小泉進次郎の「国会改革」案は詐欺だ! 安倍政権と与党の暴挙をネグってモリカケ追及の機会を封じこめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小泉進次郎の「国会改革」案は詐欺だ! 安倍政権と与党の暴挙をネグってモリカケ追及の機会を封じこめの画像1
小泉進次郎 Official Siteより

「残業代ゼロ・働かせ放題」となる高度プロフェッショナル制度の創設を含む働き方改革一括法案に、日本の農林水産にかかわる生産者を廃業に追い込み、食の安全など庶民の生活を危険に晒すTPP関連法案が、29日の参院本会議で強行採決、法案が成立した。今国会では、与党はさらにカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案も強行採決させる予定だ。

 これらの法案にかんしては、野党から次々に問題点・疑問点が指摘される一方で、政府はそれらには取り合わず同じ答弁を繰り返すのみで、「審議を深めることでよりよい法案に」という姿勢さえ見せなかった。実際、働き方改革一括法案では、立憲民主党や共産党、自由党、社民党は島村大参院厚労委員長の解任決議案を提出したのに、議院運営委員会は「参議院野党第1党の国民民主党が(決議案に)賛成していないことから、参議院本会議で諮る必要はない」とこれを拒否。さらにTPP関連法案では、参院内閣委員会で山本太郎議員が30分にわたるフィリバスターに挑んだが、そこでは自民党の和田政宗議員が山本議員の発言をやめさせようと動議をかけるなど、反対意見を封殺しようとさえした。

 数の力でなんでもゴリ押ししてしまおうという強権ぶりを隠そうともせず、国会を機能不全に陥れる──。だが、こうした与党の態度はなぜか看過され、「野党はなんでも反対ばかりしている」「野党はモリカケばかりでうんざり」という世論を助長させている。

 しかも、こうしたタイミングで、実績も何もないのに国民的人気だけが高いあの男が、「国会改革」を打ち出した。小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長だ。

 小泉氏は27日、自身が会長代行を務める「2020年以降の経済社会構想会議」として会見を開催し、「よりオープンに、より政策本位で、政治不信を乗り越えるための国会改革」を提言。「2週間に1回、党首討論を開催」「予算/各委員会では政策のみを議論」「スキャンダルは特別調査会でおこなう」「総理や大臣の国会出席の合理化(出席日数削減)」などといった案を発表し、小泉氏は国会改革提言の理由をこのように述べた。

「いま、国民の政治不信が高まっている。1年以上にわたり、国民と国会は森友・加計問題に振り回されてきた」
「政権はしっかりと説明責任を果たしているのか。国会はいつまで個別の問題を議論するのか。いつになったら結論が出るのか。その他の政策テーマの議論は十分におこなわれているのか。行政のガバナンスをどうやって建て直すのか。こうした国民の疑問を真摯に受け止め、しかるべき制度的な対応をおこなわない限り、近い将来に同様の事案が発生し、再び国政が停滞することになりかねない。いまこそ国民の政治不信に正面から応える政治改革が必要だ」

 一見、もっともらしく響く「国会改革」だが、「国民と国会は森友・加計問題に振り回されてきた」という言葉からもはっきりわかるように、ほんとうの問題点を小泉氏はまったく理解していない。

 事実、今国会でも衆参の常任委員会と特別委員会では数多くの議案が提出され、審議の上で成立している。「法律をつくる」という国会の仕事が森友・加計のせいで停滞しているということはけっしてないのだ。

 にもかかわらず、小泉氏は「森友・加計問題に振り回されてきた」と言い、政権と野党をまるで「喧嘩両成敗」のように扱っているが、こうした状況をつくり出しているのは問題追及をおこなう野党ではなく、与党・自民党と公明党の「膿を隠す」「討論しない」姿勢だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小泉進次郎の「国会改革」案は詐欺だ! 安倍政権と与党の暴挙をネグってモリカケ追及の機会を封じこめのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BuzzFeed Japan国会改革小泉進次郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
2 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
3 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
4 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5 太田光が制服向上委員会に反撃された
6 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
7 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
8 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
9 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
10 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
11 片山さつきが坂上忍に批判された
12 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
13 明治の産業遺産は安倍首相のゴリ押し
14 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
18 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
19 ネトウヨが安倍御用達焼肉店に炎上攻撃
20 DA PUMPがEXILEに挑戦状
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
5早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
6産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
7 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
8日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
9沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
10直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
13データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
14安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
15三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
16三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
17高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄