指原莉乃がAKB落下事故を「本人の不注意」とメンバーを責め、安全軽視の運営を擁護! 運営の論理を代弁する指原の処世術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

メンバーの安全を軽視する運営、運営の論理を代弁し正当化する指原

 このときに得られたはずの知見は活かされていたのか。運営側の姿勢を見る限り、正直言って首を傾げざるを得ない。

 コンサート翌日の2日、AKB48グループ総監督の横山由依はツイッターで〈事故防止策をスタッフの方々と改めて練り、再度、全力のパフォーマンスをみなさまにお届けしたいと思います〉と今後の対応について綴っていたが、同日にAKB48の公式ブログにあげられた「AKB48 チーム4(16期生)稲垣香織について」という記事のなかに、そのような記述は一文字も見受けられなかった。

 炎上状態となった後の翌3日になって、ようやく公式ブログに〈今後は更に安全対策を強化致します。花道に落下防止用の手すりを設置する事等を検討し、ファンの皆さまにご心配をおかけしないよう細心の注意をはらって参ります〉という文言が登場したが、本来はもっと前に出ていてしかるべき文章である。

 握手会襲撃事件時の対応のときもそうだったように、メンバーたちの安全を明らかに軽視する運営の姿勢があらためて浮き彫りになったといえるが、もうひとつ気になるのはこうした運営の姿勢を正当化する指原の言動だろう。

 指原が“大人のエライ男性たちの意見を疑問視せずに内面化すること”を自らの処世術とし、様々な場面で“大人の男の論理”を代弁してきたことは本サイトでも何度か指摘したことがある。

 ちなみに、指原はHKT48のメンバーであると同時に、尾崎充氏と共にHKT48劇場支配人を務めるプレイイングマネージャー的なポジションにある。ほかのメンバーより圧倒的に発言力があるが、指原が運営に対して異を唱えるのはせいぜいライブにおけるセットリストの構築、舞台演出、選抜メンバーの人選などで、事がこのような対外的な問題に発展したときは運営を擁護するか、沈黙するかだ。

 そのことがこの「自己責任論」によっていよいよ明るみになったとも言える。先ほども引用した〈なんでも運営運営ていうのは違うんですよねえ。。〉とのツイートは象徴的だ。同じメンバー代表のような立ち位置で、運営側の問題でなく怪我をしたメンバーの不注意を責めたてる今回のような物言いは、運営を免責するのはもちろん、ほかのメンバーが異を唱えづらくなる抑圧にもなり得ることを自覚しているのだろうか。

 余談だが、指原は建設業労働災害防止協会が発行する「建設業年末年始 労働災害防止強調期間」ポスターのイメージキャラクターを務めている。そんな彼女が労働災害について一般的な認識すらもっていなかったというのは、なんともやりきれない。

最終更新:2018.04.11 11:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

指原莉乃がAKB落下事故を「本人の不注意」とメンバーを責め、安全軽視の運営を擁護! 運営の論理を代弁する指原の処世術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48HKT48ワイドナショー指原莉乃秋吉優花稲垣香織の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
2 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
3 安倍首相の総理在任最長でNHKが岩田明子解説でヨイショ特集
4 「桜を見る会」参院選に招待枠、選挙利用の証拠が次々と
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
7 自民党がネトサポに他党叩きを指南
8 沢尻エリカMDMA逮捕を警視庁がTBS、文春に事前リーク!
9 韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくり
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 「桜を見る会」招待の基準は安倍応援団とワイドショー!
14 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄