカとのせ、アベノミクスをアピールしながら〈今日は、日本を前へ進める日。〉〈この道を、力強く、前へ。〉といった文言の“PR”をやっていた。あまりにも姑息としか言いようがない。

 さらに、他にもさまざまな“広告”を使って選挙戦を有利にすすめようとしている疑惑すらある。その代表例が、安倍応援団が繰り出す“安倍礼賛本”だ。

 たとえば、2017年の総選挙の際には、安倍首相の熱烈的な支持者である“自称・文芸評論家”の小川榮太郎氏の著書、『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)が出版された。なお、飛鳥新社は花田紀凱編集長が手がける“安倍応援雑誌”「月刊Hanada」の版元である。

 この小川本は、まさに“森友・加計問題は朝日新聞とNHKが共謀した虚偽”なる陰謀論をふりまくシロモノなのだが、選挙中には、同書の中吊り広告や新聞広告が大々的に打たれるなど、普通では考えられないほどの過剰なPRが行われた。

 しかも、自民党が同書を少なくとも5000部購入していていたこともわかっている。自民党からの大量購入を見越していたからこそ、こうした大々的な広告が打てたのではないか。そう見られても仕方がないだろう(花田氏は本サイトの取材に対して「関係ない」と否定)。

 いずれにしても、通常の選挙運動以外の“安倍自民党PR”が、安倍応援団経由で行われた疑いがあるわけで、実際、今回の参院選でも、まったく同じ手口が使われた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍自民党が選挙運動禁止の投票当日、読売に広告! 安倍応援団本の中吊り、大量のSNS広告などエグすぎるPR戦略のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。参院選安倍晋三憲法改正産経新聞自民党読売新聞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
2 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
3 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
4 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
9 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
10 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
11 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
12 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
13 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
14 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
15 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
16 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!
19 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
20 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
18感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
20K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄