官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返か!? 経産省の大赤字クールジャパンへのデタラメ投資に反対の社長をパージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返か!? 経産省の大赤字クールジャパンへのデタラメ投資に反対の社長をパージの画像1
辞任した田中社長((JIC公式HPより)

“日本最大の官民ファンド”産業革新投資機構(JIC)をめぐる騒動が目も当てられない有り様になっている。周知の通り、10日には田中正明社長(三菱UFJFG副社長)をはじめとする民間の取締役9人全員が辞任。JICは事実上の休止となったが、その深層は、所管官庁である経産省と安倍官邸による“情報操作”の失敗だったらしい。

「経産省の幹部はこの間、例の高額報酬問題はじめ、マスコミに盛んに田中氏のネガティブ情報を耳打ちしていました。自分たちの言うことをきかない田中氏にプレッシャーをかけ、自主的な退任を迫っていたわけですが、逆に田中氏から公然と批判され、民側取締役全員をつれて三行半を突きつけられた。大失態ですよ」(全国紙経済部記者)

 世耕弘成経産相は、JICと経産省の対立の責任をとるかたちで大臣給与1カ月分を自主返納したが、これで収まるワケがない。そもそも、今回の騒動は、JIC幹部らへの「高額報酬」をめぐる報道から始まった。朝日新聞が11月3日付朝刊1面で、田中社長ら経営陣に最大1億2千万円程度が支払われる報酬体系が導入されることを批判的に報じたのだ。

 JICは「官民ファンド」とは言うものの、政府が95パーセントを出資する事実上の「準政府機関」。その原資である公的資金の元を辿れば、言うまでもなく国民の血税だ。億を超える高額報酬への批判は当然だが、こうしたなかで血相を変えたのが経産省だった。11月9日には嶋田隆事務次官が報酬案の撤回を申し入れ、その約2週間後には大幅に減額した新報酬案を提示したが、田中社長は猛反発。対立が決定的となった。

 だが、もともと批判された高額報酬案は、当初、経産省が認めていたものだ。世耕経産相も国会で「ある程度の報酬を約束しないと、なかなか良い人材はとれない」と説明。経産省の糟谷敏秀・経済産業政策局長(当時)も「民間ファンドと比較しうる報酬水準を確保したい」と答弁している。それが一転、報酬の大幅減を決めたのは、果たして世論に配慮しただけなのだろうか。

 田中社長は10日の会見で、辞任理由について「一度正式に提示した報酬の一方的な破棄という重大な信頼毀損行為により決定的なものとなった」と述べ、「日本国政府の高官が書面で約束した契約を後日、一方的に破棄し、さらに取締役会の議決を恣意的に無視するという行為は日本が法治国家でないことを示している」と政府をこき下ろした。一方、記者から「高額報酬の話題で議論を矮小化させようという動きもある」と質問された田中社長は「極めてミスリーディングな報道で、それも世論形成に影響していればまことに残念なこと」と不満を示し、「仮に報酬1円でも(JICの社長に)来た」と話した。

 繰り返しになるが、高額報酬それ自体は到底看過できないものだ。しかしそれ以上に、今回の騒動の深層には「官民ファンド」の在り方をめぐる政府方針と田中社長の対立が見え隠れする。

 JICは今年9月に、官民ファンド・産業革新機構(以下、旧革新)を改組してつくられた組織だ。もともと旧革新はジャパンディスプレイの救済スキームほか、経営破綻寸前の大企業の再建にジャブジャブと公金を垂れ流すなど、その「国策救済投資」に批判が集中。また、これは本サイトでも以前から伝えてきた(https://lite-ra.com/2017/11/post-3554.html)ことだが、旧革新は「クールジャパン」の名の下に、数十億円の公金をドブに捨てていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返か!? 経産省の大赤字クールジャパンへのデタラメ投資に反対の社長をパージのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。JIC世耕弘成産業革新投資機構田中正明経産省編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
3 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
6 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
7 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
8 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
11 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
12 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
13 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
14 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
19 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
20 “コネクティングルーム不倫”和泉洋人元補佐官が大阪府・市の特別顧問に!
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
8ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
9国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄